« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »

2007.11.24

参議院神奈川選挙区小林議員の選挙違反裁判・結審

「参議院神奈川選挙区小林議員の選挙違反」の続報です。
東京新聞神奈川版より「違反実態“認識”が焦点 小林温陣営の参院選挙違反事件

出納責任者は、報酬を払ってビラ配りをさせた選挙運動の実態を知っていたのか-。

7月の参院神奈川選挙区で当選した自民党の小林温・元議員(43)陣営の選挙違反事件で、横浜地裁で続いている裁判は、公選法違反(買収)の罪に問われた出納責任者で元公設秘書の違反事実の“認識”が、大きな争点となっている。15日の被告人質問まで計17人の証人が出廷し、検察側と弁護側が激しいやりとりをみせた。(中沢穣)

「一緒に逮捕され、起訴猶予処分になった自民党横浜市連職員から、街頭演説の準備やビラ配りなどをする『設営隊』の仕事内容を説明された。被告も一緒に長机に座って聞いていた」。十月二十六日の公判で、設営隊に加わっていた男性はこう証言した。

これに対し、被告は十五日の被告人質問で「(この男性を)市連職員の机の前で、立ったまま紹介した。仕事内容の説明は聞いていない」と述べ、男性の証言に“反論”した。

検察側は、否認する被告が「活動の実態を知っていた」ことを立証するため、間接的な事実を積み重ねようと事務所関係者らを次々と証人に呼び、「被告の近くでビラ配りについて会話した」などの証言を引き出してきた。

一連の証人の中でも、この男性の証言は起訴事実を裏付ける有力なものとみられたが、弁護側に証言の細かい矛盾点を突かれると、言葉に窮する場面もあった。

被告は設営隊の活動内容を「知らなかった」「聞いたことはない」と一貫して主張。さらに候補者が設営隊や支援者とともに商店街などをビラ配りしながら歩く「桃太郎行進」についても、「徒歩での移動手段だと思っていた」と供述するなど、選挙運動の実態についての“無知”ぶりを強調した。

一方、被告とともに起訴された党県連職員の被告は、十三日の被告人質問で「設営隊の仕事は、街頭演説の場所取りや設営など単純労務が主で、ビラ配りは付随的だった。違法とは思ってなかった」と主張したものの、学生らにビラ配りをさせたり、報酬を支払ったりした事実はおおむね認めた。

こうした証言などから、報酬を払ってビラ配りなどをさせる公選法違反に当たる選挙運動に対し、金の支払いに直接関与した出納責任者である被告が、違反行為を認識していたのかが、最大の争点となっている。

弁護側は「検察側の証拠はいずれも『知っていたはず』とか『認識していたと思う』というだけで、決定的な証拠はない」と話す。

一方、横浜地検幹部は「無罪は想定していない」といい、県警捜査幹部も「無理な捜査は一つもしていない。これが無罪なら日当買収の検挙は不可能に近い」と自信を見せる。

二十七日に検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論が行われ、
十二月四日に判決
が言い渡される。

12月4日に判決ですか、さすがに速い。
この種の裁判では、こんなに揉めることはほとんど無いのですが、なんかすごいですね。
実際に「桃太郎は徒歩の移動手段だと認識していた」と証言したのだとすると、「桃太郎という言葉を知っているじゃないか」と突っ込まれるでしょう。
わたしも最初に「桃太郎」と聞いたときには全くイメージが浮かばなかった。行列した歩くことを知っていれば、それが選挙運動だと思わないのは無理がありすぎます。

公選法の運用は、解釈論を全く許さないで来ていますから、弁護側の主張の根幹である「決定的証拠が必要」というのは、公選法の常識の範囲では無理があります。

検察が「これがダメなら」というのも、こういう「常識」から来ていて、それも元を質せば選挙での公平の維持を目的としているので、違反の処罰以前に「これでやらなくてはならない」という「指導的な側面」が極めて強い法律である必要があるからでしょう。

早い話が「指導に反した」だけで公選法違反とされるのは仕方なく、警察からの警告が選挙たびに多数出ることになります。

それに対して、弁護側が「確固たる証拠が必要」というのは、公選法の趣旨というか選挙そのものの趣旨に反するとも言えるわけで、なんでこんな主張をするのか、本当にこんな事を考えている、選挙素人なのか?
いずれにしろ、被告はそこそこ長く選挙に関わっていた「経験者」には間違いなく、こういう展開になるところに陣営として非常識ぶりが極めて強かったのだろう、と感じてします。

