« ATMを盗撮 | トップページ | 参議院神奈川選挙区小林議員の選挙違反裁判・結審 »

2007.11.22

技能五輪の謎

日刊工業新聞より「第39回技能五輪国際大会が閉幕、日本「金16個」獲得で首位

【静岡】日本は2大会連続で金メダル数首位―。
静岡県沼津市で開かれた「第39回技能五輪国際大会」は21日、同市の「キラメッセぬまづ」で行われた閉会式で競技結果が発表された。日本は種目8連覇となる「ポリメカニクス」の畑弾手選手(セイコーエプソン)、「CNC旋盤」の藤本アキラ選手(日立ハイテクノロジーズ)らが金メダル16個を獲得し、前回(05年)のフィンランド大会(金5個)に続いて金メダルでトップとなった。金16は70年の第19回東京大会の17個に次ぐ好成績。「モノづくりニッポン」は完全復活を遂げた格好だ。(技能五輪特別取材班)

日本の最大のライバルである韓国は金メダル11個で国・地域別で2位となり、3位は5個のフランスが食い込んだ。

22歳以下(一部種目を除く)の世界の若者がモノづくりの技を競う技能五輪国際大会は46カ国・地域から選手816人が参加し、15―18日の4日間競技が繰り広げられた。日本開催は85年の第28回大阪大会以来22年ぶり。第38回フィンランド大会で金獲得トップの座を71年の第20回スペイン大会以来34年ぶりに奪い返した日本は今回、過去最多の47職種に総勢51人の選手団を送り込んだ。

日本勢は「ポリメカニクス」の畑選手、「CNC旋盤」藤本選手のほか、「CNCフライス盤」の海老根章友選手(日立ハイテクノロジーズ)、「情報ネットワーク施工」の山口雄基選手(協和エクシオ)、「電子機器組立て」の清水輝選手(日産自動車)、「構造物鉄工」の坂本昭仁選手(日立製作所)、「抜き型」の安達裕喜選手(デンソー)、「木型」の今嵜智也選手(トヨタ自動車)らが主要モノづくり競技でまんべんなく金をとった。

また、「洋菓子製造」の大島千奈選手(にいがた製菓・調理師専門学校えぷろん)、「造園」の早乙女彰将・渡邉久美奈選手(小杉造園)も同種目で日本初の金メダルに輝いた。日本の若者の底力を見せた。

銀メダルでは、惜しくも金を逃した「配管」の遠間潔寿選手(千代田設備)、「製造チームチャレンジ」のチーム・デンソーなどで5個を獲得。銅メダルは3個で、パソコンのトラブルに悩まされた「機械製図CAD」の大須賀孔明選手(日立ハイテクノロジーズ)も必死に追撃し、見事メダリストに輝いた。

【次回大会、カナダ・カルガリーで開催】

次回の第40回技能五輪国際大会は09年にカナダ・カルガリーで開かれる。閉会式にはカナダ大会の公式マスコットである農耕馬の「タグ」(雄)と「テス」(雌)の着ぐるみも登場し、愛嬌を振りまいた。また、閉会に先立って、大会旗が次回開催国のカナダに引き継がれた。

この記事を読むとなんの疑問もなく「首位」を受け入れてしまいますが、韓国KBSの記事にこんなのがありました「韓国4年ぶりに総合優勝、国際技能オリンピック

今月14日から日本の静岡で開かれていた第38回国際技能オリンピックで、韓国は4年ぶりに総合優勝しました。

21日に閉幕した国際技能オリンピックで韓国は、47職種のうち42職種に47人の選手が出場した結果、金メダル11、銀メダル10、銅メダル6で総合得点88点を獲得し、総合成績で1位になりました。 2位は74点の日本、3位は55点のスイスでした。

韓国が金メダルを手にした職種は、板金加工、溶接、配管、ウェブデザインなど11の分野です。 韓国の総合優勝は、2003年以来4年ぶりで、1967年に初参加してから、15回目になります。

へ~と思って改めて「技能五輪公式サイト」を今頃になって探しまたが、これが良く分からない。
結局これだった「SKILLS 2007 2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」全く自慢にならないのですが、 静岡県の作ったページ「2007年ユニバーサル技能五輪国際大会」ばかり見てましたよ。
そもそも検索ワードを「技能五輪」にすると本家のサイトが引っかからない。

ようやく、こんな発表を見つけました。

2007/11/21 ・技能五輪国際大会の競技結果(職種別)
・ 技能五輪国際大会の競技結果(国・地域別数)
・ 大会参加者数及び来場者数
・ 大会参加選手数、参加国 技能五輪国際大会
2007/11/21 ・技能五輪国際大会の競技結果が出ました。(Worldskills International site)
2007/11/16 ・国際アビリンピック 17日の競技結果が出ました。[エクセル]

