« ヘドロの脱水には凍上現象を利用 | トップページ | 恥ずかしい検察 »

2008.01.08

大阪府知事選挙は大変だ

日経新聞関西版より「大阪府知事選、政策が支持層とねじれ──自公・橋下氏「子育て支援」、民主・熊谷氏「産業振興」」

国政の与野党が激突する構図となった大阪府知事選で、出馬表明した3氏の主要な政策の違いが鮮明になっている。

  • 橋下徹氏(38)=自民府連推薦、公明府本部支持=は「子育て支援」
  • 熊谷貞俊氏(63)=民主、国民新党、社民推薦=は「産業振興」
  • 梅田章二氏(57)=共産推薦=は「福祉」を前面に打ち出している。

だが、自公、民主などそれぞれの支持層が期待する政策との差から戸惑いを口にする声は少なくない。

「やっぱり大阪、やります太田」。太田房江知事が出馬を断念する直前まで練り上げた公約がある。32項目挙げた中で、筆頭は「関西国際空港の国際物流ハブ化」。以下も産業振興関連の施策がずらりと並ぶ。

いずれも、熊谷氏が公約で中核に位置づけている内容だ。福祉施策などでも熊谷氏の公約にある「高齢者や障害者の無料住宅耐震診断」「がん対策基本条例」などの文言は太田知事のと同じだ。

太田知事の公約作成にかかわった府幹部は「熊谷氏は安定感や継続性はあるが、改革の姿勢は弱い。若手職員には、熊谷氏では庁内の閉塞(へいそく)感を打破できないとの見方もある」と清新さに欠けることを指摘する。

「橋下氏への対抗上、産業施策を強調しているのかもしれないが、福祉や医療が弱い印象がぬぐえない」。ある民主府議は不満顔だ。

熊谷氏は「公約はオリジナル。大阪の資産を活用するのは府政を推進する王道だ」と強調。「シャープ工場の誘致などの実績は評価するが、無駄も多かった」とし、「太田府政の継承」を強く否定する。

熊谷氏を推薦する民主党の支持層が期待する「弱者保護」と、熊谷氏の公約の差に支持者らに戸惑いがある。同様に、橋下氏を担ぐ自民、公明支持層は橋下氏のこれまでの言動や公約に違和感を抱えたままでいる。

橋下氏が柱に据えるのは「子育て支援」。妊婦や子育て世帯などに個別給付を軸にした助成拡充を具体的に打ち出す一方、産業振興を「官が計画して積極投資するのは時代遅れ」とし、産業関連の施策は展示会開催など中小企業支援に限定した。

「これじゃダメだ」。昨年末、橋下氏に政策に関する公開質問状を出した関西経済同友会の幹部は回答を見てうめいた。橋下氏は「行政に産業振興の立案能力はない。民間にがんばってもらうしかない」と主張。関西国際空港も「魅力がない。伊丹との政策的なすみ分けしかない」と突き放したからだ。

自民府議団幹部は橋下氏の公約を「100点満点ではない。(自民の政策と)食い違う点もある」と認め、公明幹部も「知事になった後、しっかり見ていかないと」と手放しで支援するわけではない点を強調する。

橋下氏は記者会見の席で「大企業を切り捨てはしない。経済界から要望を聞く」とも述べているが、同友会幹部は「実情が分かっていない。関空の活性化なくしてどうして関西が活性化するのか」と厳しい表情だ。

梅田氏も福祉の充実や中小企業支援を軸に据えている。橋下氏と重なる部分が多いが「橋下氏は格差や貧困の問題に一切触れておらず、競争是認だ。方向性が180度違う」と強調する。

先に出馬表明し自民党が推薦した橋下候補が打ち出した政策が民主党的であり、対抗馬として民主党(反自民というべき)が推薦した熊谷候補の政策が対抗上とは言え自民党的であり太田前知事の政策の継承になってしまっている。という事ですね。

サンケイ新聞関西版はもっと踏み込んだタイトルになっています「割れる関西経済界 大阪府知事選、告示まであと2日

10日告示、27日に投開票される大阪府知事選。自民府連が推薦する弁護士でタレント、橋下徹氏(38)と民主などが推薦する元大阪大大学院教授、熊谷貞俊氏(63)、共産推薦の弁護士、梅田章二氏(57)の3人が立候補を表明するなか、「中立」を標榜(ひょうぼう)する関西経済界で支持が別れている。

7日は作家の堺屋太一氏(72)らが経済界を巻き込み橋下氏を応援する勝手連を結成。一方、関西経済連合会の下妻博会長は同日、熊谷氏の政策を高く評価した。経済界でも支持がまとまらないまま告示日を迎えるのが確実な様相となった。

