« JUST Suite 購入 | トップページ | 杉並区立和田中学、入学予定の小学生向け塾を開講 »

2008.02.16

都立高専で入試問題が白紙で一律加点なのだそうだ

サンケイ新聞関東版より「都立高専入試問題で白紙ページ

都教育委員会は15日、同日行われた都立産業技術高等専門学校の入試で、英語のリスニングテストの問題用紙1人分に、白紙ページが見つかったと明らかにした。

試験開始から3、4分後に受験者が申し出た。都教委は、289人の受験者全員にリスニングテストの点数を一律満点にする措置を取った。

問題用紙に白紙のページがあったというのも情けないが、それで全員一律満点にする、というのはどういう理屈なのか理解できませんね。

東京都教育委員会の報道発表「平成20年度東京都立高等専門学校入学者選抜学力検査(英語)における事故について(2月15日)」がありました。

平成20年2月15日
教育庁

平成20年度東京都立高等専門学校入学者選抜学力検査(英語)における事故について

 

 本日実施しました東京都立産業技術高等専門学校入学者選抜学力検査において、英語学力検査 (第3時限・午前11時20分から午後0時10分まで)で、問題配布における事故がありましたのでお知らせします。
 なお、概要及び採点上の対応については、下記のとおりです。

 

1 概要

 受検生1名へ配布した英語検査問題に白紙のページ(リスニング問題)があった。リスニングテスト開始後に受検生からの指摘で新たに英語検査問題を配布し、検査を続行した。

2 採点上の対応

 リスニングテストについて、全員に一律16点を加点する。

3 受検状況

受検状況
検査実施校 募集人員 受検人員
産業技術高等専門学校 256 283 289

4 経緯

(1) 2月4日(月曜日)、産業技術高等専門学校において英語学力検査で用いるリスニングテスト用テープが1本ないことに気が付いた。

(2) 2月13日(水曜日)、校内で、リスニング問題を全問作り直した。

(3) 2月14日(木曜日)、校内で、該当ページを印刷して差替えた。

(4) 2月15日(金曜日)、印刷されていないページがある検査問題を配布した。

 


<問い合わせ先>
教育庁学務部高等学校教育課
 電話 03-5320-6745
都立産業技術高等専門学校
 電話 03-3471-6331

なるほど、要するにどたばたになったから白紙のページを配付してしまった、というわけですね。
しかもリスニングだから、その場で問題を差し替えるといったことも出来なかったのでしょう。
テストは実行したが、その後検討して一律加点で実質評価はしないことにした、という意味なのでしょうね。

新聞記事の省略された情報では、理解しがたいですな。
こういう事がすぐに分かるようになったのは、インターネットのメリットですね。

2月 16, 2008 at 10:00 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40140356

この記事へのトラックバック一覧です: 都立高専で入試問題が白紙で一律加点なのだそうだ:

コメント

コメントを書く