« 入国審査の変更一ヶ月 | トップページ | 大阪府知事選挙・意外なことが »

2007.12.26

教育再生会議の古色蒼然

読売新聞により「理科専科教員の設置、「道徳」教科化…教育再生3次報告

政府の教育再生会議(野依良治座長)は25日、首相官邸で総会を開き、理科教育強化のために理科専科教員の設置を進めることや小中学校で「道徳」の教科化などを柱とした第3次報告を決定し、福田首相に提出した。

同会議は来年1月、これまで3回の報告を踏まえ、最終報告を取りまとめる予定だ。

第3次報告は、「公教育の再生」を掲げ、<1>学力の向上<2>徳育と体育の重視<3>大学・大学院の抜本改革<4>学校の責任体制の確立――などを重点課題とした。

具体的には、2006年国際学習到達度調査(略称PISA)などで、理数系の学力水準が低下していることを踏まえ、小学校高学年に理科専科教員の設置を進めるなど、理科教育の強化を打ち出した。さらに、学力向上に向けた意見交換のため、各都道府県の代表者による「全国教育再生会議」の開催を提案した。

2次報告に続き、「道徳」を教科化し、偉人伝や古典などを活用して感動を与える教科書を作成することを打ち出した。だが、点数での評価はせず、学級担任が担当するとした。

第3次報告の焦点だった「教育バウチャー制度」については事実上見送った。その代替案として、公立学校の学校選択制を通じて、児童・生徒数に応じた運営費を配分するモデル事業を実施することを明記した。

大学・大学院の抜本的な改革としては、国立大の大学・学部の再編や、大学全入時代を踏まえて入学定員の減少による質の向上を求めた。

さらに、子供の携帯電話にフィルタリング(選別)機能を義務づけるための法的規制の導入を求めた。

この「教育再生会議」はさっさと潰した方が社会のためだと強く思う。

理科教育のために理科の専任教員を増やせば良いというほど単純なものではないだろう。
理科や技術は非常に考える・決断する・実験してみるを要求されることで、特に「色々考えを巡らせてみる」ことが重要で理科限定の話ではない。
たまたま理科に重要な結果が現れている、ということだと思う。

塾などが指導している「考える以前に回答を反射的に出す」訓練によってペーパーテストの成績を上げ得るところに問題があるのではないのか?

だとすると、いくら理科実験をやっても考えないでやってるだけは意味がないし、そもそも他の教科で「反射的回答」はっかりやっていては意味無いだろう。

思うに、今必要なのは学習の細分化ではなくて統合化だと思う。
実現不可能かもしれないが、理科の実験レポートを国語の教師が国語力の観点から評点する、といったことが実社会への訓練としてはより適切ではないのか?

算数・数学ではいわゆる応用問題で文章や絵から問題を探り出すといったことを重視するべきだろう。

穴埋めのような回答を求めても、実社会にはそんな問題はほとんど無いし、第一学習進度の到達度をチェックすることは、学習効果の測定そのものと言えるのだろうか?

工学技術的には物事を分解して評価する手法は明快ではあるが「総合評価」は別にするのが普通で、製品などの評価は「総合評価」のところだけに限定される。

細分化した評価の積み上げだけでは社会は評価しない。これが「プロダクトアウト」の問題で、教育再生会議がやっているのは「プロダクトアウトの推進」そのものだと思うし、そこを非常に危惧しています。

12月 26, 2007 at 11:06 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17483162

この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議の古色蒼然:

コメント

コメントを書く