« 戦闘機・心神なのかね? | トップページ | 鳥インフルエンザ・人同士の感染? »

2007.12.09

ロケット打ち上げ失敗?

朝日新聞より「小型ロケット、テントに落下 打ち上げ実験失敗 北海道

8日午前7時ごろ、北海道大樹町美成の牧草地で、特定非営利活動法人(NPO法人)北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)が実施した小型ロケットの打ち上げ実験が失敗、ロケットは約1000メートルの高さから落下し、発射台から約20メートル離れた場所に設置された実験関係者のテントを突き破った。

当時、テント内には打ち上げスタッフ8人がいたが、全員無事だった。

HASTICによると、ロケットは「CAMUI-90P」(長さ2.9メートル、重さ21キロ)

上空1000メートルまで上昇後、電子タイマー式の分離装置で模擬衛星を切り離し、パラシュートを開いて落下する予定だった。しかし、模擬衛星は分離せず、パラシュートも開かないまま落下。地面に30センチ程度めり込み大破した。

CAMUIの打ち上げ実験は8回目だが、失敗は初めて。(時事)

この記事の通りだとすると発射台から20メートルのところに8人が居るテントがあったことになりますが、いくら何でもあり得ないのでは?と思って、)北海道宇宙科学技術創成センターのサイトを見たらこんな記事がありました。

プレスリリース

「公立はこだて大学 2 年連続CAMUI 型ハイブリッドロケットで模擬衛星打ち上げ」(PDF)

4. 日程
12 月8 日(土)。試験実施スケジュール(表1)参照願います。
5. 実施場所
十勝管内大樹町の実験領域(添付地図)参照願います。
6. 機体回収の方法
1および2機目:タイマーにより最高高度でCanSat を放出し、同時にパラシュートを放出する。
3 機目: 無線コマンドによりパラシュートを放出する。
パラシュート放出後は、3 機共に無誘導で地上で回収する。打上げ実施の風速制限により、機体回収位置はパラシュート開傘の成否に関わらず射点から半径1 km の範囲内に充分に納まる。
7. 安全対策
  1. 打ち上げ準備所 壁面に鉄板を配置した指令小屋を準備し、指令小屋内部から操作を行う。
  2. 保安距離 1000 m
  3. 風速制限 7 m/s 未満
  4. 仰角 80 度~89 度(風向と風速に応じて,事前の飛行予測計算を参考に決定)
  5. 立入制限(打上げ時) 作業者50 m もしくは作業小屋内,見学者200 m
  6. 事前説明 帯広空港,航空大学校,広尾警察,大樹消防,大樹町役場に,実験内容および安全対策について説明.釧路空港事務所に打上げ実験許可申請書を提出.
  7. 前日・当日の連絡 帯広空港,航空大学校(休日は連絡不要),広尾警察に,打上げの前日,30 分前,および打上げ完了後に電話連絡

まるで話が合わないですね。
「立入制限(打上げ時) 作業者50 m もしくは作業小屋内,見学者200 m」とあるのだから、20メートルのところにテントがあって、人が居たというのは報道の間違えではないかと思います。

逆に報道が正しいのだとすると、プレスリリースと実際にやっていることが違うことが問題になりますが、ではこのニュースは何を伝えたかったのだろうか?

テント破ったということが事件なのか、打ち上げに失敗したことが事件なのか?

ロケットの打ち上げに失敗するのはテストなのだから大いにあり得ることで、事件ではないでしょう。
そうなると「人の居たテントにロケットが落ちた」ことが問題なりますが、これがシェルターに落ちたのなら、これも問題にはならない。

だから必要なのは、正確な位置関係の説明こそが記事の中心になるはずで、それが全く無いのだからこの報道はやはりヘンですよ。

と思っていたら、サンケイ新聞に出ていました。「ロケットがテント直撃 北海道で発射失敗 中の8人無事

北海道大樹町の牧草地で8日朝、特定非営利活動法人(NPO法人)北海道宇宙科学技術創成センター(札幌市)の小型ロケット「カムイ」(全長約2・9メートル、重量約21キロ)の発射実験が失敗して機体が落下、近くのテントを突き破り、地中にめり込んだ。当時テント内にはスタッフら8人がいたが、けが人はなかった。

センターによると、学生が作った缶詰型の「模擬衛星」を上空1000メートル付近で放出した後、機体をパラシュートで落下させる計画だった。予定通り上昇したものの切り離し装置が作動せず、衛星の分離に失敗。パラシュートも開かず、発射台から約25メートル離れたテントを直撃し機体はばらばらになった。

同センターの伊藤献一副理事長は「電気回路などに問題があった可能性がある。原因の特定を急ぐとともに、今後はテントの設置場所を遠くにするなど安全対策の強化を進める」と話している。

ロケットは火薬を使わず、ポリエチレンと液体酸素のハイブリッド(混合)燃料を使用。従来の火薬式と比べ、打ち上げにかかる費用が10分の1程度で済む。火薬式より有毒ガスが少ないのも特徴。

民間の力で宇宙開発の市場を切り開こうと、道内の大学教授や学生、会社経営者らが協力し、大気の採取などを目指して実験していた。

こちらの記事では25メートルですね。
なんか、プレスリリースでの50メートルというのとは話が合いません。

12月 9, 2007 at 11:23 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17317033

この記事へのトラックバック一覧です: ロケット打ち上げ失敗?:

コメント

コメントを書く