« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007.09.22

737-800胴体の亀裂

朝日新聞より「中華航空、佐賀空港で亀裂発生機の調査開始

佐賀空港に着陸した台北発の中華航空チャーター便(ボーイング737―800型機)の胴体下部に77センチの亀裂が見つかった問題で、同社は22日、亀裂の発生原因の調査を本格的に始めた。

同社が台湾本社から派遣した整備士ら約10人は午前9時前から、駐機場で調査を始めた。
貨物室のハッチを開き、内側と外側から亀裂部分や周囲を細かく確認し、撮影を繰り返した。

同社によると、亀裂は主翼と尾翼の中間付近に前後の方向で一直線に走り、幅、深さとも数ミリ程度。
機長は「運航中、機内の気圧や操縦に問題はなかった」と説明しているという。同社は、機体の本格的な調査は台湾でする意向だ。

これはなんなんでしょうかね?
尻餅事故などは起こしてないそうですし、出発前に見つからなかった亀裂が日本に到着したらすぐに発見された。
この情報だけで判断すると、飛行中に亀裂が入った事になってしまいます。

どの程度の亀裂なのか情報を待っていたのですが前後方向に一直線で77センチとのことですから、製造段階の問題のように感じますね。

737型でも-800ですから、最新技術で作られているのかな?
767や777では三菱重工がケミカルミーリングで加工していますね。こんなところに影響しなければ良いのだが・・・・

9月 22, 2007 at 05:11 午後 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (0)

北見市長の不信任案否決

「残業代100万円のどこが問題なのか」の続報というか詳報でしょうか。

北海道新聞 2007/09/20 の記事「失政続き求心力低下 北見市長に不信任決議案

北見市内で相次いだ大規模断水などをめぐり、市議会の野党会派、市民・連合クラブと共産党の所属議員九人は十九日午後、開会中の市議会に、神田孝次市長に対する不信任決議案を提出した。
早ければ二十一日の本会議で採決される見通し。市議会は与党会派が多数を占めるため否決の公算が大きいが、市長のいっそうの求心力低下は不可避の情勢だ。

決議案の成立には、全議員三十六人の三分の二以上の出席と、出席議員の四分の三以上の賛成が条件で、全員出席なら二十七人の賛成が必須。
野党四会派の全議員(計十二人)に加え、与党会派から大量の賛同者が必要になる。

否決の可能性が高いとはいえ、不信任決議案提出の背景となった、断水問題を含む度重なる“失政”により、市政運営への信頼低下は著しい。

三人の犠牲者が出た今年一月のガス漏れ事故では、昨年四月にガス事業を北ガスに譲渡した市の責任も問われた。しかし、当事者意識に欠ける対応をとり、被害者の感情を逆なでした。

さらに三月、旧常呂町の町長交際費領収書を焼却処分した阿部周司・前代表監査委員(旧常呂町助役)を罷免せず、減給処分で済ませ市民の激しい批判を浴びた。市庁舎の改築を絡めた市中心部の都市再生整備事業は、市民の意見をまとめきれず、国への基本計画提出を三年連続で断念。特別職の辞職も今年だけで三人に達する異常事態だ。

しかし、神田市長は続投に意欲的。不信任決議案の提出を受け十九日、「批判はしっかりと受け止めて、安全・安心のまちづくりに全力を挙げて取り組んでまいりたい」とのコメントを出した。

神田市長は一九九九年から旧北見市の市長を二期七年務め、昨年四月の合併後の新市の市長選で圧勝した。にもかかわらず、わずか一年半で市民の離反は著しい。ガス漏れ事故現場近くに住む無職男性(72)は「市のトップでありながら、責任を認めようとしない態度が信じられなかった」と批判している。

と不信任決議が提出される時点で北海道新聞も大批判していますが、2007/09/21不信任案は否決されました。
北海道新聞 2007/09/21の記事「市長不信任案を北見市議会が否決

北見市議会(定数三六)は二十一日の本会議で、野党会派の議員が提出した神田孝次市長(56)に対する不信任決議案を、賛成一○、反対二四で否決した。

決議案は、六月から相次いだ大規模断水や一月のガス漏れ事故の対応などをめぐり「市政の停滞、混乱を招いた」として神田市長の政治責任を追及。野党最大会派の市民・連合クラブ(七人)と共産党(二人)の議員計九人が提出していた。

