« パキスタンで戒厳令 | トップページ | ネットいじめではなくて、いじめのネット利用だよ »

2007.11.04

スカイマーク機内でカート暴走

朝日新聞より「スカイマーク機、着陸時にカートが動いて客が足を骨折

3日午後7時15分ごろ、スカイマークの神戸発羽田行きボーイング767―300型機が着陸時、飲み物用のカートが動いて乗客2人にぶつかった。
44歳の男性は右足の骨が折れる重傷で、47歳の男性も左肩に軽いけが。東京空港署が業務上過失傷害の疑いで捜査するとともに、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会も4日、調査官2人を派遣する。

調べでは、客室最後部にあった重さ44.5キロのカートが着陸時の衝撃で動き出し、約13メートル走行した。カートは、車輪のストッパーのほか、本体を機体につなぐ留め金もある構造という。

あのカートは、ロッカーのようなところに収容してロックするような構造じゃなかったっけ?
脱出用シュートが自動的に展張するように操作するのも客室乗務員で、客室乗務員はしっかりした操作が必要なのだけど、ここらへんが怪しくなってきているのだろうか?

11月 4, 2007 at 12:23 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16970014

この記事へのトラックバック一覧です: スカイマーク機内でカート暴走:

コメント

カートには所定の場所に収納したらロックが掛かって動かない様な仕様だった筈。
きちんと収納されないまま、確認もされていなかったのなら人的ミス。
収納されたのにロックが外れたら整備ミス。
どちらに転んでも危機管理が不完全なことに変わりはありません。

スカイマークは「機内の清掃すらきちんと出来てない」という内容の写真入りブログを先日見たばかりなのですが、そのブログを含めて見知った範囲では、上記の両方とも「あって不思議でない」評判が多い。
輸送業界全般に言えるんですが、最近手抜きに起因する事故が多すぎます。

投稿: wader | 2007/11/04 13:22:25

コメントを書く