« 毒ギョーザ記者会見・実況中継 | トップページ | 4度目の逮捕に・強制ワイセツ事件 »

2008.01.31

教研集会はどうなる?

朝日新聞より「教研集会巡り紛糾 裁判所は使用認め、ホテルは拒否

日本教職員組合(日教組)が2月2日から都内で開く教育研究全国集会をめぐり、全体集会が予定されているグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が契約解除を通告し、使用を認めない事態となっている。日教組は仮処分を申し立て、東京地裁に続き東京高裁も30日、日教組側の主張を認める決定をしたが、ホテル側は依然として「使用させない」との立場を崩していない。

日教組などによると、昨年3月に旅行会社を通じて使用を申し込んだ。その際、教研集会で使うことや、例年右翼団体の街宣行動があり、警察に警備を依頼していることを説明したという。5月に契約が成立し、7月に会場費の半額を支払った後、11月になって契約解除を通知された。

話し合いが進まなかったため、日教組は12月4日、東京地裁に使用を認めるよう仮処分を申し立てた。同地裁は同月26日、「会場を使用させなければならない」と決定。ホテル側は同月28日に保全異議の申し立てをしたが認められず、1月25日に行った東京高裁への抗告も棄却された。

30日に記者会見した日教組の中村譲書記長は「これまでにも会場使用をめぐって問題になったことはあるが、裁判所の判断が出たにもかかわらず、話し合いに応じない姿勢には困惑している」と話す。

一方、グランドプリンスホテル新高輪は「裁判所の判断は尊重しなければならない」とする一方、「営業上の判断として、他の客や周辺への迷惑を考慮すると、開催はできない」(広報担当)としている。

全体集会は2月2日午前に開かれ、約2000人が参加予定。その後、都内の他の会場で24の分科会と二つの特別分科会が4日まで続く。

裁判所が仮処分を出してもホテルが応じないというのがすごいところですが、このニュースは1月28日に ZAZAK に報じられていました。
ZAKZAK より「日教組集会、開催ピンチ…グランドプリンス使用拒否

日教組(森越康雄委員長)が毎年数千人規模で開催する「教育研究全国集会」(2月2-4日)が、57年目にして初の「開催中止」の大ピンチを迎えている。開催を予定していたグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が「右翼団体による妨害行為の規模が、説明と大きく食い違っていた」として、会場の使用を拒否しているのだ。背景には、日教組絡みの手配をめぐる、関係者たちの想像を絶する苦悩と駆け引きがあった。

集会は各県持ち回りで、例年大会終了直後に翌年の会場手配を開始。都内で2000人を収容できる新高輪での手配が確定したのは、昨年3月だった。

旅行代理店を交えた打ち合わせでも、プリンス側からの異論は一切出ず、5月には正式な契約にこぎ着けていたにもかかわらず、11月上旬に突如、会場使用の拒否を通告されたという。

日教組は12月に、契約解除の破棄を求める仮処分申請を東京地裁に申請。今月16日に同地裁から、会場使用を認める旨の決定が出されたが、ホテル側が控訴するのは確実で、日教組の担当者は怒りを隠さない。

「抗議活動はあらかじめ十分説明してありますし、警察と連携した警備計画も順調に進んでいました。最初の段階で提供拒否の意思表示をしてくれていれば、すぐに別の会場をあたったのに、3カ月を切った段階でいわれても手配のしようがありませんよ」

プリンス側も一歩も譲らない。

「昨年秋、支配人が前回開催地の別府(大分)へヒアリングに出向いた結果、右翼の街宣車は150台、開催1カ月前から抗議活動が始まるなど、想定を大きく超える内容を聞かされました。当ホテルは品川駅にほど近く、周辺には病院や学校もあります。仮処分が何であろうと、会場を提供することは絶対にありません」(広報担当)

