« バックアップは先に立たず | トップページ | 乗換案内Googleマップ版 »

2008.02.22

高校の統合

朝日新聞神奈川版より「3部制高、開校へ 座間に定時制独立校

午前、午後、夜間の三つの時間帯を設けた新しい3部制の定時制独立校を、県教育委員会が10年春に開校する。

校舎は09年春に県立栗原高校と統合する県立ひばりが丘高校(座間市ひばりが丘3丁目)の施設を使うという。

引地孝一教育長が20日の県議会本会議の答弁で明らかにした。

県立の定時制高校は現在、分校を含め19校があるが、多部制の単独校は初めてとなる。

多部制の定時制は全国的に増えており、横浜市教育委員会も02年春、3部制の市立横浜総合高校を開校した。

県教委は今春、庁内にプロジェクトチームを立ち上げ、指導内容など具体的な検討を進めていくという。単位制、学年制のいずれの制度を採用するかは決まっていない。

3部制の新校を立ち上げる理由について、県教委は「定時制に通う生徒も正社員が減り、就業時間が様々なアルバイトやパートが増えた。不登校経験者や外国籍の生徒も増え、ニーズも多様化している」としている。

また、新校には特別支援学校高等部の分教室を併せて新設する方針という。

(佐藤善一)

昨年9月に都立の三部制高校で話をしてきました。
この時に初めて三部制高校に行きましたが、三部制高校があるという話は7月ぐらいに聞いたように記憶しています。
最初に聞いたときの皆の感想は「どういうワケでそういう仕組みになったのだ??」ばかりでした。

二部制つまり昔の夜学は通う生徒が減ってはいるもののごく少数とは言え中年以上の通学生もいて無くすことは出来ない。

一方で、中学時代に朝起きることが出来ないといって事情で不登校同然で、普通高校に進学できない生徒の受け皿がない、ということで午後の部が出来たというのです。

当初は「そこまでサービスする必要があるのか?」といった感想でしたが、現場の先生のお話では「現在では中学卒業では就職も出来ないから、学校には行かず仕事もしない、全く何もすることがない若者が街に出てきてしまう。これでは街のためにも良くない」という側面があるのだそうです。

これではある種の社会事業とか治安対策と言ったレベルは無くて教育だけを考えているわけにもいかないのか?と感じるところでした。

それにしても今回の決定はもっと早く発表しても良かったのではないでしょうか?

2009年栗原高校とひばりヶ丘高校が統合して、座間方面総合学科高等学校となる。
2010年三部制の独立高校を、座間方面総合学科高等学校の施設内に作る

わたしは2008年度いっぱいで統合によって閉校する神奈川県立高校で授業していますが、学校を統合すること自体が大変です。

高校の場合生徒にとっては卒業するまでに3年間在校することになりますが、それが途中で別の学校と統合して新しい高校になります。

そこで実際に、統合前の年度で卒業する生徒は旧校の制服、統合後に2年生・3年生に進級する生徒には入学時から新校の制服になります。
つまり同じ学校の中に二種類の制服の生徒が入り交じっている。

新たに出来る「座間方面総合学科高等学校総合学科の高校ですからちょっと複雑になります。
神奈川県教育委員会のサイトより「個が生きる高校教育 総合学科

将来を見つめ、自分の進路を考える

学校が独自に目標と内容を定める「産業社会と人間」という科目などさまざまな学習で自分の個性や適性を見つめます。
将来の進路や生き方についてじっくり考えることができます。

普通科目と専門科目から科目を選択

単位制のしくみにより、幅広い普通教科の科目と専門教科の科目から自分で学習計画をたてて学びます。
「系列」と呼ばれる総合選択科目群、自由選択科目群があります。

  • 原則履修科目
      自らを見つめなおし、将来の生き方を考える科目「産業社会と人間」
  • 系列(総合選択科目)の科目
      適性や進路、興味・関心に応じて選択する科目
  • 自由選択科目
      教養的・基礎的科目、応用・発展的科目など

系列の枠をこえて、どの科目でも選択できます。

  • 系列と主な科目の例
系列の例主な科目の例
情報科学ネットワークシステム、プログラミング など
造形文化基礎造形、デザイン、映像表現 など
地域環境環境概論、環境調査、地域環境 など
社会福祉福祉概論、ボランティア学習 など
国際文化国際社会、各国文化 など

こういう制度と、三部制の学校というのは同時には成立しないように思うので、同じ場所に総合高校と三部制の高校が出来るのではないのか?と考えます。

三部制の高校はわたしが伺った都立高校の例では、教員は3組揃っていて全く別々の授業をしています。
管理職こそ一組ですが、教員の段階では同じ場所にある3つの高校と言うべきで、なかなか大変でした。
それが今回は、総合高校と同じ施設というのでは4つの学校になってしまうのでしょうか?ちょっと予想が付きません。

2月 22, 2008 at 09:48 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/40217767

この記事へのトラックバック一覧です: 高校の統合:

» 難しい…… トラックバック Nとーの考えたこと
 難しくてよくわかりません。  こんなことを思っていたので、尊敬する有識者と言われる人に聞いてみました。  各学校に特色を作れと言っている同じ口で、教員の異動サイクルを早めている。特色の根幹は人材ではないのか?県立高校の場合、同じ学校にいられるのは最長で10年になるそうだ。同じ学校で3回卒業生を出すのは至難の業。そんな状況でどんな特色が?  県の諮問機関が、名簿提出はまかり成らんと答申しているのにも関わらず、その県の教育委員会は名簿を集めるそうだ。決められたことをしっかり守ることを教えるのも学... 続きを読む

受信: 2008/02/22 21:36:37

コメント

コメントを書く