« トルコで車両爆弾の爆発 | トップページ | 民主党・プロバイダに削除義務の法案 »

2008.01.04

コースターでナットが脱落・追突事故

NHKニュースより「走行中脱落か ナット見つかる

先月31日、北九州市八幡東区の遊園地「スペースワールド」で、6両編成のジェットコースターの連結器が外れ、4両目以降が前の車両に追突して13人が手当てを受けました。

この事故では、連結器をつなぐ金属製の棒を固定するための直径およそ4センチの「ナット」とナットが緩まないように固定していた「ピン」が、一つずつなくなっていました。
このため警察が3日、付近を探したところ、なくなった連結器の部品のものと同じ形で大きさもほぼ同じナットが、追突現場の数十メートル手前のレールの下に落ちていました。

ナットには整備で使う油のようなものも付いていて、比較的新しいことから、警察は、このナットが走行中に外れて落ち、事故が起きた可能性があるとみて詳しく調べています。

クラウンナットの割ピンが無くなって、ナットが回ってしまった。ということですね。

コースターの連結器ですから、すごく振動しているはずで割ピンが無くなればすぐにナットは緩んでしまうように思います。
割ピンだけでゆるみ止めにしたことになりますね。
場所というか用途としてはクラウンナットと割ピンで良かったのかな?

点検整備の問題か、設計の問題かどっちでしょうかね?

1月 4, 2008 at 09:33 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17571624

この記事へのトラックバック一覧です: コースターでナットが脱落・追突事故:

コメント

コメントを書く