11月 24, 2007 at 11:15 午前 選挙 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

技能五輪の謎

日刊工業新聞より「第39回技能五輪国際大会が閉幕、日本「金16個」獲得で首位

【静岡】日本は2大会連続で金メダル数首位―。
静岡県沼津市で開かれた「第39回技能五輪国際大会」は21日、同市の「キラメッセぬまづ」で行われた閉会式で競技結果が発表された。日本は種目8連覇となる「ポリメカニクス」の畑弾手選手(セイコーエプソン)、「CNC旋盤」の藤本アキラ選手(日立ハイテクノロジーズ)らが金メダル16個を獲得し、前回(05年)のフィンランド大会(金5個)に続いて金メダルでトップとなった。金16は70年の第19回東京大会の17個に次ぐ好成績。「モノづくりニッポン」は完全復活を遂げた格好だ。(技能五輪特別取材班)

日本の最大のライバルである韓国は金メダル11個で国・地域別で2位となり、3位は5個のフランスが食い込んだ。

22歳以下(一部種目を除く)の世界の若者がモノづくりの技を競う技能五輪国際大会は46カ国・地域から選手816人が参加し、15―18日の4日間競技が繰り広げられた。日本開催は85年の第28回大阪大会以来22年ぶり。第38回フィンランド大会で金獲得トップの座を71年の第20回スペイン大会以来34年ぶりに奪い返した日本は今回、過去最多の47職種に総勢51人の選手団を送り込んだ。

日本勢は「ポリメカニクス」の畑選手、「CNC旋盤」藤本選手のほか、「CNCフライス盤」の海老根章友選手(日立ハイテクノロジーズ)、「情報ネットワーク施工」の山口雄基選手(協和エクシオ)、「電子機器組立て」の清水輝選手(日産自動車)、「構造物鉄工」の坂本昭仁選手(日立製作所)、「抜き型」の安達裕喜選手(デンソー)、「木型」の今嵜智也選手(トヨタ自動車)らが主要モノづくり競技でまんべんなく金をとった。

また、「洋菓子製造」の大島千奈選手(にいがた製菓・調理師専門学校えぷろん)、「造園」の早乙女彰将・渡邉久美奈選手(小杉造園)も同種目で日本初の金メダルに輝いた。日本の若者の底力を見せた。

銀メダルでは、惜しくも金を逃した「配管」の遠間潔寿選手(千代田設備)、「製造チームチャレンジ」のチーム・デンソーなどで5個を獲得。銅メダルは3個で、パソコンのトラブルに悩まされた「機械製図CAD」の大須賀孔明選手(日立ハイテクノロジーズ)も必死に追撃し、見事メダリストに輝いた。

【次回大会、カナダ・カルガリーで開催】

次回の第40回技能五輪国際大会は09年にカナダ・カルガリーで開かれる。閉会式にはカナダ大会の公式マスコットである農耕馬の「タグ」(雄)と「テス」(雌)の着ぐるみも登場し、愛嬌を振りまいた。また、閉会に先立って、大会旗が次回開催国のカナダに引き継がれた。

この記事を読むとなんの疑問もなく「首位」を受け入れてしまいますが、韓国KBSの記事にこんなのがありました「韓国4年ぶりに総合優勝、国際技能オリンピック

今月14日から日本の静岡で開かれていた第38回国際技能オリンピックで、韓国は4年ぶりに総合優勝しました。

21日に閉幕した国際技能オリンピックで韓国は、47職種のうち42職種に47人の選手が出場した結果、金メダル11、銀メダル10、銅メダル6で総合得点88点を獲得し、総合成績で1位になりました。 2位は74点の日本、3位は55点のスイスでした。

韓国が金メダルを手にした職種は、板金加工、溶接、配管、ウェブデザインなど11の分野です。 韓国の総合優勝は、2003年以来4年ぶりで、1967年に初参加してから、15回目になります。

へ~と思って改めて「技能五輪公式サイト」を今頃になって探しまたが、これが良く分からない。
結局これだった「SKILLS 2007 2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」全く自慢にならないのですが、 静岡県の作ったページ「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」ばかり見てましたよ。
そもそも検索ワードを「技能五輪」にすると本家のサイトが引っかからない。

