« ボーイング787再度の納入延期 | トップページ | BA機ヒースローで胴体着陸?その2 »

2008.01.18

BA機ヒースローで胴体着陸?

AFP BB より「英ヒースロー空港でBA機が着陸に失敗、13人負傷

【1月18日 AFP】(一部更新)

英ロンドンのヒースロー空港で17日、中国北京発のブリティッシュ・エアウェイズ38便のボーイング777型機が緊急着陸を試み、滑走路の手前に着地、13人が負傷した。負傷者は現在手当てを受けているが、全員軽傷だという。BA38便には乗客136人と乗員16人が搭乗していた。

着陸直後に機体の着陸装置は破損し、現在、機体後部とエンジンが地面に接触する状態となっている。消防隊が安全のため消火剤を散布するなか、乗客らは脱出シュートから避難した。無傷で避難した乗客のひとりは、「宝くじが当たったようだ」と自らの幸運を語った。

BBCによると、パイロットは「着陸時にすべての出力を失った」と述べており、滑空しながら着陸したという。テレビで報道された映像によると、滑走路の手前の芝生に機体を引きずった跡が残っている。

BAのウィリー・ウォルシュ最高経営責任者は、「乗員が136人の乗客を無事避難させたことを誇りに思う」と語っている。

警察当局は、今回の件についてテロを示す証拠はないとしている。

事故は、中国公式訪問を控えたゴードン・ブラウン首相を乗せた便が同空港から離陸する直前に発生。この影響で離陸は一時的に延期され、滑走路1本が閉鎖された。航空管制を行っているNATS社によると、多少の遅延は予測されるものの、閉鎖されていない1本の滑走路を使用して離着陸は行われているという。(c)AFP

写真で見ると見事に滑走路の端に止まっています。
胴体着陸の格好ですが、何が起きたのでしょうか?

「緊急着陸を試み滑走路の手前に接地」ですから死者がなかったのはラッキーでした。

「着陸時にすべての出力を失った」では、まるでカナダ航空の767の「燃料切れで不時着」にそっくりですね。
何があったのだろう?燃料高騰の影響でしょうか?

1月 18, 2008 at 09:03 午前 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17735202

この記事へのトラックバック一覧です: BA機ヒースローで胴体着陸?:

コメント

コメントを書く