« ニチアスは会社と言えないだろう | トップページ | 円天・L&Gに保全命令 »

2007.11.01

鹿の居るマンション

サンケイ新聞より「マンションでエゾシカと2時間にらみ合い

札幌市白石区菊水にあるマンション(11階建て)の1階廊下に1日、エゾシカ1頭が迷い込み、警察や地元猟友会が出動、約2時間の“にらみ合い”の末、取り押さえる騒ぎがあった。

札幌市などによると、体長約1.7メートル、体重約120キロの鋭い角を持つ雄。同日午前、マンション1階の窓ガラス3枚を角で突き破り、廊下に迷い込んだ。

タイミングを計っていた白石署員や猟友会メンバーが同日午後、暴れるシカの足を十数人がかりでロープで縛り、捕獲。市内の動物園で一時保護された後、鳥獣保護区域に返された。

このエゾシカは前日の10月31日午後、隣接する豊平区の斎場裏にいるのが見つかり、市職員らが捜したが、行方が分からなくなっていた。

現場はJR札幌駅の南東約1.5キロのマンションなどが集まる住宅街で、約100人が成り行きを見守った。近くに住む会社員の女性(27)は「この辺でシカを見たのは初めて。一体どこからきたんでしょう」と首をかしげていた。

記事には、廊下に立っているエゾシカの写真がありますが、思いっきりデカイです。
いや~立派な角だわ。

11月 1, 2007 at 08:38 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16944206

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の居るマンション:

コメント

死んでしまったようですね。この鹿
http://www.stv.ne.jp/news/item/20071102192714/
ケタミン麻薬化で懸念されていた問題でしょうか

投稿: masa | 2007/11/05 12:34:24

masa さん

TVのニュース映像で見ていたらすごい様子だったから「こりゃ大丈夫か?」と思っていたら「放すところで死亡」でした。

それにしても、なんとも杓子定規で東名の伊勢原には「動物注意」なんて看板が出ているくらいで、動物用の麻酔の使用なんてのは、細かに自治体レベルでコントロールするべきでしょう。

なんかこんなところに日本の「制度疲労」を感じるんです米。

投稿: 酔うぞ | 2007/11/05 18:08:28

コメントを書く