« 解剖しなかったとは言えないから有効? | トップページ | 共産党・全選挙区に立候補戦略の転換 »

2007.09.08

炭酸ガスボンベが路上をはね回り怪我人

読売新聞より「消火ボンベが落下、ガス噴出して跳ね回り4人負傷…大阪

8日午前11時20分ごろ、大阪市平野区加美東のパチンコ店の立体駐車場(60台収容)の解体現場で、作業員がショベルカーで駐車場備え付けの消火用液化炭酸ガス入りボンベ(長さ約1・75メートル、直径約30センチ)21本をつり上げ、トラックに積み込む作業中、うち1本が地面に落下、はずみでボンベの栓が外れた。

ボンベは噴出したガスの勢いで周辺道路などを回転しながら跳ね、コンビニ店の入り口のガラスを破ったり、近くのJR線の線路脇のコンクリートブロックにぶつかったりして約30~40メートル動いて止まった。

この事故で、通行人の27~76歳の男女計3人が、ボンベをよけようとして転倒、足の打撲などの軽いけが。また、コンビニ店内にいた男子中学生2人がガスを吸い、1人は気分が悪くなって病院に運ばれた。

大阪府警平野署は、ボンベが落下した状況などについて、作業員から業務上過失傷害容疑で事情を聞いている。

同会館によると、解体作業は8月20日から実施。この日は午前9時から作業を始めたという。


拡大地図を表示

コンビニのガラスを破ったというのですから現場はここですね。

駐車場設備の炭酸ガスボンベというのはデカイのかな?
いずれにしても間違えなく、高圧ガス容器だから取扱資格が必要で、同時に21本を吊り上げたりするのは禁止でしょう。

ボンベの大きさが D300×L1750 といった大きさになると、重量がほぼ100キロになるらしい。
鉄骨・鉄筋などと同じに21本まとめてロープで吊り上げたのではないかな?

100キロもあるモノが3~40メートルも暴走して、転んだ怪我人ぐらいで済んだのであれば、誠に幸運と言うべきで、人を直撃していれば死亡事故になっただろうし、極論としてはボンベの爆発だって皆無とは言えない。

こんな事故が起きること自体が、日本の劣化と感じますね。

9月 8, 2007 at 04:50 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16382730

この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸ガスボンベが路上をはね回り怪我人:

» ボンベ落下、跳ね回り4人負傷 トラックバック トピックスバーストβ2.0
ボンベ落下、跳ね回り4人負傷など、交通事故のニュースをいち早くチェック! 続きを読む

受信: 2007/09/08 18:22:23

コメント

>同時に21本を吊り上げたりするのは禁止でしょう。
本数よりも、「ショベルカーで」というほうに問題を感じます。
あれは、穴を掘る機械で、吊り下げるためのものではありません。

投稿: mimon | 2007/09/08 20:48:23

朝日新聞のほうでは、現場写真が載っています。
http://www.asahi.com/national/update/0908/TKY200709080137.html
ボンベの積み込みは、一本ずつ行っていたように見うけられます。
そうすると「つり上げ」も「持ち上げ」の間違いだと思います。

投稿: mimon | 2007/09/09 1:40:32

 映画「リーサルウェポン」シリーズの中に、まさに同様なシーンがあった記憶が。
 アクション映画のワンシーンのような事故が現実に起った訳ですね。(^^;

投稿: Craftsman | 2007/09/10 22:06:47

でもまあ死人が出なくて良かったですよ。
現実の登場人物はアクション映画のヒーローじゃありませんから。

投稿: apj | 2007/09/11 0:39:37

コメントを書く