なんというか、広報のレベルとしては「完全に失格」でありまして、その結果としてニュースとしても日本国内と韓国というか世界レベルで違ってしまっています。

公式の競技結果は「職種別」と「国・地域別」なのですから、報道もフォーマットに沿ったニュースにするべきでしょう。
インターネット時代の技能五輪主宰は失敗でありました。

11月 22, 2007 at 09:51 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17150808

この記事へのトラックバック一覧です: 技能五輪の謎:

» 技能五輪国際大会 日本、単独世界一  国際アビリンピックは金12個 トラックバック 女医^^遊佐奈子のお気楽!
第39回技能五輪国際大会 日本、単独世界一 金メダル、16職種で18人−−36年ぶり 第7回国際アビリンピック(障害者の技能五輪)が閉幕 日本勢「金」は12個 嬉しくて... 続きを読む

受信: 2007/11/23 1:17:16

コメント

今のスポーツ界、特にマスコミが絡んだ競技では歴然として「金を取らねば代表に非ず」ですが、ついに技能の世界でもそんな報道がまかり通るようになってしまったですか。銀も銅もどこかへ消え、忘れ去られてしまう。でも、メダルのためにチームを組み、さらに彼らを支える大勢のエンジニアがいて、そこから生まれる技術が非常に多く、かつ重要な技術。当然、トータルで評価すべきなのにそれができない。なぜ?。静岡県の発表方法など、広報以前の問題かと・・・。

技能まで短絡的にしか評価できなくなったら、技術の「海外流出」・「伝承」等の切羽詰まった問題など、どうやって問題提起し、解決策を見いだせる報道・施策ができるのだろうか。

投稿: 昭ちゃん | 2007/11/22 11:33:42

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
技能五輪、いろいろな技能が披露されたようですね。
せっかくのすばらしいイベントがあまり知られないで終わってしまうのはもったいないですね。
私たちも、テレビなどではなかなか報道されないようなことも、インターネットの中でお伝えしていけるようになっていきたいと思いました。
貴重な提言をありがとうございます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007/11/22 15:03:44

一応「国際オリンピック」の名称を使える大会なんですね。

その広報がインターネット上で事実上で来ていないのは大問題といって良いでしょう。

検索しても引っかからないし、pdfの資料だってほとんどネット上で応用できません。

どういう人間が、サイトを運営していたのか?責任を追及してちょうど良いというくらいレベルですよ。

投稿: 酔うぞ | 2007/11/22 16:36:37

いつも見させていただいています。
この件なのですが、リンク先サイト含めていろいろ見ましたが、エントリに書かれている意味がよくわかりません。

>公式の競技結果は「職種別」と「国・地域別」なのですから、報道もフォーマットに沿ったニュースにするべきでしょう。

これなのですが、「職種別」はそれぞれの競技ごとの結果を表示していて、「国・地域別」は金・銀・銅・敢闘賞の個数を単に国ごとに表示しているだけにすぎないと思います。
つまり、
「職種別」は人名まで含んだ詳細データ
「国・地域別」は国ごとのメダル取得数サマリー
こういう位置づけのように見えます。

日本は金の個数では参加国・地域では首位です(職種別でカウントしても16です)。記事はそういう書き方になっています。

韓国の報道では、総合得点という書き方になっています。これがわからなかったのですが、多少謎が解けました。

(pdf)
http://www2.worldskills.org/web/site/index.php?option=com_docman&task=doc_download&gid=2074

ここを見ると総合得点88点というロジックがわかります。
金:4 銀:3 銅:2 敢闘:1 で計算しています。
しかし、ここでまたわからないのは、メダルの個数そのものが違うのです(笑)。

[日本の報道、http://www.skillsfestival2007.or.jp/jp/index.html の結果、韓国の報道]
日本 金:16 銀:6 銅:3 敢闘:8
韓国 金:11 銀:10 銅:6 敢闘:13

[上pdf、つまり http://www2.worldskills.org/web/site/index2.php?option=com_results&task=show では]
日本 金:12 銀:4 銅:3 敢闘:8
韓国 金:10 銀:9 銅:5 敢闘:11

ここで 4,3,2,1 で計算すると、日本74点、韓国88点となり、韓国の報道の総合成績と一致します。

正直なにがなんだかわかりません。
個別データを突き合わせれば謎が解けるとは思いますが、そのうち訂正出るような気もしますのでとりあえずこのへんで。
受賞者がかぶっててそのぶんはノーカウントとかなんでしょうかね...