ようやく、こんな発表を見つけました。

2007/11/21 ・技能五輪国際大会の競技結果(職種別)
・ 技能五輪国際大会の競技結果(国・地域別数)
・ 大会参加者数及び来場者数
・ 大会参加選手数、参加国 技能五輪国際大会
2007/11/21 ・技能五輪国際大会の競技結果が出ました。(Worldskills International site)
2007/11/16 ・国際アビリンピック 17日の競技結果が出ました。[エクセル]

なんというか、広報のレベルとしては「完全に失格」でありまして、その結果としてニュースとしても日本国内と韓国というか世界レベルで違ってしまっています。

公式の競技結果は「職種別」と「国・地域別」なのですから、報道もフォーマットに沿ったニュースにするべきでしょう。
インターネット時代の技能五輪主宰は失敗でありました。

11月 22, 2007 at 09:51 午前 もの作り | | コメント (10) | トラックバック (1)

ATMを盗撮

朝日新聞より「偽カメラ設置、暗証番号盗撮 現金窃盗容疑で逮捕

現金自動出入機(ATM)の近くに設置した偽の防犯カメラ2台から利用者のカードの暗証番号などを盗撮し、ごみ箱から拾い出した明細書の情報と組み合わせて金を引き出したとして、埼玉県警などは21日、千葉県船橋市本中山4丁目、無職の容疑者(34)ら2人を窃盗容疑などで逮捕した。

偽カメラの外見は、
もともと設置されている本物と
見分けがつかず

、県警は新手の盗撮方法とみている。

調べでは、佐々木容疑者は4月6日、宇都宮市のコンビニエンスストアなどのATMで、偽造カードを使い栃木県内の会社員(58)の口座から150万円を引き出した疑い。

市販されているドーム形の防犯カメラのケースに、デジタルビデオカメラを入れ、スーパーなどのATMの天井に磁石でつけて口座番号や暗証番号を盗撮したという。

ひどい話ですね。
管理のしっかりしている店舗などのATMじゃないと信用できないということでしょうが、じゃあどこが管理がしっかりしているのかが分からない。
無闇にATMを置いてはいけないということではないでしょうか?

11月 22, 2007 at 09:12 午前 事件と裁判 | | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.11.20

F2墜落事故の原因と問題その2

「F2墜落事故の原因と問題」の続報です。
中日新聞より「F2墜落事故 設計守られず? 配線の長さ誤接続が可能

愛知県豊山町の県営名古屋空港で10月31日、航空自衛隊F2支援戦闘機が墜落・炎上し乗員2人が重軽傷を負った事故で、飛行制御システムの配線の長さが設計通りでなく、墜落原因となったコードの誤接続が可能なケースがほかにもあることが、県警捜査一課の調べで分かった。

F2を製造・整備する三菱重工業は「設計でコードには一定の長短をもたせており、誤接続は不可能な構造だ」としていた。

県警は製造過程や整備などに問題があった可能性があるとみて、業務上過失致傷容疑で調べを進めている。

墜落原因について防衛省事故調査委員会は15日、飛行制御コンピューターからの2本の配線が、機体の姿勢変化を検知する2種類の機器に入れ違って接続されていたためと断定。
誤った情報がコンピューターに伝わった結果、水平尾翼が異常な動きをして墜落したと分析した。

一方、三菱重工業は同日の会見で「配線の長さやコネクタの向きを接続する機器によって別々にし、誤接続が起きない構造にしている」と主張。

設計書で配線の長さを指示しており、取り違えた場合は、片方の機器にはコードの長さが足りないため届かないと説明していた。

しかし、事故機を整備していた同社名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場(豊山町)にあったほかのF2を6機調べたところ、設計通りの長さになっていないコードもあることが判明。
うち1機は事故機と同様、設計上は届かないとされた誤った接続も可能だった。

県警は、事故機の点検を担当した整備士から事情を聴くなど、配線の誤接続が起きた原因について詳しく調べている。

一言で言えば「情けない」です。

墜落機が誤配線が原因で墜落したことが発覚した時点で三菱が「設計上、誤配線不可能になっている」と記者発表したところが分からない。
ことは、現実の事故がなぜ起きたかであって、設計がどうであろうと「問題は何か?」が最重要だろう。

