« 国家基本問題研究所なんだって | トップページ | 名古屋高裁の危険運転致死傷罪判決 »

2007.12.27

高知大学で何が起きているのだ?

高知新聞より「票すり替え と告発 高知大学長選考」(フレーム内にリンクしています)

高知大学の学長選考で、現学長の相良祐輔氏(72)の再任を決めた学長選考会議の決定に対し、高知大教授ら十四人が二十六日、学内意向投票の開票作業後、「何者かによって票の差し替えがされた」として被告発人不詳のまま、窃盗罪と偽計業務妨害罪で高知地検に刑事告発した。
国立大学法人の学長選考をめぐる刑事告発は全国で初めて。

学長選挙で票の差し替えだとして刑事事件として告発というのはちょっとすごいと思い高知新聞の関係記事のタイトルを見てビックリです。

  1. 高知大学長選び不透明 学内投票は現職劣勢(2007/10/16)
  2. 高知大学長選「規則違反で無効」?相良氏が再任(2007/10/18)
  3. 密室の逆転劇 高知大学長選で構内取材拒否(2007/10/18)
  4. 高知大学長問題 選考会議無効を決議 2学部、1研究科(2007/10/23)
  5. 学生「不信払拭を」 高知大学長問題(2007/10/24)
  6. 選考会質問状に未回答 波紋広がる高知大学長問題(2007/10/31)
  7. 関係者に箝口令? 高知大学長選考会議(2007/11/07)
  8. 高知大学長選やり直さず 選考会議「結果に疑義なし」(2007/11/08)
  9. 高知大学長選 学生が署名2085人分提出(2007/11/22)
  10. 相良氏学生に持論展開 高知大学長選考(2007/11/29)
  11. 高知大学生有志 学外委員にも質問状 学長選考問題(2007/12/13)
  12. 高知大教授ら 学長選考無効と提訴へ(2007/12/13)
  13. 抗議疑問視に学生反発 高知大学長選考(2007/12/22)

個々の記事を読んでも細かいところが分からず、今ひとつ理解できません。

1番目の記事「高知大学長選び不透明 学内投票は現職劣勢(2007/10/16)」には

高知大学長選び不透明 学内投票は現職劣勢

 高知大学(高知市曙町二丁目)は、国立大学法人移行後初めての学長選考を十七日に行う。
候補者は現学長の相良祐輔氏(72)と、同大大学院黒潮圏海洋科学研究科長の高橋正征氏(65)の二人。
次期学長の任期は来年四月から四年間。

同日の学長選考会議で決定される見通しで、それに先立ち同大学は五日、教職員八百九十三人を対象とする「学内意向投票」を実施している。
十五日時点で結果は公表していないが、複数の教職員によると、高橋氏が相良氏を上回っているもよう。
「学内意向投票」には法的拘束力はないとされる中で、意向投票と選考会議の学長決定が食い違った他県の国立大学法人では、学内外から批判が高まるケースが表面化しており、今回の投票結果が最終的な学長選考に反映されるかどうかが注目される。

この後に行われた「学長選考会議」は

高知大学長選「規則違反で無効」?相良氏が再任

高知大学(高知市曙町二丁目)の国立大学法人移行後初の学長選考が十七日行われ、理事や学部長、学外有識者で構成する「学長選考会議」(議長=篠和夫農学部長)は次期学長に現学長の相良祐輔氏(72)を決めた。
しかし同氏の得票は五票で、「出席者(十人)の過半数」という同会議の規則を満たしておらず無効という指摘が続出。今回の学長選では「学内意向投票」をめぐる不透明性も明らかになっており、選考のあり方が厳しく問われる結果となった。

とのことですから、「学長選考会議」の決定が審議規則に反しているから無効という主張であれば単純明快ですが、告訴が「学内意向投票の集計で業務妨害」とするのでは、学長選挙結果には影響しないですよね。

これでは嫌がらせも同然ですが・・・・・。
どこまで行っても「内部の人気投票の信頼性」の問題では、刑事事件にはならないのでは?と感じます。

12月 27, 2007 at 01:41 午後 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17493400

この記事へのトラックバック一覧です: 高知大学で何が起きているのだ?:

コメント

やれやれ・・・
駅弁国立は
税金のムダ。

投稿: | 2015/03/18 2:09:42

コメントを書く