可決には、定数の三分の二以上の出席と、出席議員の四分の三以上の賛成が必要。

採決では、提出した九人と野党会派の一人(民主党)が賛成、与党三会派の計二十四人は全員反対に回った。野党会派・公明党の二人は棄権した。

神田市長は一九九九年四月に旧北見市長選で初当選し、二期七年務めた。広域合併に伴い、昨年四月に行われた新北見市の市長選で初当選し、現在一期目。

いわば不信任案否決は予定通りではあるのだが、事故そのものよりも後始末というか行政能力そのものに疑問符が付いている。
ガス漏れ事故の時には、住民が19日間も避難したし、水道がダメになった事件も元は大雨で浄水場に泥水が入ったのがきっかけですから、適切な対処をしていれば水道が止まることも無かったでしょう。
その上に今度は水道の復旧に連続残業をして残業代が100万円を超えてしまい、批判が出たから返納させる・・・・・。

これでは理由はとにかくとして、行政として「何をしているのだ!」と非難されるのは当然だろう。

9月 22, 2007 at 09:10 午前 国内の政治・行政・司法 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.21

フリースタイルスキー猪苗代大会の大混乱

福島県猪苗代町が2009年3月に国際スキー連盟(FIS)のフリースタイルスキー世界選手権猪苗代大会が8月から予算が大幅に違っていたとして大騒動になっています。
毎日新聞福島版のバックナンバーを紹介します。

月日記事タイトル
2007/8/2909年フリースタイル世界選手権 大会運営費、当初見込みの2倍 /福島
2007/8/30FIS猪苗代大会運営費倍増問題 県が検証委発足へ /福島
2007/8/31FIS猪苗代大会運営費倍増問題 県、9月議会に検証結果 /福島
2007/9/11FIS猪苗代大会運営費問題 2年前に「予算15億円」、組織委試算 /福島
2007/9/15FIS猪苗代大会運営費倍増問題 検証委、19日に概算再提示 /福島
2007/9/20FIS猪苗代大会運営費倍増問題 県教委試算、3.5倍の20億円強 /福島

8月29日に突如として「見積と違っていた」との記事が出てきます。

県教委総務企画グループによると、組織委は04年の予算計画で、

  1. 今年のリハーサル大会6900万円
  2. 来年のプレ大会2億2800万円
  3. 世界選手権2億8200万円

の計5億7900万円と算定。

しかしリハ大会では、予定外の中継映像の配信を求められ、既に3000万円超の赤字になった。

組織委が全体予算を見直すと、W杯より格上の世界選手権は、映像製作などFISの要求に応えると当初予算でまかなえないことが判明。

当初、競技会場は1~2カ所を想定していたが実際は3カ所となり、カメラ台数やスタッフが増えるほか、通信施設の整ったプレスセンターも求められているという。

同グループは「FISとの契約時に費用の細部まで精査したか、現段階では分からない」と話す。

8月30日の記事は一段と内容が明らかになります。

予算案は、昨年5月の組織委初会合で承認されていたが、事務局は、国際映像製作に多額の経費がかかることや、オーロラビジョンなど想定外の施設の新設が影響していると釈明。

「14億円は粗い数字で、これを上回らないとは断定できない」と、さらに経費が膨らむ可能性も示唆した。

9月11日にトンでない経緯が報道されます。

県教委によると、05年8月に組織委事務局が当時の県教委担当参事にリハーサル大会とプレ大会、本大会の3大会合計で、約15億円の予算が必要との見通しを報告した。

しかし参事は、予算案を見直すよう事務局に指示。事務局は5億7900万円の予算案を、翌年4月の組織委員会初会合に提案したという。

2007/09/20 の時点では「20億円を上回る」ので当初予算の3.5倍となる、となっています。
毎日新聞の記事はリンクで現在読めるのですが、すでにデータベースに移動してしまった読売新聞の記事を見てますと、8月30日付け「フリースタイルスキー世界選手権 契約書一部読まず 検証委で予算見直し=福島」があります。

組織委員会事務局は、同日、同町役場で開かれた緊急会議で、世界選手権の開催場に立候補する際、契約書の記載内容に目を通していたが、「観客を楽しませるための施設を設けることなどと抽象的な文だったため内容を理解することができなかった」と報告。

契約締結後にFISからの様々な追加要望や種目数の変更があったこともあり、当初予定の約6億から約14億に予算が超過したと説明した。

しかし、その後、組織委員会の高橋一浩事務局長は、契約書には、オーロラビジョンをゴール前に設置することや、ジャッジハウスの大きさを3メートル×12・5メートル×2・5メートルにすることなど具体的な文章や図面が記されてあったことを認めたうえで、「該当部分の契約書などの内容を読んでいなかった」と話した。

早い話が、国際スキー連盟の書類と、猪苗代町や福島県が見ていた書類が違っていた、ということのようで、福島県のローカル新聞には「翻訳が完全ではなかった」といった記事が以前にありました。
常識的に見ても「契約書をよく読んでいなかったので契約解除します」では、どんな世界でも通用するはずもなく選択肢としては予算がいくら上積みになろうと実施する事になるでしょう。

しかし、オーロラビジョンの設置とかプレスセンターの設置、国際映像配信の必要性といったことは、現代の国際スポーツ大会では常識だと思うのですが、どこをどうやれば「後から必要だと理解した」なんて事になるのでしょうか?