日教組関連の各種手配業務を行っている代理店関係者は、その難しさを次のように説明する。

「最初から『日教組』の名前を出すと断られますので、仮手配の段階では名前は伏せます。また、ウチに抗議がきても困るので、会場手配は日教組、宿泊はウチと役割分担が決まっています。打ち合わせで初めて詳細を伝えますが、多くは拒否反応を示すので、時間をかけてじっくり概要を説明し、料金も割引なしの満額払いを条件に、やっと引き受けてもらうのが一般的です」

別の関係者は、都内でも有数のシティホテルを会場に選んだことが、そもそもの間違いだったと指摘する。

「日教組イベントは大抵、市民会館などの施設を使うモノ。会場を占有できるうえ、料金も格安、周辺道路を封鎖して大音量の抗議を遠ざけることもできます。しかし、ホテルでは会場の貸し切りができないうえに、不特定多数の人が常時出入りします。また、新高輪一帯は南北を国道に挟まれており、交通規制にも限界があります。この種の会場としては、まったく適していません

すでに今週に迫った大規模イベントにしては、あまりにもお粗末すぎる段取りだったようだ。

ZAKZAK 2008/01/28

都内で大規模イベントを開くことが出来る会場は極めて限られていて、展示会などであってもホテルもよく使われます。

その中でも、品川駅からまっすぐに山に登った方向になるグランドプリンスホテル新高輪は名門というか上品な会場で、前の通りも住宅街のといった感じです。

そこに街宣車が来ると分かっていれば、というのがホテル側の言い分でしょうが、なんでこんなどん詰まりまで決着が付かないのか?という印象です。

ZAKZAK の記事の通り「各県持ち回りだから」として、都内で交通の便が良くてと選んでいくと、こんな事になるのかもしれませんが、冷静に考えると会場としてはかなり無理があって、やはり基本的に貸し切りにならない会場を選択したところから問題じゃないのか?と思いますね。

しかし、週明けからの大会で会場が使えないではどういうことになるのだろう?

1月 31, 2008 at 09:23 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17907402

この記事へのトラックバック一覧です: 教研集会はどうなる?:

» ホテルを糾弾するだけでいいのか トラックバック 論駄な日々
傍観しながら批判をするのは簡単だ。沈黙するよりもはるかに評価できる。だが、いくら激しい言葉を並べても、切実さや痛みが伴わない言葉は届きにくい。そんなことを考えさせてくれたのが「日教組が教研全体集会の開催中止」のニュースである。客観主義の格率からの逸脱も時には必要ではないか、などと考えた。 日教組が教研全体集会の開催中止 ホテルが使用拒否、51年以来初 (47news 2008/02/01 16:4... 続きを読む

受信: 2008/02/02 23:24:04

コメント

たとえ主催者に、見通しのまずさがあったとしても、
そもそも、集会開催への妨害や、それを理由にした使用拒否が、
法治国家において、不当なことであるということが
前提にならないといけないのではないでしょうか?

投稿: tambo | 2008/01/31 17:59:50

契約の自由との争いでしょうから、一義的には決まらないでしょう。

仮処分が決定しても貸さないというのは、損害賠償請求があってもという意味でしょうから、現実的にどうするの?としかならないですよ。

今まで問題があっても「会場が無い」みたいな話にはなっていないわけで、その意味では主催者側に不手際は無くても「下手を打った」とは言えるでしょう。

良い悪いと言っても始まらないような・・・・。

投稿: 酔うぞ | 2008/01/31 18:23:20

ホテル側がここまで言っている以上、主催者側の主張によって損害賠償請求でお金はとれても、場所は確保できないでしょうから、とりあえず場所をなんとかしないと・・・、って、どうするんだろう?
契約については、リスク(例えば、「日教組の集会に使う」)が明らかになったのはどの段階だ、とかどういうやりとりをしてきたのかが分からないと…。

