« 実用的SSD? | トップページ | 三菱ふそうトラック前輪脱落死亡事故の判決 »

2007.12.12

議員が2ちゃんねるで相手陣営を誹謗中傷

東京新聞神奈川版より「ネット掲示板で名誉棄損 山北町議 町民の中傷書き込み 容疑で書類送検

インターネットの掲示板に町民二人の名誉を傷つける記載をしたとして松田署が名誉棄損の疑いで、茂木猛・山北町議(49)=民主公認、四期目=を書類送検していたことが十一日、分かった。

調べでは、町議は昨年七月の町長選で、当選した現町長を支持しており、相手方の前町長の陣営だった七十代男性と六十代女性について中傷する書き込みを昨年秋、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に行った疑い。

被害者の二人が今年三月に告訴し、同署は書き込みをしたのが茂木町議であることを突き止め、十一月二十日に書類送検していた。

茂木町議によると、掲示板への書き込みについて「ばかばかしいことや度が過ぎた品のない書き込みがあった。軽率で反省している」と話しており二人にも今月初めに謝罪したという。

同町には、大規模ごみ施設(エコループ)を誘致する計画があり、推進する前町長派と反対する現町長派が町を二分して対立。茂木町議は現職を支持していた。

町議会は十日、調査特別委員会設置を決めた。 (長崎磐雄)

ずいぶんと情けない話ですが「軽率であったのか」となると、神奈川新聞より「山北町議を書類送検

インターネットの掲示板に町民二人の名誉を傷つける記載をしたとして、松田署が山北町の茂木猛・民主党町議(49)を名誉棄損の疑いで書類送検していたことが、十日分かった。同日の山北町議会本会議でこの問題が取り上げられ、調査特別委員会が設置された。

同町在住の七十代の男性と六十代の女性が三月下旬に出した告訴状などによると、同議員は昨年秋ごろ、掲示板に二人の名誉を傷つける記事を投稿したという。

茂木町議は容疑を認めており、「度を過ぎた悪ふざけだった。反省している。非常に軽率だった」と話している。

茂木町議によると、同年春から今年一月まで五十~六十件の書き込みをしていた。このうち同署は男性、女性にかかわる各一件が名誉棄損容疑に当たるとして、十一月二十日に書類送検した。同町議は今月一日に二人に謝罪したという。

同町には、昨年七月の町長選をめぐるしこりが残っており、複数の関係者の話では、前町長派のチラシに現町長を批判する内容があり、現町長派の同町議は面白くないので投稿したという。

この日の町議会本会議で、議員の一人が出した名誉棄損事件に関する調査を求める動議を、賛成多数で可決。これを受けた議会運営委員会で調査特別委の設置を提案、賛成多数で可決された。

50~60回投稿した、のが軽はずみと言えるのか?というのは内容次第ではありますが、毎日新聞神奈川版より「名誉棄損:山北・茂木町議、容疑で書類送検 ネットに個人の中傷を書き込む /神奈川

◇ネットに個人の中傷を書き込む「悪ふざけが過ぎた」

インターネットの電子掲示板に匿名で個人を中傷する書き込みをしたとして、松田署が山北町の茂木猛町議(49)=4期=を名誉棄損容疑で横浜地検小田原支部に書類送検していたことが分かった。町議会は10日、「名誉棄損被疑事件に係る調査特別委員会」を設置した。茂木町議は取材に「悪ふざけが過ぎた。反省している」と容疑事実を認めている。

書き込みをされた同町内の女性(65)ら関係者によると、掲示板「2ちゃんねる」に昨夏以降、個人を特定できる当て字で、女性が「主婦売春をしている」などひわいな言葉が書き込まれた。また同町内の男性(74)も「児童買春で逮捕」などと虚偽の事実を書かれた。

中傷された2人は今年3月、被疑者不詳のまま名誉棄損容疑で県警本部に告訴した。プロバイダーなどを調べた結果、茂木町議ら2人の書き込みが分かったという。2人は容疑を認め、先月20日に書類送検された。

被害者2人は昨年7月に投開票された同町長選で、落選した前町長派の後援会幹部だった。女性は「町議が匿名で町民を中傷していたと知って、びっくりした。精神的ショックも大きく、絶対許せない」。男性も「我慢していたが、あまりにもひどすぎるので告訴した」と言う。

一方、茂木町議は取材に「非常に軽率な行為で反省している。関係者に迷惑をかけたことについて謝罪した」と話す一方、「目的がどうこうということはなかった」と、はっきりとした動機を答えなかった。【澤晴夫】

かなりひどいことを、長期間に渡って、繰り返し書き込んだ。
としか考えられないわけで、これが「軽率」とは思えないわけです。
「匿名だからバレ無いだろう」と考えて、書き込んだとと見るべきでしょう。

茂木猛議員は4期目ですから、すでに12年半の議員経験があるわけで間違えなく中核的な議員であり、実質的には幹部でしょう。
それがこのありさまです。

思想信条の自由といったものを最大限に重要視しても、匿名掲示板で追跡不可能と思うから誹謗中傷に当たる投稿を繰り返した、ではまったく擁護することもできないでしょう。
擁護する範囲に入らないような行為について「軽率だから・・・・」は言い訳というよりも「あんたバカだろ」としか評価できません。

政治的な争いもあるわけだから、刑事事件に相応しいのか?とは思いますが、議員として責任から大きく逸脱しているのは間違えなく、社会的な制裁措置としては議員あるいは政治活動に相応しくない人物として議員辞職を求める、といったあたりは必要でしょう。

12月 12, 2007 at 10:12 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17346810

この記事へのトラックバック一覧です: 議員が2ちゃんねるで相手陣営を誹謗中傷:

コメント

私の勝手な思い込みかもしれませんが、「軽率だった」のは「誹謗中傷したこと」ではなく「インターネットを使った」事だと、思ってはいないだろうか?

そう、インターネットは案外、「足が付きやす」く、「怪文書」にすべきだったと。

投稿: お代官 | 2007/12/13 11:09:51

>「軽率だった」のは「誹謗中傷したこと」ではなく
>「インターネットを使った」事だと、思ってはいないだろうか?

大いにありそうですね(^_^;)

投稿: 酔うぞ | 2007/12/13 11:12:18

一部議員が規定以上に購入名寄市議会・プレミアム商品券で
 【名寄】名寄市議会(黒井徹議長)は7日、市役所名寄庁舎で記者会見を開き、一部議員がプレミアム商品券を規定以上に購入していた事実を明らかにするとともに、市民に対して不信感を与えたことなどを謝罪した。
 プレミアム商品券は、6月22日に名寄商工会議所や風連商工会などで構成する実行委員会が発売。1セット1万円で販売し、プレミアム率は25%。1世帯に付き3セットまでの規定とし、購入の際は市広報紙の持参が必要だった。
 記者会見は黒井議長と佐藤靖副議長により開催。規定以上にプレミアム商品券を購入していたのは高橋伸典議員(公明)と塩田昌彦(市政クラブ・新緑風会)で、両議員ともに同席した。[ 2015-12-07-19:00 ]名寄新聞掲載より抜粋 http://www.nayoro-np.com/news/

投稿: tajitaji | 2015/12/09 20:57:12

コメントを書く