国際大会の円滑な実施のために今から努力すること、とは別になんでこんな事になったのかを究明するべきでしょう。

9月 21, 2007 at 05:04 午後 国内の政治・行政・司法 | | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.09.20

平和神軍裁判

昨日(2007/09/19)は東京地裁に「平和神軍裁判」の傍聴に行ってきました。

この事件は、HPでの名誉毀損事件でありながら刑事裁判であるという他には例がない裁判です。
名誉毀損事件の刑事裁判も、HPによる名誉毀損の民事裁判も数多くの実例がありますが、HPをめぐる名誉毀損事件で刑事裁判になったという例は無いようです。

古いNIFTY-ServeユーザでBBS8を知っている方だと覚えているかと思いますが、とんでもない掲示をしてBBS8で話題になっていた平和神軍ですから、その後に2ちゃんねるでも話題になっている団体をめぐる事件です。

HPが団体や個人の名誉毀損をしたとして事件になることは珍しく無くなりましたが、平和神軍事件の原告(民事もあったので)は平和神軍ではなくラーメン花月で有名なグロービートジャパン社で、基本的には営業妨害という主張から始まっています。

言うまでもなく、平和神軍を活動が被告(ハンドル=次瀬氏)が批判し情報を広げるために立ち上げたHPの「平和神軍観察会 逝き逝きて平和神軍」内容がグロービートジャパン社の営業を妨害したとの主張ですから、裁判の争点は平和神軍とグロービートジャパン社の「人の関係」になりました。

昨日はだいぶ間を置いての第20回公判で、被告人の証言(尋問)でした。
午前11時に始まり、終わったのが17時過ぎていたという大変な長丁場で、被告の次瀬氏が最後ので落ち着いた態度で検事からの尋問に対応していたのには本当に感心しました。
単なる傍聴で座っているだけでも疲れますし、寝ちゃうこともあるのですから・・・・・。

以前「東京地裁に中傷ビラ」という事件があったおかげで、警備法廷になってしまいました。
よく知られているとおり、普通の法廷は裁判所に行って全くの気まぐれでどんな裁判でも傍聴することが出来ますが、傍聴人が多くなると傍聴券が配られて定員オーバーで傍聴できない場合があります、さらに傍聴希望者が定員の何倍(1000倍もあった)ともなると、抽選になります。
これらは、単に定員の問題ですがさらに法廷で事件になる可能性があると警備法廷になって、荷物を預けて持ちこみ所持品の検査が必要となりますから、傍聴人も途中でトイレに立つといったことも難しくなります。

昨日(2007/09/19)はわたしは10時45分過ぎぐらいに東京地裁の正門に着いて傍聴券交付に間に合ったのですが、なんか妙に並んでいる人が多くしかも顔見知りが全く居ないので???と傍聴券を受け取ったら「最後の一枚」でした。
最初は「列に並んでいる人の分だけ傍聴券を用意したのかな?」と思ったのですが、良く考えるとそんなことがあるわけ無くて、本当に定員一杯だったのでしょう。

わたしも応援のために傍聴しているので、他にも応援でいつも傍聴している人たちが3人入れないとなりました。
弁護士が裁判長に交渉して、誰も居ない報道席に座っても良いとなって、3人が傍聴に加わって裁判が始まりました。

傍聴席の1/3ぐらいを埋めていた人たちは、午後の法廷の傍聴には表れなかったので、集団で見学にでも来たのでしょうか?
ちょっと驚きでありました。

HPをめぐる名誉毀損事件が刑事裁判になる例が他にないことを考えると、事件の内容が他のHP名誉毀損事件に比べて悪質であるとか、社会的に重大な事件であるとはちょっと思えない、いわば典型的なHP名誉毀損事件ですから、起訴したところに検察のかなりの恣意性を感じています。
一罰百戒的に考えたとしても、これを避けるためには批判をしない方が良いとなってしまうほどで、それによる社会的な将来の損失の方が遙かに大きいだろう、と思うところです。

裁判の常識として、被告への質問が終了すると次の手続きは求刑・論告を経て判決となりますが、次回期日を12月17日に決めたということは裁判所が人事異動で担当裁判官が替わる、来年度には裁判を持ち越さないぞ、という意志の表れでしょう。

