« 行政が削除請求 | トップページ | 核弾頭行方不明 »

2007.10.20

ロシアの爆撃機基地

NHKニュース(動画)より「ロシア 長距離爆撃機基地公開

公開されたのは、ロシア南部サラトフ州、エンゲルスにある国内最大の長距離爆撃機の軍事基地です。

この基地では、長距離爆撃機の離発着の訓練が昼夜を問わず繰り返し行われていました。
この基地を離陸した爆撃機は、北極海を経由してイギリス北方の沖合まで13時間かけて往復します。
このほか、ロシア各地の空軍基地でも長距離爆撃機が24時間態勢でパトロール飛行を再開したということで、アメリカに並ぶ、軍事大国ロシアの復活を内外に印象づけるねらいがあるものとみられています。

これに対して、イギリス空軍の戦闘機がことし8月、スクランブル発進するなど、欧米では、ロシアが冷戦時代のように軍事的な緊張を高めているという批判が強まっています。
ロシア軍としては、異例の軍事基地公開で透明性をアピールして欧米の批判をかわす一方で、ロシアが軍事的な存在感を着実に回復しつつあることを示すねらいもあるものと見られます。

さっそくGoogle Earth で見に行きました(^_^;)

Up_2

ちゃんと大型爆撃機ツポレフ TU160 が居ますね。
もっとも、滑走路一本だけなのでそれほど巨大基地とも言えませんが。
測ってみると、滑走路の長さは3500メートル、基地全体としては一辺が20キロの三角形のようです。
北緯51度28分45秒、東経46度12分52秒あたりです。

ボルガ河沿いで、河幅が広いところでは10キロぐらいあります。

Google Earth はすごいなあ。

10月 20, 2007 at 11:10 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16815699

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの爆撃機基地:

コメント

コメントを書く