« 出会い系サイトの規制なんて有効ではない | トップページ | ゆとり教育は間違っていない論 »

2007.10.29

SASでボンバルディア機を運行停止

NHKニュースより「ボンバルディア機の運航中止

スカンジナビア航空が使用の中止を決めたのは、カナダのボンバルディア社のDHC8型機で、先月、デンマークとリトアニアで着陸の際に事故を起こしたのに続いて、27日にもデンマークのコペンハーゲン空港で着陸の際、車輪が十分に出ないまま緊急着陸するトラブルがありました。

これを受けて、スカンジナビア航空は28日、緊急の幹部会議を開いた結果、「DHC8型機の信頼が著しく低下し、利用客も疑いを強めている。
このままではわが社のブランドが傷つけられるおそれもある」として、DHC8型機の運航をすべて中止することを決めました。

スカンジナビア航空は、事故を起こした同型機27機を主にヨーロッパで運航していますが、今後、運航を取りやめる便については、別の便の予約や払い戻しで対応することにしています。

ボンバルディアDHC8型機は日本でもことし3月、高知空港で全日空グループが運航する同型機が胴体着陸するなど、各地で事故やトラブルが相次いでいます。

朝日新聞の記事によると、

「DHC8―400型機」の使用を今後中止する、と発表した。
SASは保有する27機の使用を停止し、リース機などで対応する。「400型機の使用はSASのブランドを損なう恐れがある」としている。

となっています。
一月で二回の同じようなトラブルでは、運行停止という判断は経営的には正当でしょう。

今のところ、色々なトラブルがバラバラに起きていますが、運行する航空会社にとってはトラブル発生自体がとんでもないことだし、そうでなくても顧客(マーケット)の評判も大事です。
世界レベルで、一気に運行停止になるかもしれません。

全機運行停止といった全社的な問題に拡大してしまうことを考えると、保険という意味では、何事も過度に集中させないことも重要ですね。

10月 29, 2007 at 10:36 午前 もの作り, 事故と社会, 海外の話題, 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16907818

この記事へのトラックバック一覧です: SASでボンバルディア機を運行停止:

» ( ボンバルディアDHC8 )についての最新のブログのリンク集 トラックバック クチコミコミュニケーション
ボンバルディアDHC8に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… 続きを読む

受信: 2007/11/16 6:40:44

コメント

 不安心理の問題は理屈じゃないですからね。
 特定機種に不具合が見つかったからって、それが一斉にアクシデントをおこすわけじゃない。機体の製造時期、使用頻度、環境によって、かなりバラけて出てくるでしょう。だから、特定機種を全面的に飛行停止にする必要はまったくなく、リスクの高い機体から先に改修していけばいいのですが、それじゃ乗客は不安がって乗ってくれない。
 B777がいかに優秀な機体だろうと、それだけで固めるのはリスクが大きすぎる。

投稿: Inoue | 2007/10/29 14:43:37

コメントを書く