投稿: 北風 | 2008/02/01 8:02:13

>>契約の自由との争い
記事によると、少なくとも本契約は済ませた後の出来事だと思われます。
したがって、契約の自由の問題ではないと思いますが・・・・。契約の一方当事者が、自分だけの都合であとから契約を履行しないと一方的に宣言しているわけで、かなり無茶苦茶な主張であると思われます。
(むろん、集会主催者側の見通しの甘さは否定しませんが・・・。責任としては、集会主催者側よりも、はるかに、会場側の責任の方が大きいのではないでしょうか。)

投稿: みのりん | 2008/02/01 20:48:25

確かに、法的にはその通りですし落合洋司弁護士は「裁判所の指示に従わないホテルだとされる」といった記事を書いています。

一方、実務的には「最初は名前を出さないで交渉」なんてやっているわけですから、契約上のリスクがあることは分かっていたわけです。

そうなると「リスクの低い選択」はどうか?となるわけですが、結局さっきのニュースで「全体集会は中止」になってしまったんですよね。

なんか「下手だな」という印象はぬぐえませんね。

この問題について「責任」という観点では、そりゃ高裁の命令を無視しするというホテルの特に法的な責任はあります。

が、実際に開催できないことについて責任を追求すれば良いのか?という直感的には「それじゃ取り返しがつかない」ですよね。

そこはどこに持って行くのか?

もっと言ってしまえば、法的な対応に走ると同時に会場を確保が出来なかったのか?とも思えるのです。

2000人規模だから難しいのは分かるけど、法的対策が失敗したらどうするのだ?という対策が無かったとすると、そこは運営側はどう考えていたのだろう?とも思うところですね。

投稿: 酔うぞ | 2008/02/01 23:14:40

初めまして。

朝日の
>昨年3月に旅行会社を通じて使用を申し込んだ。その際、教研集会で使うことや、例年右翼団体の街宣行動があり、警察に警備を依頼していることを説明したという。5月に契約が成立し、7月に会場費の半額を支払った後、11月になって契約解除を通知された。

ということが事実なら、契約上のリスクを説明した上で契約したはずで、それを破棄して、なおかつ裁判所の決定に従わないなんて法治国家としてはありえないわけです。

そんな法治国家としてのあり方を踏みにじるホテルの対応を織り込めといっても、それはいくらなんでも無理なはずでしょう。誰だって、契約や裁判所の決定を無視するなんて思いもしませんから。

いずれにせよ、この国は「テロとの戦い」を標榜しながら、右翼テロには寛大な超法規的国家であるということなんでしょうね。

投稿: さだまさと | 2008/02/02 2:01:14

さだまさと様
はじめまして。

論旨には基本的に賛成です。
ただ、グランドプリンスは一民間企業であり、
>>いずれにせよ、この国は「テロとの戦い」を標榜しながら、右翼テロには寛大な超法規的国家であるということなんでしょうね。
とまで仰るのはちょっと飛躍ではないでしょうか。

個人的には、日教組側が、グランドプリンス側にどのような形で責任をとらせるのか、非常に興味があります。ある程度、グランドプリンス側がダメージを負うような形で責任をとらせないと、今後ともこのような形が蔓延しかねません。

特に、市民運動(とくに、環境保全・大規模開発反対などの)を行う際に、公民館や公的施設を利用しようとして行政側に断られた場合を想定すると、安易に利用不許可を蔓延させるような前例を作ってしまい、非常にまずいでしょう。

投稿: みのりん | 2008/02/02 8:11:46

わたしも基本的にみのりんさんのご意見と同じなのです。

ただ、この種のヘンな言葉を使うと差別的な問題は現実問題としては無くならないし、無くすべきだと主張したり警告することとは別に実社会として事実を積み上げることによって社会が変わっていくという面が非常に大きいと考えています。

その観点からは、主催者が「今まではうまくやった来た」という現実に対して、今回は下手だったな、というのは変えることが出来ない評価です。

それに、ホテルに責任を取らせても開催できなかった事実が変わるわけではない。
「法的決着」は「決着」なんであって、開催できるかどうかと交渉をしている段階からは、次元が違ったと言うべきで原因と結果ですから、同列に評価することは出来ない性質のものだと考えています。