どういう判決になるのかネットワーカは注目するべきです。

9月 20, 2007 at 10:30 午前 裁判傍聴 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.17

コースター暴走ではなくて、運転ミスだろう

「ジェットコースター脱線死亡事故その8」などでさんざん問題にした、エキスポランドでまたもコースター暴走のニュースがありましたが、どうも詳細がはっきりしないので、複数の記事を集めてみました。

現象について細かく説明しているのは朝日新聞です。
朝日新聞より「エキスポランドでコースター暴走 停止せず連続2周

コースターは通常、乗降位置の手前約20メートルでいったん自動停止するよう設定されており、その後、係員が手動で前進させ、ホームの停止位置までくるとセンサーが作動して再度、自動停止するようになっている。

今回もホーム手前で停止後、係員が手動で進めたが、その後、自動停止しなかったという。2周後、ホームへ戻ってきたところで、係員が自動停止の機能を使わず、前進ボタンから手をはなす手動操作で停止させた。

記事には説明図があるですが、作動のシーケンスとしては

  1. 降車位置の20メートル手前で停止
  2. 係員が降車位置まで前進を指令
  3. 降車位置で自動停止
  4. 降車

となっていたのに止まらずに前進してしまった。
ということですが、ここで複数の疑問が出てきます。

  1. 自動停止しないと次の周に入るとはどういうことか?
  2. 手動停止するべきではないのか?

この疑問について多少は説明になっているのが、読売新聞関西版の記事です。
読売新聞・関西発より「エキスポランド、コースターまた暴走 停止せず1周

2周目の滑走を始める前の「上り」の段階で緊急停止させることもできたが、係員が、もう1周させてホームで乗客を降ろしたほうが安全だと判断したという。

これで2周した理由そのものは分かりますが、20メートル手前で止まったのにゆっくりと前進しながら、停止位置を通過したとはどういうことだ?という疑問については、朝日新聞の記事が説明になっています。
朝日新聞より「今度はコースター停車せず、余分に1周 エキスポランド

コースターは通常、乗降位置の手前約20メートルでいったん自動停止するよう設定されており、その後、係員が手動で前進させ、ホームの停止位置までくるとセンサーが作動して再度、自動停止するようになっている。

今回もホーム手前で停止後、係員が手動で進めたが、その後、自動停止しなかったという。
2周後、ホームへ戻ってきたところで、係員が自動停止の機能を使わず、前進ボタンから手をはなす手動操作で停止させた。

この記事から読み取れるのは、

  1. 20メートル手前で、停止する
  2. 停止位置までは手動ボタンを押して前進させる
  3. 手動ボタンを放すと、その場で停止する
  4. 手動ボタンを押し続けていても、停止位置では自動停止で割り込みが掛かる
  5. 停止位置を過ぎると次の周回のために出発シーケンスに入っていく

これは、機械の設計としては「自動停止を運転の標準とはしない」のではないか?
鉄道におけるATSのような考え方で、オペレータが停止位置をミスしたときに自動的に止めるというものだと思う。
コースター全体の運行シーケンスで考えると、

  1. 停止している
  2. 客が乗り込む
  3. 出発準備を完了
  4. 停止位置から前進
  5. 動力による運転開始
  6. 重力によると自動運転
  7. 20メートル手前で自動運転の終了
  8. オペレータによる運転に切り替え
  9. 停止位置に止める
  10. 客の降車

なのだから

「結局は前進ボタンは停止位置で放す」
のが当然で、なんでそれを漫然と押したままで
自動停止に頼る事にしていたのか?

しかもエキスポランドが取った「点検」が恐ろしい。
中日新聞より「エキスポランドでコースター「もう1周」 センサー誤作動か

同社は運行を休止し、十六日午後からはメンテナンス会社とともに緊急点検して原因を調査。
電気系統を確認したり、試運転を繰り返したが、原因は分からず、十七日以降も調査を続ける。

要するに、オペレーションは問題なしでセンサーなどの機械的故障に原因を求めているのだが、それでは緊急停止以外では無限に周回することが可能なコースターだということになってしまう。
毎回停止して客が乗降しなくてはコースターではないのだから、オペレーションは最重要問題だろう。間違っても「無限に周回する」なんて可能性があってはいけないわけで、その観点からみると

次の周回に入る位置まで
行きすぎるまで気づかなかったのか?

方がよほど問題だろう。

この間、オペレータはボタンを押し続けていた

簡単に考えて「見ないでボタンを押し続けていた」であろう。なんらかの過失罪になっても不思議はないと思う。

9月 17, 2007 at 11:41 午前 事故と社会 | | コメント (4) | トラックバック (0)