« 北見市長の不信任案否決 | トップページ | 自宅放火殺人少年事件の調書流出 »

2007.09.22

737-800胴体の亀裂

朝日新聞より「中華航空、佐賀空港で亀裂発生機の調査開始

佐賀空港に着陸した台北発の中華航空チャーター便(ボーイング737―800型機)の胴体下部に77センチの亀裂が見つかった問題で、同社は22日、亀裂の発生原因の調査を本格的に始めた。

同社が台湾本社から派遣した整備士ら約10人は午前9時前から、駐機場で調査を始めた。
貨物室のハッチを開き、内側と外側から亀裂部分や周囲を細かく確認し、撮影を繰り返した。

同社によると、亀裂は主翼と尾翼の中間付近に前後の方向で一直線に走り、幅、深さとも数ミリ程度。
機長は「運航中、機内の気圧や操縦に問題はなかった」と説明しているという。同社は、機体の本格的な調査は台湾でする意向だ。

これはなんなんでしょうかね?
尻餅事故などは起こしてないそうですし、出発前に見つからなかった亀裂が日本に到着したらすぐに発見された。
この情報だけで判断すると、飛行中に亀裂が入った事になってしまいます。

どの程度の亀裂なのか情報を待っていたのですが前後方向に一直線で77センチとのことですから、製造段階の問題のように感じますね。

737型でも-800ですから、最新技術で作られているのかな?
767や777では三菱重工がケミカルミーリングで加工していますね。こんなところに影響しなければ良いのだが・・・・

9月 22, 2007 at 05:11 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16533500

この記事へのトラックバック一覧です: 737-800胴体の亀裂:

コメント

コメントを書く