このような問題ですら見方は多様になりうるということでしょうね。

投稿: 酔うぞ | 2008/02/02 10:40:07

リスクを説明した上で正式に契約にこぎつけたのに、契約後半年も経って、開催三ヶ月前になって一方的に断られた、というのは初めてのケースだと思います。「今まではうまくやって来た」というよりも、「今まではこれほど非常識なホテルはなかった」というのが現実でしょう。

三ヶ月で、こういう性質の大規模な大会の代替地を用意するのはかなり難しいと思います。酔うぞさんは、開催まで三ヶ月しかなく、しかも右翼の猛烈な抗議が予想されている2000人規模の大会の会場を確保できると思いますか?

>みのりん様
最近、つくばみらい市のDV防止法関連の講演会が、右翼の抗議によって中止に追い込まれました。そういう鬱憤もあって、つい、「右翼テロには寛大な超法規的国家」なんて書いてしまいました。確かに、飛躍に過ぎました。

しかし、田中均に銃弾が送りつけられたとき、都知事は「ざまあみろ」と言いました。加藤紘一宅が放火されたとき、テロとの戦いを標榜する政府は何もアクションを起こしませんでした。やはり、全体としてはこの国は右翼テロには寛大な国だな、という印象はぬぐえません。

投稿: さだまさと | 2008/02/02 11:59:02

>「今まではこれほど非常識なホテルはなかった」というのが現実でしょう。

それはその通りです。だから「初めて開催できないになった」ですから、全くその通り。

しかしだからと言って大地震などと同等か?と考えると「まったく意外で」と言える種類のものではないと思います。

>。酔うぞさんは、開催まで三ヶ月しかなく、しかも右翼の猛烈な抗議が予想されている2000人規模の大会の会場を確保できると思いますか?

だから「下手を打った」と言っているのです。
どこでも開催可能とか、3ヶ月前でも出来ます。というのなら「誰でも出来る」わけで難しい事じゃない。

元を振り返って「誰でも出来る簡単なイベントだったのか?」と考えれば、相応のリスクはあったわけですよ。リスクがあるとは知らなかった、なんてことはあり得ない。

そして日教組として長年の実績でリスク回避のノウハウもあるはずなんですね。
それが機能しなかった。
それはどうしてだろう?とは思うわけです。

なんか「もうちょっと知恵はなかったのか?」と思うのであります。

投稿: 酔うぞ | 2008/02/02 13:31:27

>>酔うぞ様
下手を打った、という感想は僕自身も同感です。こういうパターンを多少でも想定しておくべきだったでしょう。主催者側の担当者は。

今後、不当な施設利用拒否の悪しき前例とならないことを祈るばかりです。

投稿: みのりん | 2008/02/02 21:58:51

今回の件、仮処分申請が通ったのにと言うところで引っかかっている方がいるようですが、今回の件はあくまでも契約書は有効であると言う認識の正当性だけで、会場を貸しなさいというのとは違う訳で、契約書にあるペナルティを受けるなら断っても契約上はOKって事ではないかと。
日教組もあちこちで断られ続けて、契約時に相手に正体を見せずに交渉するなんて姑息なテクを磨く前に、なんで断られるかを考えて、それなりの場所を選ぶ術を身に付けるべきでしょうね。
しかし、この時期に大会を開くって事は学校は忙しく無いんですかね?
年度末に向けてとか生徒は受験でバタバタしているとかありそうですが、何か夏休みとか冬休みとかに開けない切実な理由があるのでしょうか。

投稿: フックランナー | 2008/02/03 16:44:44

宿泊客、近隣住民に迷惑をかけないために、非難や損害賠償も受けてたつホテル側の強い姿勢に拍手を送りたい。

投稿: mike | 2008/02/04 18:07:34

コメントを書く