橋下氏支援「勝手連」

大阪府知事選で作家の堺屋太一氏ら関西経済界を中心にしたグループが7日、橋下氏を支援する団体「橋下氏を知事にする勝手連」を設立したと発表した。

「勝手連」の代表は、関西経済に詳しく、愛着もある大阪学院大学教授の國定浩一氏を代表に選定。堺屋氏のほか、ミキハウスグループ代表の木村皓一氏、PHP研究所の江口克彦社長ら関西経済界の人物がずらり。

作曲家の三枝成彰氏、ファッションデザイナーのコシノヒロコ氏、歌舞伎役者の坂田藤十郎氏ら有名人も含む計14人で組織した。今後、それぞれの知人に橋下氏の政策をアピールするなどして、支持拡大を目指すという。

大阪学院大学教授國定浩一氏
作家堺屋太一氏
ミキハウスグループ代表木村皓一氏
PHP研究所江口克彦社長
作曲家三枝成彰氏
ファッションデザイナーコシノヒロコ氏
歌舞伎役者坂田藤十郎氏

会見で堺屋氏は「橋下氏の弁護士活動には、改革に欠かせない『迅速さ』がある。大阪の情報発信源になれる人でもある」と評価。また太田房江知事を応援していた元JR西日本会長の井手正敬氏は「大変革のときには若い人の力が求められる」と強調した。

昨年12月の橋下氏の出馬表明までの動きは水面下で行われたが、関係者によると、堺屋氏が擁立の中心人物とされている。これまでほとんど表に出ていなかったが、告示直前になって行動を起こした。

「熊谷氏の政策一番」

関西経済連合会の下妻博会長(住友金属工業会長)は7日の年頭記者会見で、10日に告示される大阪府知事選に触れ、「熊谷さんのマニフェストが一番しっかりしている」と述べ、元大阪大大学院教授の熊谷氏が4日に発表したマニフェストの内容を高く評価した。

その一方で、公立小学校などの運動場の芝生化などを盛り込んだ、弁護士でタレントの橋下徹氏のマニフェストについては、「(よくわからないが)公立小学校の芝生化は、府政の仕事なのかということを教えてもらいたい」とした上で、「それをマニフェストに書くのはどうかと思う。奇異な感じがする」と苦言を呈した。

ただ、関経連としての知事選に対する姿勢については、「これまで言ってきたように“中立”でいきたい」と語り、特定候補者の支持はしないという考えを改めて強調した。

また、各副会長からも知事選に関する意見が相次いだ。

井上礼之副会長(ダイキン工業会長)は「財政再建がメーンテーマ。さまざまな施策を打ち出すのはいいが、その収入源をどうするのかについて、橋下さんはもっと勉強する必要がある」と厳しいひと言。

津村準二副会長(東洋紡会長)も「(3立候補予定者とも)マニフェストと称してお金を使う話ばかり出しているが、財政基盤を整理したうえで物事を考える必要があるのではないか」と指摘した。

一方、松下正幸副会長(松下電器産業副会長)は「府民にもっと関心を持ってもらいたい。どなたが知事になるにせよ、地に足のついた活動を行ってほしい」と注文をつけた。

自民党が推薦した橋下候補の応援団になった人たちが、いわばナンパな業界の人たちというのが面白いですが、これでは自民党の推薦なのか?と感じるところです。
しかし、10日には告示すなわち選挙戦突入ですが、橋下候補が道路使用許可を取っていないことが明らかになるなど、どうも自民党の選挙実行部隊が橋下陣営には入っていないのではないのか?と思わせる報道がありました。

そしてなんともすごいのが読売新聞関西版の報道「橋下氏への推薦・支持、自・公党本部は見送り

大阪府知事選(10日告示、27日投開票)で、自民、公明両党は7日、弁護士でタレントの橋下徹(はしもととおる)氏(38)について、党本部としての推薦・支持を見送る方針を固めた。自民党は「府連推薦」、公明党は「府本部支持」と、ともに府レベルでの支援にとどめる。無党派層に浸透するためには、政党色を薄めて、国政での与野党の対決構図を持ち込まないほうが有利と判断したためという。

橋下氏については、この日、公明党府本部が支持を決めた。自民党府連はすでに先月23日に推薦を決定。両党とも、ポスターの掲示や集会の開催などを通じて、橋下氏を支援していく。

