« 白河高校PTAが労働争議で解散・番外編 | トップページ | 著作権延長についての議論 »

2007.10.15

紀元会・集団暴行殺人事件

NHKニュースより「女性死亡 信者が集団暴行か

捜索を受けているのは、長野県小諸市の宗教法人「紀元会」の本部です。

先月25日の未明、長野県小諸市の自営業、奥野元子さん(当時63歳)が全身に暴行を受けて病院に運ばれて死亡しましたが、警察は、同居していた夫や娘ら家族4人が「すし店の経営をめぐってけんかになり、家族で暴行した」と供述したことなどから、家族4人を逮捕し、傷害致死などの疑いで調べていました。

しかしその後の調べで、死亡した奥野さんと逮捕された家族が入会している「紀元会」の信者が集団で暴行していた疑いがあることが家族の供述などからわかりました。暴行は、宗教団体の集会で、団体の幹部の指示で行われたとみられています。

長野県警察本部は、傷害致死の疑いで15日午前7時前から「紀元会」の本部を捜索するとともに、暴行に加わった信者を同行し取り調べることにしています。

また、幹部や信者の女およそ20人を取り調べて、容疑が固まりしだい逮捕する方針です。

「紀元会」は昭和45年に設立され、関係者などの話では、長野県外にも複数の支部があり、本部での集会には多いときは数百人の信者が集まっていたということです。

これだけではどういうことなのか判然としませんが、読売新聞によると「長野の宗教法人施設を捜索、集団リンチで女性死亡容疑

長野県小諸市の宗教法人「紀元会」の女性会員(当時63歳)が今年9月、同会施設内で集団リンチを受けて死亡していた疑いが強まり、県警は15日、同会を傷害致死容疑で捜索を始めた。

県警は当初、家庭内でのトラブルが原因で女性を暴行して死亡させたとみて、同会会員である家族4人を逮捕したが、その後の捜査で、4人の自供は組織内での集団リンチを隠ぺいするのが目的だったとみて強制捜査に乗り出した。

死亡したのは、同市荒町、すし店経営奥野元子さん(当時63歳)。

県警によると、同会の施設内では9月24日夜から翌25日未明の間、会員が集団で元子さんを踏みつけるなどの暴行を加え、全身打撲により死亡させた疑いがあるという。元子さんの長女(37)らが、施設から元子さんを市内の病院に搬送した。

病院からの連絡で捜査を始めた県警の調べに対し、家族4人は「自宅で(元子さんと)けんかになり、殴ったらぐったりした」などと供述。県警は4人を傷害容疑で逮捕し、同致死容疑で送検。
その後の調べで、4人の当初の供述が虚偽だったことが判明した。

2007年9月26日の読売新聞は

小諸署は25日、小諸市に住む女性を殴り、けがを負わせたとして、この女性と同居する家族の男女4人を傷害の疑いで逮捕した。女性は運ばれた病院で亡くなった。死因は全身打撲。同署は傷害致死事件とみて、詳しく調べている。

調べによると、亡くなったのは同市荒町、すし店経営奥野元子さん。逮捕されたのは、元子さんの夫で、すし店従業員、長女、二女、二女の夫。4人は「ケンカになって、殴ったらぐったりとしてしまった」などと話しているという。

調べでは、4人は同日午前0時から同1時半ごろまでの間に、元子さんの顔面や両腕、両足などを殴るけるなどして、けがを負わせた疑い。長女が病院に運んだが、死亡が確認された。

恐ろしいことに送検後の捜査で、供述が虚偽であり宗教団体の集団リンチだと発覚したわけですが、家族5人全体がこの宗教に加入していて、

宗教集団の言いなりに警察に供述

したということでしょう。

まさにカルト宗教殺人事件そのものであって、詳しく解明することが必要です。
カルト問題に若干とも関わって勉強していくと、家族関係を否定する、社会生活を否定するといったところはほとんど共通で、多くの場合は法律も否定しています。

