« エアバス社で大型機暴走 | トップページ | F2墜落事故の原因と問題その2 »

2007.11.18

白河高校・既卒生の必修漏れが発覚

福島民友新聞より「白河高、未履修隠ぺい 不正承知で教員ら

県教委は16日、白河高(遠藤教之校長)の昨年度の3年生全員317人が、必修科目の情報A1単位を履修せずに卒業し、このうち109人は日本史B4単位も履修していなかったと発表した。

受験対策として別の教科の授業を行っていたためで、本年度の3年生も情報Aで同様の履修不足が発覚した。授業を行っていた教員らが不正を知りながら「言い出せなかった」と隠ぺいしていたことが原因といい、遠藤校長は「大変申し訳ないことをした。未履修は把握していなかった」と釈明した。

県教委は卒業生について「生徒に責任はない」と、卒業認定に影響はないとした上で、進学先などに理解を求めていく方針。現在の3年生に対しては、授業を組み替えるなどして今月末までに不足分を履修させる。

また、これまでの調査が不十分だったとして、県内すべての普通科の高校を調査する。「昨年の調査が不十分だったことは申し訳ないが、(未履修を隠ぺいしていた)学校は許し難い」と今後、関係者の処分を行う方針。同校では昨年11月、2、3年生計157人の家庭基礎1単位の未履修が発覚し、遠藤校長が戒告の懲戒処分を受けている。

校長「迷惑掛け申し訳ない」

白河高の遠藤教之校長と大岡清一教頭は16日、白河市役所で記者会見を開き、遠藤校長は「生徒、保護者にご迷惑を掛け、大変申し訳ない」と謝罪した。

遠藤校長は「大学受験を控える生徒のことを思う一心で担当教諭が行ってしまったことと認識している」と弁明した。今後については「校長の職務を全うするとともに、保護者、卒業生への事情説明などを通し、おわびをしていきたい」とした。

昨年の今頃、日本中の高校で同様の問題が発覚して、冬休み中に授業をやったり3月末に修業後にさらに授業したりして、つじつまを合わせていました。

福島県立白河高校では、その時点でも履修偽装を認めずに卒業させたということですね。

県教委は「生徒に責任がないから卒業認定に影響はない」という判断だと言うのですが、それはあまりに乱暴じゃないのでしょうかね?
必修科目を設定しているのは文科省であって、各地の教育委員会や学校が判断できるのは、必修科目の組合せや選択科目であって、必修科目を履修していないという事実は生徒一人ひとりに残るし、必修科目を履修しないことが卒業認定に影響しないというのでは「必修」にならないだろう。

「昨年度の3年生全員」ということは、生徒一人ひとりを特定されてしまうわけで、浪人などで今度(来年度入学)を目指して大学に願書を出した場合に大学が「履修が完了していないから、受験資格がない」としたら、教育委員会や白河高校はどうするつもりなのだろうか?

「白河高校PTAが労働争議で解散」でも問題の解決を後に延ばすという姿勢が見えたと感じましたが、いったいどうするつもりなのでしょうか?

事は「高校卒業の資格」の問題であって、いくら学校や教育委員会が「卒業資格があります」と書類を書いても、報道されてしまったのでは世間は「正式に卒業したとは言えないだろう」と判断するでしょう。
必要なのは、この部分をなんとかすることであって「迷惑を掛けた。ゴメンなさい」ということでは、問題解決のとっかかりにすらたどり着いていない。

11月 18, 2007 at 10:41 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/17106370

この記事へのトラックバック一覧です: 白河高校・既卒生の必修漏れが発覚:

コメント

 問題の本質がどこにあるのかは難しい問題ですが、昨年の未履修騒動の渦中にいた者からすれば「すごい度胸だな」の一言に尽きます、悪い意味で。もし記事の通り「未履修は把握していなかった」のなら、こういう管理職でやっていけるとは、なんて良い土地柄だろうと感じます、皮肉ですが。
 情報という教科そのものが孕む問題点は担当教員(講習で促成された俄担当ですが)として色々と思い当たりますが、それとこれとは話が別だろうとは思います。だいたい他の教科でもやってるし。

>大学が「履修が完了していないから、受験資格がない」としたら

 これを考えるから、制度や事態に不満がある者も無い者も(当然の事ですが)等しく、保護者と生徒に謝罪をして、何十時間も補習をして(参加してもらって)、履修までこぎ着けたわけです。
 昨年度、すでに卒業した生徒は不問に付したのと同様、この件も卒業生が救済されることを祈りますが、果たしてどうなるんでしょう。

投稿: miya.h | 2007/11/18 23:13:19

つくば市の高校でも,高校生に聞けば公然と未履修状態であるんだけど,新聞には名前が出なかったという例はあるので,昨年発覚したのはまだ一部だったのか.

履修状態なんか,街の本屋の参考書コーナーに行って,教科書ガイドで「○○高校1年用」とか品揃えの張り紙を見れば,簡単に推測できちゃうんだよね.また,高校の文化祭にもぐりこめば,実力テストの解答と解説が掲示してあったりして,その学年では何が教えられているか,結構わかるものです.

投稿: hrgy | 2007/11/19 12:04:47

白河高校は校長も教頭も社会科の教員。さらに昨年度の教務主任も社会科です。彼ら全員が知らないなどということはあり得ません。まちがいなく学校ぐるみでしょう。PTA解散問題でも事実をねじ曲げて保護者をねじ伏せた校長ですから、記者会見などお手の物でしょう。私も現場の教員ですが、腹が立つのは校長が責任を現場の担当者に押しつけて、自分は関知しないという態度をとっていることです。「責任はすべて私に」とでも言えば、職場もついていくでしょうが、白河の教員たちはかわいそうです。こういう校長は免職で良いと思いますが、皆さんどう思われますか?

投稿: Ama | 2007/11/20 22:24:52

町村先生のブログにこんな記事が出ていました。
これこそが、白河高校・教育委員会が行うべき事です。

http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2007/11/arret_e964.html

    要するにその場しのぎの嘘をいうのではなく、
    正直に丁寧に説明して、
    それでもダメなら紛争解決機関に解決を委ねる
    という当然のことを要求しているわけである。
    いわゆる毅然とした態度というわけである。

投稿: 酔うぞ | 2007/11/20 23:06:39

コメントを書く