« 温泉爆発の遠因はややこしすぎる構造かな? | トップページ | 警察官が霊感商法 »

2007.12.20

TGVが踏切で衝突事故

読売新聞より「仏TGVがトラックと衝突、1人死亡35人負傷

【パリ=林路郎】

スイス国境に近いフランス東部の村トシアで19日午前(日本時間同日夜)、パリ発ジュネーブ行きの仏国鉄の高速鉄道TGVが踏切を横断していた大型トラックと衝突し、ロイター通信によるとトラックの運転手1人が死亡、TGVの乗客35人が負傷した。

列車は脱線し、この影響でTGVはパリ―ジュネーブ便の運行が停止された。

TGVは最高時速320キロ・メートル程度で走行するが、乗客が仏メディアに語ったところでは、列車は事故当時、比較的低速で走行していたという。

世界初の高速鉄道であった東海道新幹線は全線が専用線であり、踏切は皆無であったので踏切事故は一件もありませんでしたが、TGVや秋田新幹線などその後に登場した高速鉄道の多くが在来線を走るために踏切があり、秋田新幹線でも何度か踏切事故がありましたが列車の乗客に被害が出るのは極めて珍しいですね。

読売新聞の記事では、脱線して列車乗客が負傷となっていますが、CNNでは脱線せず乗客はショック状態とのことで、まだ情報不足です。

しかし、踏切があれば列車事故は防げないわけで、それでは高速鉄道とは言いがたいわけですから、踏切の廃止を積極的に進めないといずれは大事故になる可能性は残りますね。

12月 20, 2007 at 12:13 午前 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17422516

この記事へのトラックバック一覧です: TGVが踏切で衝突事故:

コメント

AFPに写真が出ていますが、完全に脱線しています。先頭車両は壊れ方、大。TGVは元々、「停車駅間のみ新線」が基本なので、停車駅付近には踏切があるのがデフォルトじゃないかと。

投稿: Ikegami | 2007/12/20 11:59:18

コメントを書く