長文失礼しました。

投稿: nni | 2007/11/22 17:36:55

あ~そういう事ではなくて

日本の報道と韓国の報道がなぜずれたのか
さらには、なんでこういう情報がネット上で採れないのか?ということを問題にしたのです。

だから「広報の仕方」が問題だ、ということ意味です。

投稿: 酔うぞ | 2007/11/22 18:36:31

ピタゴラスの定理はいくつ知っている

・・
「ピタゴラスの定理はいくつ知っている?」とエルデシュ。
「ひとつ」
「ぼくは三七知っている。直線上の、加算集合を作らない点というのを知っているかい?」
・・
(「放浪の天才数学者エルデシュ」 ポール・ホフマン著 P66)

上記のごとくピタゴラスの定理でも互いに矛盾しない三七通りの説明が可能なので、同一の記録に基づく互いに矛盾しない説明は説明者の数ほど作れる可能性があります。

従って問題はどのような説明をしても一意なデータに帰着するような発表方法を工夫する事になります。

個人的な意見ですが、「・・技能五輪が広く知られたのは、'97年のスイス大会がNHKのドキュメンタリー番組で放映されてからです。この時、精密機械組立部門に出場したデンソーの田上俊一選手が課題図面の誤りをただ一人発見し、金メダルを獲得。若き技能者のレベルの高さが視聴者の感動を呼びました。・・」は見ごたえがありました。
(https://www.denso.co.jp/ja/csr/report/2003/00_col.html)

この時、田上 俊一(たのうえ しゅんいち)選手は誰よりも遅くまで設計図を検討していて、どの選手よりも先に製品を完成させました。と言う事は頭の中で製品を作っていた事を意味します、他の選手は与えられた時間についての見通しを持たないのでとっくに作業にかかっていました。自前の工具類を三千種類くらい持ち込み、現地の気温・湿度・高度(気圧)等と材料の材質を勘案して設計図上は同一の寸法になっている軸と軸受けの、設計図からは読み取れない遊びの量を決定していました。

また見学の女の子がボーイフレンドに精密機械なのになぜ田上俊一選手がバイスに部品をはさんでヤスリがけしているのかを質問しているらしいショットも捉えており印象的でした。精度の限界を極めた事の無い普通の人は、よく訓練された人間がどれほど精密な機械なのか直感的に把握できないのは当たり前で、精密な機械としての人間を見て人間らしい反応をしているなあと私は感じました。

投稿: 田吾作 | 2007/11/22 23:07:40

 '97年スイス大会は、非常にドラマティックな大会でした。韓国や台湾が強くなり、ドイツやスイスといった国々でのマイスター復興が重なった大会でした。
 この状況下で、日本がほぼ全敗し、技術立国日本の不安の中で得た田上選手の金メダルだったと思います。
 今回の大会では、日本企業の台北選手も参加していますから、企業にとっての国という感覚は難しくなっているかも知れません。
 広報に関しては、静岡県のページが、情報量の少ない中で、健闘していたと思います。公式ページという言い方がされていますが、私的に今回の大会に関しては、主催ってどこだっけ?というのが感想だったりします・・・船頭が多いと船は山を登るんです。

投稿: Nari | 2007/11/24 11:57:01

私もnni さん11/22 17:36:55と同じ感想を持ちました。
種目別結果表のHM1からHM5までを韓国はカウントしていないのではないでしょうか。
銅メダルの数でそう見当をつけてみました。

だとすると、発表のしかたではなく、韓国の報道の問題ということになりますね。

投稿: TRJ | 2007/11/25 10:48:27

技能五輪の別の側面に関する意見が以下の資料に述べられています。

日本人の技能は「やばい」のではないか?
金メダル16個──でも情報系にはまったく弱かった

http://www.ohmynews.co.jp/news/20071129/17886

投稿: 田吾作 | 2007/12/03 13:52:04

φ(..)メモメモ

一方、労働意欲を高めようと作った施設の破綻が・・・。

京都新聞電子版2007年12月3日(月)http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2007/11/post_f8c3.html
>渡辺行改革担当相と舛添厚労相が、雇用・能力開発機構(横浜市)が開設し、赤字運営が問題となっていた職業体験施設「私のしごと館」(京都府精華町・木津川市)を廃止することを明言した。

2003年に約580億円かけてオープン、毎年の赤字が20億。580+20×4=640億の無駄遣い。
廃止すれば責任とったことにはならないけど、これで幕引きしても原資は戻ってこない。

投稿: 昭ちゃん | 2007/12/04 1:26:56

コメントを書く