本部と府連(県連)が推薦するのでは何が違うのか?と思われるかと思いますが、議員の選挙の「公認するかしないか」に相当します。

当然、お金や人の問題に直結しますし、所属している議員の活動にも大きく影響します。

まぁ、首長選挙なのですから府連推薦がちょうど良いという見方はありますが、大阪府知事選挙なのですから選挙運動に全力投入で臨むのが本筋でしょう。
党本部が表向きは推薦せず、全力で支援に当たるというのも大いにあり得るシナリオですが、先に紹介した選挙の実働部隊が橋下陣営に参加していないように見える点は、先日有罪判決が出た、参議院選挙の小林温候補の選挙運動で素人選挙になってしまい、日当買収という最注意事項で選挙違反になってしまった例を思い出します。

色々な意味で注目するべき選挙運動に突入です。

1月 8, 2008 at 09:57 午前 選挙 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17620178

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府知事選挙は大変だ:

コメント

 各候補に聞きたいのは、誰が知事になっても、08年度中に大阪府は財政管理団体移行を申請せざるをえなくなる情勢にあるのに、新規歳出を伴う政策が実行可能かどうかです。
 ただでさえ、大幅な歳出削減を強制されるのだから、なにかを削らなければなにかを新しくやることはできない。

 それをわかっていながら、空手形を乱発しているなら、3人とも法螺吹きですね。

投稿: Inoue | 2008/01/08 10:07:39

空手形ではなく確実な将来をきちんと提示しろ、というのは最近のテレビ番組などでも良く出てくる論調ですね。

ところで、選挙実務はけっこうやってましたし、小林温候補については同じ神奈川県内ということで全く知らないということでも無かったのですが、それが「素人の選挙かよ!」というのが一番衝撃的でした。

そこで、我が身を振り返ってみると、さすがに1回目2回目の選挙では理解していなかったな、と思うのです。

だいたい、選挙のノウハウなんてのものはごく一部の人しか持っていないわけで、何度も選挙に参加している内に分かってくるという種類のものです。

だから、自民党公認候補現職議員の選挙ですら素人選挙になりうる。

これが、候補者も素人だとそりゃ大変でしょう。
そういう意味で、橋下陣営には注目しています。

投稿: 酔うぞ | 2008/01/08 10:15:32

 候補者は素人でも務まるが、選挙参謀は経験者でないと絶対にダメという話は、クリシンが書いてました。
 単に盛り上げればいいというものではなくて、公選法の運用実態も知らないとだめなんでしょう。

 ところで、酔うぞさんは、公選法について、一家言おありではないですか?選挙期間の縛りはおかしいとか、ポスター貼る手間がバカにならないから、そもそもポスターを公費で貼るか、あるいは貼ることを禁止しろとか(マスゾエさんが書いてました)

 すでに、衆院選は実質的に始まってますね。「○○と語ろう」とかいう口実の講演会が盛んに催されています。あれが選挙運動でなかったら何なんだろう。

投稿: Inoue | 2008/01/08 11:52:22

 財政的に苦しい大阪府ですが、
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080107/lcl0801071353002-n1.htm
 これが実現したら多少お金が出来るかも知れませんね。
 ただし、大阪市側が頭から湯気を立てて反対しそうですが。

投稿: miya.h | 2008/01/08 13:35:51

==========================================================
第59回オンライン世論調査開始  期間:12月21日~1月6日
http://www.election.co.jp/ank.html
==========================================================

基礎データ (2007.12.21~2007.12.26)結果発表
  回答数   791票 (男性93.4%%・女性6.5%)
  調査方法 インターネットによる自主投票のみ
http://local.election.ne.jp/administrator/3611.html
●大阪府知事選 あなたが投票するとすれば、だれに投票しますか?
熊谷 貞俊 (無所属) 55.5%
橋下 徹(無所属)   20.0%
梅田 章二(無所属) 15.8%
白票・棄権     8.6%

  【大阪府民のみ抜粋 】
熊谷 貞俊 (無所属) 57.0%
橋下 徹(無所属)   18.3%
梅田 章二(無所属) 22.6%
白票・棄権      2.2%

橋下弁護士、厳しそうです。

投稿: ガンダム | 2008/01/08 17:26:01

Inoue さん

     ところで、酔うぞさんは、公選法について、
    一家言おありではないですか?
    選挙期間の縛りはおかしいとか、
    ポスター貼る手間がバカにならないから、
    そもそもポスターを公費で貼るか、
    あるいは貼ることを禁止しろとか(マスゾエさんが書いてました)
    
     すでに、衆院選は実質的に始まってますね。
    「○○と語ろう」とかいう口実の講演会が盛んに催されています。
    あれが選挙運動でなかったら何なんだろう。

まぁほとんどここに集約されてしまうのですが、早い話が現時点で当選している議員、首長は全員が公選法違反の疑いがありますね。

公選法で選挙の告示までは選挙運動が出来ないとなっていて、出馬の意思表明をすることが選挙運動の一部じゃないとはとうてい言えないわけですから、公選法に違反しないと選挙に出馬できないというヘンなことになってます。