その極端な現れが、今回のようにリンチ殺人であり、もっと凶悪になるとオウム真理教の無差別テロ攻撃も出てきます。

わたしは、このような極端な事件にいたる以前に、上記の細かい反社会的な主張を団体として具体化していく時点で社会は厳重に注意をすることが必須であると考えています。

10月 15, 2007 at 10:15 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16766430

この記事へのトラックバック一覧です: 紀元会・集団暴行殺人事件:

» 女性リンチ死で、15〜80歳の女性20人(宗教「紀元会」信者)逮捕 トラックバック 美容、健康、ファッション、その他時事ニュースとそれらのネット上の意見を集めて整理
 長野県小諸市の宗教法人「紀元会」の会員ですし店経営奥野元子おくの・もとこさん(63)が、同会施設内で集団暴行を受け死亡した疑いが強まり、長野県警は十五日、傷害致死容疑で、紀元会の会員ら未成年を含む計二十人を逮捕した。県警は同日早朝から、紀元会本部など県内数カ所を家宅捜索、捜査本部を設置した。  県警は九月、自宅で暴行したと話した夫の和宏かずひろ容疑者(35)ら家族四人(紀元会会員)を傷害容疑で逮捕、傷害致死容疑に切り替え調べていたが、暴行は紀元会施設内で行われ、幹部らもかかわった疑いが浮上、同会... 続きを読む

受信: 2007/10/16 6:19:16

» 紀元会リンチ現場に会員ら50人以上、犯行誰も止めず トラックバック 時事ねたブログのまとめサイト!
長野県小諸市の宗教法人「紀元会」の会員で、すし店経営奥野元子さん(当時63歳)が集団リンチを受けて死亡した事件で、県警が逮捕した家族4人と会員21人以外に、30人以上の会員が暴行の現場に居合わせたが、誰も止めず、警察などに通報していなかったことが16日、わかった。 小諸署捜査本部は、居合わせた30人以上の会員の中には、暴行に関与した者もいるとみて特定を急ぎ、事情聴取する。「紀元会」宗教による犯罪紀元会は1970年に設立された宗教法人で、あらゆる病気が治るとの触れ込みで「紀元水...... 続きを読む

受信: 2007/10/16 23:27:25

コメント

ひとことで言うと、「あほ」ですね。
殺した側も、殺された側も・・・。

でも、一部の変わった人たちのこと、他所の火事として、高見の見物ができないところが今の日本にはある訳で、・・・そこが世も末。
うさんくさい江原のことを信じている人が多いとか、オーガニック、健康食品、スピリチャリスム、ヨガ、・・・など、多くの眉唾物が、一般に市民権を得てしまっているし、そういうものをひとつくらい使っている人、共感している人も多いはず。それに、本物と偽物、言葉上では同じような言葉を使い同じようなことを語っているので、そういう点では見分けがつかない。
逆に、本物と偽物があり、本物に巡り会おうと考えるから罠にかかるのかも知れません。

ちょっと前までは、こういうものは、うさんくさいものとして、普通の人なら見向きもしなかったですよ。
そういう、日本人の本物と偽物を見分ける感覚の麻痺、と知性の低下が問題なのではないかと思います。

投稿: 猫丸 | 2007/10/17 7:58:54

猫丸殿

>ちょっと前までは、こういうものは、うさんくさいものとして、普通の人なら見向きもしなかったですよ。
>そういう、日本人の本物と偽物を見分ける感覚の麻痺、と知性の低下が問題なのではないかと思います。

どこの統計情報でしょうか?
あまりそういった思い込みはよしたほうが良いですよ・・・
どっちかと言えば昔(どこを指しているかわからないですが、まぁ戦後間もないころ?)のほうが多いくらいですから・・・
その前は事実上、宗教の自由がなかったですからね、騙されるも騙されないも、ないですし・・・
オウムの事件ぐらいからですよ、やっとそういうのが、うさんくさく、入っているのが重荷で、見向きしなくなったのは・・・科学的にも教義の信憑性が揺らがれたりと・・・
まぁ、そういうことなんで、思い込み書き込みはハズいんでしないほうがいいですよ。。。

投稿: 通りすがり | 2007/10/21 22:17:24

コメントを書く