« 世界的な廃墟観光 | トップページ | 教研集会はどうなる? »

2008.01.30

毒ギョーザ記者会見・実況中継

サンケイ新聞のWebサイト「MSN産経ニュース」が【毒ギョーザ会見】と名付けた記事を連続アップ中です。

サンケイ新聞のサイトがMSN産経ニュースに変わったときから「新聞記事に書けない内容をWebサイトに出す」として、注目の裁判の実況記事など10本に分けて逐次アップしています。

今回は、それを毒ギョーザの記者会見の模様を中継風にアップしています。
裁判の様子などは雰囲気も分かって他に代え難い手法であると感じてます。

【毒ギョーザ会見(1)】「サンプル品には異常なかった」(17:00~17:10)
【毒ギョーザ会見(2)】「においがおかしいと年末に申告」(17:10~17:25)
【毒ギョーザ会見(3)】「工場の消毒薬などの可能性」(17:25~17:45)
【毒ギョーザ会見(4)】「商品は昨年10月1日と20日の製造」(17:45~17:55)
【毒ギョーザ会見(5)】「現物回収できず反省している」(17:55~18:05)
【毒ギョーザ会見(6)】「明確に商品を特定できず、公表せず」(18:05~18:15)
【毒ギョーザ会見(7)】「首都圏中心に流通」(18:15~18:35)
【毒ギョーザ会見(8)】「農薬検査しなかった」(18:35~18:55)
【毒ギョーザ会見(9)】不明部分多く、会見中断(18:55~19:18)

【追記】

【毒ギョーザ会見(10)】「問題商品、定期検査で見つからず」(20:17~20:45)
【毒ギョーザ会見(11)完】「苦情時、保健所に報告せず」(20:45~21:30)

11番目の「苦情時、保健所に報告せず」を読むと、どうなっていたのかが分かります。

《会見再開後、報道陣に配られた資料には、回収商品が販売された全国の生協の店舗がずらりと並んでいる。その中には複数の生協で構成する7つの事業連合も含まれており、連合を構成する生協の公表が急がれる》

報道陣「資料を公表する目的は、買ったところが大丈夫か否か(消費者に)知らせるためだろうが、(事業所を構成する生協が分かれば)個人に注意喚起できるのか」
生協側「注意喚起の意味では、事業連合をさらに分解して生協を調べ、ホームページなどで注意を呼びかける。現時点ではリストとしてはこれを出すのが精いっぱいだ」
報道陣「対象商品は製造時期、賞味期限を基準に回収するのか」
JT側「天洋の委託製造で、まだ賞味期限内の商品すべて」
報道陣「どの程度残っているのか」
JT側「出荷数は分かるが、すでに召し上がっている物がかなりあると思う。店頭にある在庫、卸しの在庫、家庭の冷蔵庫にそれぞれいくら残っているのかは把握できていない」
報道陣「ジェイティフーズとの取引を見合わせる動きが出ているが?」
JT側「今回の事態を起こしているので、まず事実関係を取引先に説明していきたい。取引先の懸念は当然あるだろうから、きっちり説明していきたい」

《司会進行役が、会場の都合で記者会見をあと10分で終了させることを告げる》

報道陣「天洋食品の工場はどうなっているのか」
JT側「中国の質量検疫局の管理下にあり、製造も止まっていると聞いている。われわれの査察が入れる状況になってない。原因究明をして安全が担保されないと、仕入れない」
報道陣「12月28日に苦情が出たが、保健所にはどのような報告をしたのか。検査をしたのかも含めて教えてほしい」

《20秒近い沈黙が続き、JT側が口を開く》

JT側「われわれは生協から情報提供をもらい、検査をした。外部機関での検査、同一ロット品をブドウ球菌の毒性がないか、食中毒でないかを検査し、その結果、生協に『異常なし』と報告した」
報道陣「保健所に報告は?」
JT側「私たちが販売者の場合は報告するが、今回は販売主は生協。私たちはしていない」
報道陣「生協は?」
生協側「28日の件では、報告していない」
報道陣「天洋に年2回、チェックに行ったということだが、直近ではいつ行ったのか」
JT側「1番近いのは昨年11月2日。4月9、10日」
報道陣「もし工場に問題があったら、10月生産の後にチェックに入ったのに、問題が分からなかったということになるが?」
JT側「そうだ」
報道陣「何をチェックしたのか」
JT側「法令を満たしているのか、原料の成分など」
報道側「事前に連絡して行くのか?」
JT側「抜き打ちではない」
報道陣「12月の件で、保健所に報告しなかったのはなぜか。2人が入院されていて、にもかかわらず報告しないということは、隠そうと思ったのか」
JT側「こういう事象が起こったとき、当該商品が問題なのかを含めて検査していく。その上で、この件はそれ自体が原因になっていると特定できなかった。欠けている部分はあったかもしれないが、最善を尽くしたい」
生協側「複数の重篤な身体被害がある場合、商品を回収するのが原則。12月の件では原因究明ができず、食中毒でないという検査結果が出ていた。臭気について原因究明できなかった。今回は警察の連絡で複数件あると分かり、即時、渋谷の保健所に報告した。日生協として、即時に回収し、2次被害、3次被害を防いでいきたい」

《会見は午後9時半に終了。JT、生協側の4人は再び頭を下げ、再び一斉にフラッシュがたかれた。休憩を挟み約3時間半行われた会見に疲れ果てたのか、4人が会場を後にする足取りは重かった》=おわり

どうも基本的なところに「我が社の問題ではありませんように」と問題を直視しないで時間が経ってしまったという印象があります。

こういう問題は、原因究明よりも先に警報を出すべきだと思いますが、見当違いの方向に検査して、原因が出てこないから対策しなかった、としか読めないのですよね。

ちょっと程度が悪いと思う。

1月 30, 2008 at 09:34 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17901648

この記事へのトラックバック一覧です: 毒ギョーザ記者会見・実況中継:

» 中国産の冷凍餃子でメタミドホス中毒の件 トラックバック 化学メーカー営業マンの日記
ご存知の方も多いと思いますが、夕方配信のニュースです ----------------------------------- (Yahoo!ニュース 1月30日17時31分配信) 『中国製ギョーザ食べ10人入院』  千葉県や兵庫県の親子計10人が、スーパーで購入した中国製冷凍ギョーザを食べた後、腹痛や吐き... 続きを読む

受信: 2008/01/30 22:43:22

コメント

追加です。
【毒ギョーザ会見(10)】「問題商品、定期検査で見つからず」(20:17~20:45)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080130/crm0801302152042-n1.htm

投稿: あんね | 2008/01/30 22:41:18

包装の製造段階で付着した可能性ってないんですかね?
袋からも検出されたというのがどうもひっかかります

包装袋を作る現場が食品を取り扱う場所と同じレベルで品質管理されてたら問題は起きないでしょうが、
どこもかしこも同じレベルとは思えない

投稿: Vulkan | 2008/02/01 0:54:08

コメントを書く