« ドロボーを自作自演する詐欺 | トップページ | ホームオブハート裁判が二つ »

2008.01.27

自動車が宙を飛び旅客機が自宅にある

東京新聞より「車60メートル飛び5人死亡 米フロリダ、堤防状の滑走路から

【ニューヨーク26日共同】米フロリダ州オカラの空港付き住宅地で26日早朝、滑走路から猛スピードで飛び出した乗用車が約60メートル飛んで大木に激突し大破、乗っていた若者5人が死亡した。AP通信が報じた。

死亡したのはオカラなどに住む18-20歳のいずれも男性。車は高さ約25メートルの堤防状の滑走路の端から飛び出した。

現場は外部から閉ざされた敷地内でプライベート機の離着陸ができる空港が併設された高級住宅地。飛行機を所有、自分で操縦する俳優のジョン・トラボルタさんも住宅を持っている。

いったいどんなところだろう?と追いかけてみました。

CNN.co/USのリンク より「5 killed as car flies off elevated airstrip

ANTHONY, Fla. -- Five young men on an apparent joy ride were killed early Saturday when a BMW they were riding in flew off an elevated runway at an airstrip and was split into several pieces, according to police.

Florida Highway officers said a gray 2008 BMW was traveling on an airstrip after 3:30 a.m. Saturday near Jumbolair Aviation Estates when it sailed off an 80- to 85-foot elevated embankment at the runway.

The vehicle was speeding in excess of 100 mph when it left the ground and traveled 200 feet into a large tree, Local 6 has learned. The vehicle hit the tree about 15 feet above the ground.

Three of the passengers were ejected from the vehicle upon impact.

Up

拡大した写真で見ると、背景の土手のようなところから飛び出して立木に激突したのだと理解できますが、こんどは「滑走路の端に立木のある飛行場とはどんなところだ?」とGoogle Earth で見にいきました。
場所は、Jumbolair Aviation Estates とのことなので、Googleで検索したらここでした。

飛行場のHPで滑走路の形が分かったので、今度は Google Earth で見てみます。

Up1

この写真で見ると滑走路の北側にはすぐに木立があるので、これが事故現場だろうと拡大してみると

Up2

確かに事故現場の写真のように高い滑走路を取り巻くように斜面になっていることが分かります。写真の様子からおそらくは線を引いたような方向に飛び出したのではないか想像します。
ところで、この飛行場はジェット機も離着陸する立派なもので周辺の私設飛行場がエアストリップといった芝の滑走路なのに対して、誘導線も描いてあるので滑走路の中央部をアップにしてみました。

Up3

どういうワケか、ジェット機が家に機首を突っ込んでおります。
これが、ジョン・トラボルタ邸でありました。
測ってとみると、300メートル×200メートルぐらいの敷地のようです。

Up4

どうみても4発ジェット旅客機なのですが「こんなに小さい4発旅客機があるのか?」と全幅を測ってみたら40メートルぐらいです。
ジャンボジェットなどは70メートル基準で統一されていますから、小型の4発機では謎となってしまいますが、またも「ジョン・トラボルタ 自家用機」で検索したらボーイング707だと出てきました。
確かにボーイング707は全幅44メートル程度です。

やはりアメリカはスケールが大きい

1月 27, 2008 at 01:04 午後 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17860300

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車が宙を飛び旅客機が自宅にある:

コメント

コメントを書く