こんなところから始まって、日本の公選法の運用は「みんなで渡れば怖くない」とも言えるもので、わたしが小林温候補の選挙運動を強く批判するのは「みんなとも縁を切っていた」ところですね。

4月の統一地方選挙の時に情報交換で盛り上がっていたことそのものなのですから、小林選対は統一地方選挙時には選挙に関わっていない人たちが作っていた、と言われても仕方ないですよ。

実際問題として、公選法そのものはわたしが選挙に関わるようになってから大きくは変わっていません。

ところが、実務はどんどん変わっていきました。

小林陣営が公選法違反とされた日当買収は「アルバイト代を支払った」で、これは今から4年半前の前回の統一地方選挙までは問題になっていません。
しかし、現場では「どうなっているのだ?」と言いつつ金額の制限とか色々と注意していました。
それが、2007年4月の統一地方選挙では運用が非常に原理原則主義的になりました。

一番驚いたのが「宣車の上の看板には隙間が必要だ」でした。

こんな話は聞いたことが無いのです。
警察から事前に「隙間が空いてないと宣車として受け付けないからね」という通知が回ってきてビックリとなりました。

意味が分からないのです。

そこで、公選法を読み直してみると


    第百四十三条 (文書図画の掲示)
    
    選挙運動のために使用する文書図画は、
    次の各号のいずれかに該当するもの
    (衆議院比例代表選出議員の選挙にあつては、第一号、第二号、第四号
    及び第五号に該当するものであつて衆議院名簿届出政党等が使用するもの)
    のほかは、掲示することができない。
    一  選挙事務所を表示するために、その場所において使用するポスター、
    立札、ちようちん及び看板の類
    二  第百四十一条の規定により選挙運動のために使用される自動車
    又は船舶に取り付けて使用するポスター、立札、ちようちん及び看板の類

があって「自動車にはポスター、立札、ちようちん及び看板の類」しか付けられない。
「箱はダメだ」という意味だと分かりました。
そして「看板とは板であって箱ではないから隙間を示せ」ということなのです。

正直に言うとこの問題は一週間がかりで調べましたよ。
もちろん「警察にいわれたからやった」でも結果は同じですが、警察は具体的に「隙間をいくらにしろ」とは言うはずもありません。

ここで実務的な判断力が必要になってくるわけです。

選挙の実務は個々のイベントの数で考えるとそんなに多くありませんが、時間がもったいないので効率よく処理することが必要です。
そういう前提で単に早くしようとすると

    早くする→人手を動員する→お金を払う

となってしまうわけで、どうやってこういう展開に持ちこまないようにするのか、といったところに知恵というか戦略が必要なってきます。

機械的に仕組みを整えても、あまり意味がないと言うか競争なのだから抜け駆けするヤツは必ずいるわけで、その上でどうするか?だから「選挙の実務の高度化」は避けられないと思います。

投稿: 酔うぞ | 2008/01/08 20:35:48

はじめまして、こんにちは。突然のコメントで失礼します。

ご関心がありましたら、世論調査にぜひご参加をお願いします!

大阪府知事選世論調査(全国)
http://www.yoronchousa.net/vote/3348
政党支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3350
福田内閣支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3352

回答者の代表性は担保されませんが、様々な考えを持つ
多くの方に参加して頂き、たとえ偏りがあったとしても
それはそれで参考となるデータとなっていきます。

ぜひブックマークもして頂き、調査やアンケートも作ってみて、
お知り合いの方などにもご紹介ください!

世論調査.net - みんなの声!
http://www.yoronchousa.net

お邪魔いたしました。

投稿: 世論調査.net | 2008/01/09 0:43:57

橋下氏、商工ローンの顧問弁護士だった!

 雑誌『週刊新潮』は1月17日号で、大阪府知事選に立候補している弁護士でタレントの
橋下徹氏(自民党大阪府連推薦・公明党大阪府本部支持・新風自主支援)が、
過去に商工ローンの顧問弁護士を務めていたと報じた。

 記事によると橋下氏は、”みなし弁済”規定をタテに利息制限法を超える高利を取っていた
商工ローン『シティズ』の顧問弁護士を1999年から2004年まで務めていたといい、
関係者の話として「債務者からの訴訟でも会社を勝利に導いてきた」と伝えた。

 また、記事の中で自民党関係者は、「昨年12月に行われた大阪市大正区の市議補選で
橋下氏に応援演説を打診したところ、”市議の補選ごときで”という態度だったという」と語った。

橋下 商工ローン - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%8B%B4%89%BA+%8F%A4%8D%48%83%8D%81%5B%83%93

投稿: | 2008/01/19 15:37:31

コメントを書く