設計・素材・製造・組み立て・使用状況・環境・寿命管理といった様々なことがそれぞれの部品に影響して、そのどこかが破綻すると事故になる。
だから、設計は一つの要素ではあっても他に問題があれば事故にはなるわけです。
三菱はメーカなのだから、設計以外にも製造・組み立て・整備作業・点検などについて責任があるわけで「設計は・・・・」は全体から見ると一部に過ぎない。

なんで「設計上は誤配線出来ない」と事実(誤配線があった)対立するような記者発表をしたのか?
なんか、事実を直視しない企業姿勢が見えてしまう。
現代のメーカとしては根本的な姿勢に問題があると感じる。

11月 20, 2007 at 10:10 午前 もの作り | | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.11.18

白河高校・既卒生の必修漏れが発覚

福島民友新聞より「白河高、未履修隠ぺい 不正承知で教員ら

県教委は16日、白河高(遠藤教之校長)の昨年度の3年生全員317人が、必修科目の情報A1単位を履修せずに卒業し、このうち109人は日本史B4単位も履修していなかったと発表した。

受験対策として別の教科の授業を行っていたためで、本年度の3年生も情報Aで同様の履修不足が発覚した。授業を行っていた教員らが不正を知りながら「言い出せなかった」と隠ぺいしていたことが原因といい、遠藤校長は「大変申し訳ないことをした。未履修は把握していなかった」と釈明した。

県教委は卒業生について「生徒に責任はない」と、卒業認定に影響はないとした上で、進学先などに理解を求めていく方針。現在の3年生に対しては、授業を組み替えるなどして今月末までに不足分を履修させる。

また、これまでの調査が不十分だったとして、県内すべての普通科の高校を調査する。「昨年の調査が不十分だったことは申し訳ないが、(未履修を隠ぺいしていた)学校は許し難い」と今後、関係者の処分を行う方針。同校では昨年11月、2、3年生計157人の家庭基礎1単位の未履修が発覚し、遠藤校長が戒告の懲戒処分を受けている。

校長「迷惑掛け申し訳ない」

白河高の遠藤教之校長と大岡清一教頭は16日、白河市役所で記者会見を開き、遠藤校長は「生徒、保護者にご迷惑を掛け、大変申し訳ない」と謝罪した。

遠藤校長は「大学受験を控える生徒のことを思う一心で担当教諭が行ってしまったことと認識している」と弁明した。今後については「校長の職務を全うするとともに、保護者、卒業生への事情説明などを通し、おわびをしていきたい」とした。

昨年の今頃、日本中の高校で同様の問題が発覚して、冬休み中に授業をやったり3月末に修業後にさらに授業したりして、つじつまを合わせていました。

福島県立白河高校では、その時点でも履修偽装を認めずに卒業させたということですね。

県教委は「生徒に責任がないから卒業認定に影響はない」という判断だと言うのですが、それはあまりに乱暴じゃないのでしょうかね?
必修科目を設定しているのは文科省であって、各地の教育委員会や学校が判断できるのは、必修科目の組合せや選択科目であって、必修科目を履修していないという事実は生徒一人ひとりに残るし、必修科目を履修しないことが卒業認定に影響しないというのでは「必修」にならないだろう。

「昨年度の3年生全員」ということは、生徒一人ひとりを特定されてしまうわけで、浪人などで今度(来年度入学)を目指して大学に願書を出した場合に大学が「履修が完了していないから、受験資格がない」としたら、教育委員会や白河高校はどうするつもりなのだろうか?

「白河高校PTAが労働争議で解散」でも問題の解決を後に延ばすという姿勢が見えたと感じましたが、いったいどうするつもりなのでしょうか?

事は「高校卒業の資格」の問題であって、いくら学校や教育委員会が「卒業資格があります」と書類を書いても、報道されてしまったのでは世間は「正式に卒業したとは言えないだろう」と判断するでしょう。
必要なのは、この部分をなんとかすることであって「迷惑を掛けた。ゴメンなさい」ということでは、問題解決のとっかかりにすらたどり着いていない。

11月 18, 2007 at 10:41 午前 教育問題各種 | | コメント (4) | トラックバック (0)