« ロケット打ち上げ失敗? | トップページ | 実用的SSD? »

2007.12.11

鳥インフルエンザ・人同士の感染?

朝日新聞より「鳥インフルエンザ、人同士で感染か 中国・江蘇省

厚生労働省は10日、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡した中国江蘇省の男性(24)から、父親(52)に感染した疑いがあると発表した。

世界保健機関(WHO)によると、男性は11月24日に発症し、今月2日に死亡。その後、父親もH5N1に感染したことが確認され、治療を受けている。ほかの感染拡大は確認されていない。

鳥インフルエンザは、人から人に感染する「新型」に変異し、大流行する懸念がある。
厚労省は、父親の感染が発表された9日以降、父親の住む江蘇省南京市を経て10日以内に日本に入国、発熱症状のある人らを対象に、検査を強化している。

11月24日に発病して12月22日に死亡ですから、10日以内に亡くなってしまった事になります。

父親は感染は確認されたが発病していない、ということなのでしょうか?

心配ですね。

12月 11, 2007 at 10:40 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17338235

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ・人同士の感染?:

コメント

 予防接種は1回あたり3000円で、半額補助しても、国民全員で2000億円ぐらいにしかならないです。タミフルなんかを備蓄するカネがあるなら、ワクチンを量産して接種を推奨した方がいい。

 新型インフルエンザには有効なワクチンはまだないんだけれども、従来のインフルエンザとの重複罹患を防止するだけでも、死亡率はぐっと低下するはずです。

投稿: Inoue | 2007/12/11 11:51:18

コメントを書く