« 紀元会・集団暴行殺人事件・その4 | トップページ | 出会い系サイトの規制なんて有効ではない »

2007.10.28

学習指導要領の反省というが

読売新聞より「授業減らしすぎた中教審が異例の反省

次の学習指導要領を審議している中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)が、近く公表する中間報告「審議のまとめ」の中で、現行の指導要領による「ゆとり教育」が行き詰まった原因を分析し、「授業時間を減らしすぎた」などと反省点を列挙することがわかった。

中教審はすでに、小中学校での授業時間増など「脱ゆとり」の方針を決めているが、反省の姿勢を明確に打ち出すのは初めて。中教審が自己批判するのは極めて異例だが、反省点を具体的に示さなければ、方針転換の理由が学校現場に伝わらないと判断した。

中教審は1996年、それまでの詰め込み教育への反省から、思考力や表現力といった学力と、他人を思いやる心などを「生きる力」として提唱。
現行の学習指導要領は、この「生きる力」の育成を教育目標に掲げ、小中とも授業内容を3割削ったり、総授業時間数を1割近く減らしたりしたほか、教科を横断した学習で思考力などを身につける「総合学習の時間」の創設を盛り込んだ。
しかし、指導要領が実施されると、授業時間の減少により、「基礎学力が低下した」「子供の学習意欲の個人差が広がった」といった批判が相次いだ。

中教審が今回、反省点として挙げるのは、

  1. 「生きる力」とは何か、なぜ必要なのかを、国が教師や保護者に伝えられなかった
  2. 「生きる力」の象徴として、「自ら学び自ら考える力の育成」を掲げたが、子供の自主性を尊重するあまり、指導をちゅうちょする教師が増えた
  3. 総合学習の時間を創設したが、その意義を伝えきれなかった
  4. 授業時間を減らしすぎたため、基礎的な知識の習得が不十分になり、思考力や表現力も育成できなかった
  5. 家庭や地域の教育力の低下を踏まえていなかった

の5点。

ゆとりが強調されたことで、

  1. 教師が基本的な知識を教えることまで「詰め込み教育」ととらえ、
    避けるようになったと振り返るとともに、
  2. 主要教科の授業時間が減って、
    観察やリポート作成の時間がなくなったと分析。
  3. さらに、家庭や地域の教育力が低下し、
    生活習慣や規範意識を身につけさせる上で学校の役割が増していたのに、
  4. その認識もなかったと反省している。

中教審は、こうした反省を踏まえ、次の学習指導要領では、「生きる力」をはぐくむという理念は残しつつ、十分な授業時間の確保や道徳教育の充実を図る必要があると結論づけた。
近く公表する「審議のまとめ」を基にさらに議論を進め、来年1月ごろに答申をまとめ、文科省が今年度内に学習指導要領を改定する。

同省はこれまで、「運用面で問題があったが、ゆとり教育の理念は間違えていない」などとし、明確な反省を示してこなかった。

ゆとり教育は批判されるべきものだ、と決めてかかっていたからどうなるのかな?と思っていたらやっぱりこんなものか、という印象です。

現在総合学習を手伝っている側から見ると、総合学習は恐ろしいほどコストが掛かります。

というよりも、普通の教科が教育用に研ぎ澄まされていて、本を買ってきて自習するような方法とは比較にならないほどの低コストで集中的に教育できる仕組みになっている、というべきでしょう。

文科省の「学習指導要領」のサイトから高校の授業内容を見て見ますと、世界史AとBのどちらかと、日本史と地理あわせて4種類の内の1つが必修になっています。

世界史・日本史・地理のABはそれぞれ2単位と4単位に分かれているので、この3科目で6単位にすればよいという意味なのでしょう。

何気なく「単位」と書きましたが、1単位は50分授業を一年間で35回行うことです。
時間にすると、一単位は29時間。

世界史を4単位は、116時間です。8時間労働で計算すると15日、週5日制では3週間。一月に達しません。
これで世界史の時間の多い側の授業を終わらせることが出来る。世界史を余裕を持って一月以内に教えることが出来る。

歴史の教育では、江戸時代で終わってしまうなどと昔から言われますが、これほど密度が高くできるのは、教科書を含めた教育技術が極めて高度化していると思うわけです。

こうしてみると、企業などで行っているOJTは教育技術としては学校教育の足許にも及ばないわけで、総合学習で半年間などと時間を制限されると全然目標に到達しないし、ましてその科目の周辺にまで話を広げる余裕がない事が分かります。

この事から分かるのは、

総合学習を
ちゃんと実施するのなら、
もっと莫大な手間(予算)
を掛けるしか無かった。

となりますが、実態は「総合学習は学校が個々に工夫しろ」で予算も取らずに放り出したのが文科省でしょう。

その一方で、「家庭や地域の教育力が低下し」というのも、家庭はそうそう変わるものではないと思います。
確かに、一部には子どもの面倒を見るヒマがない家庭はあるだろうし、それも増えているとは思うけど、それ以上に「地域で子どもが教育される機会が減っている」方が深刻でしょう。

冷静に考えてみると、地域で日常的に子どもが大人と話す機会がほとんど無いです。
例えば電車のキップを買う場合も駅員と話すことがない。そもそもお使いに行ける店がない。

子どもに社会性を身に付けさせる必要はあっても、大人が社会性があまりなくても楽々とやっていける社会を作っているのですから、訓練の場そのものがない。

そこで、「生活習慣や規範意識を身につけさせる上で学校の役割が増していた」のです。
以前は社会教育と分類されて学校ではやらなかったことを学校でやらなくてはならなくなった。

本来的には、この部分が「総合学習」なのではないか?と思うのですが、文科省はそれも「生きる力」としてどうにでも解釈できる形で放り出してしまった。

結局のところ、簡単に説明できる教育の目標といったものを明らかにしないで「要領」だけを作っていた文科省の方針の通りに「試験だけ出来ればなんでもよい」生徒を作ってきたわけです。

今必要なのは、国家百年の計といった観点での理念とか哲学を明確にすることではないかと思います。

10月 28, 2007 at 09:18 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16896320

この記事へのトラックバック一覧です: 学習指導要領の反省というが:

» 次期指導要領 トラックバック ある物理屋のつぶやき
高校物理が,「物理基礎」2単位,「物理」4単位の2科目 構成となりました.これ 続きを読む

受信: 2007/11/09 15:06:11

コメント

高校物理が,「物理基礎」2単位,「物理」4単位の2科目
構成となりました.これは,日本物理教育学会の提言
http://wwwsoc.nii.ac.jp/pesj/doc/mext20061121.pdf
を丸飲みしたものだと思います.

現行指導要領のひどさの経験からか,学会が自ら手を打って,
科目内容などを詳細に提言しました.他の科目もこれに並ん
だ形で改訂されるようです.

投稿: hrgy | 2007/11/01 14:11:55

hrgy さん

まぁ学習指導要領は全体としてどうなっているのだ?ではありますが、学会が縦割りで限られた時間のぶんどり合戦になっているのもどうかと思うところです。

なにしろ、実質30週×5日間×6時限×50分=750時間しか継続的に授業に使える時間がないんですね。

うまく配置しないと出来ない科目が出てきます。
まぁ、日本は宿題が少ないのが問題だと思うので、宿題を増やすのは手かな。

投稿: 酔うぞ | 2007/11/01 16:33:38

トラックバックの練習をさせていただいています.
何回か同じものを送ってしまいました.ひとつだ
け反映させていただければと思います.

投稿: hrgy | 2007/11/09 15:07:28

コメントを書く