« パキスタン・戒厳令までの様子 | トップページ | 情報ネットワーク法学会・新潟大会 »

2007.11.08

ミャンマー・国連に反発

CNN.co.jp より「ミャンマー軍政、スー・チー氏交えた3者協議を拒否

ヤンゴン──ミャンマー軍事政権は6日、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏を交えた協議を拒否し、「大国のごう慢さ」に屈しない姿勢を強調した。
同国を再訪問したガンバリ国連事務総長特別顧問は、軍政トップのタン・シュエ国家平和発展評議会議長との協議が実現しないまま、8日に出国する可能性が高くなってきた。

ガンバリ顧問はミャンマーの政治改革と、軍政および民主化勢力との和解を推進するため、スー・チー氏と軍政代表、自身の3者協議を提案していた。

軍政はスー・チー氏と対話する条件として、経済制裁の支持撤回を求めている。ただ、国営紙「ミャンマーの新しい灯」が情報当局者の発言として伝えたところによると、同氏はこの問題について軍政側に回答していない。

一方、潘基文国連事務総長は、ガンバリ特別顧問の再訪による事態進展がないことに懸念を表明。
潘事務総長は同顧問に対し、スー・チー氏との面会や、デモ制圧で拘束された仏教僧や学生らの釈放を実現し、民主化に向けた必要措置を実施するようミャンマーに圧力をかけるよう求めたという。

こうしたなか、国連人権理事会のピネイロ特別報告者(ミャンマー担当)は6日、軍政の許可を受けて、11日から5日間の日程でミャンマーを訪問すると発表した。ピネイロ氏の同国訪問は2003年以来。

ミャンマー政府は、ミャンマー国内の国連職員に対して外交官としての身分の更新の拒否などで事実上のを追放を始めていて、どんどんと鎖国状態になりつつあるようです。

中国との関係さえ維持出来れば国際社会に止まる理由はないといった感じなのかもしれません。
いまや何十年か前の北朝鮮並みの謎の国家になりつつあるところですが、中国政府の政策としてミャンマーが現状の方向であることを将来も是認すると必ずしも言えないのではないか?と感じます。
中国政府の庇護の元に現政権が、将来の中国政府の方針転換でミャンマーの政権転覆、国内争乱といったことも予想されるところで、かなり心配な要素でしょう。

国連がうまく状況をコントロールできるのかが、評価されるところかもしれません。

11月 8, 2007 at 09:29 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17011477

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー・国連に反発:

» ブログを登録 トラックバック ある物理屋のつぶやき
ちまたでは普通の媒体になってしまった,ブログをようやく登録しました.日本物理学会 続きを読む

受信: 2007/11/09 13:31:31

コメント

かつて中国はポル・ポト政権の最大の支援勢力になっていました。彼らにとって、親中政権でありさえすれば、内政がどうだろうが、関係ないんでしょう。インドシナ半島に拠点を築けさえすればよい。

投稿: Inoue | 2007/11/08 13:00:53

こんにちは.
ようやく,ブログなんかを登録しました.
http://hrgy.cocolog-nifty.com/blog/
トラックバックの送り方,などこれから調べます.
奥手なときは,奥手ですね.^^;

投稿: hrgy | 2007/11/09 13:12:21

トラックバック,成功ですね.
練習に使わせて頂きました.

投稿: hrgy | 2007/11/09 18:21:26

コメントを書く