« 9月以降の裁判傍聴予定 | トップページ | 横浜市営バスの現金抜き取り事件・回収記録はあった »

2007.08.16

裁判員制度対応で自白調書を不提出に

東京新聞より「自白調書、不提出も 裁判員対策で最高検試案

市民が刑事裁判の審理に加わる裁判員制度に備え、最高検は15日までに、捜査・公判対策の「試案新版」を作り、「任意性、信用性に問題がある自白調書は、疑問を抱かれたときのダメージが極めて大きく、証拠提出しないという選択もあり得る」との方針を打ち出した。

自白調書は、任意性などを否定されて無罪判決につながるケースもあるが、これまでは「ほかに取って代わる明確な証拠があれば別だが、よほど信用性に問題がある場合を除けば自白調書を証拠請求してきた」(検察幹部)とされてきた。
提出自体の回避は従来方針の転換となる可能性もあり、捜査や公判の実務に影響を与えそうだ。

最高検は昨年3月に旧版の試案を公表。その後の法曹界の議論や模擬裁判などを踏まえて大幅改訂し、より実践的な指針として新版を作成した。

新版は、有罪への疑問を抱かせかねない立証を控える一方、犯行の悪質さを訴えるため被害者を効果的に尋問することなど、裁判員に与える印象を重視した点が特徴。
(共同)

「本当かよ?」と思ってしまう報道ですが、自白調書の任意性が否定されて無罪になった事件では、自白調書の内容自体だけで無罪になった例はさすがにないでしょう。

ほとんどの場合が、自白調書が信用できないとする他の証拠との評価で自白調書が信用できないとなっているでしょうから、そのようなケースであらかじめ自白調書を出さないと決定したとすると、公判では捜査自体が違法であったとするような展開になりかねないから、自白調書を出さないから有罪に持ち込めるということならないのではないか?

つまりは最高検が問題だと考える「自白調書に疑問を抱かれたときのダメージが極めて大きい」とは他の裁判へのダメージのことで、問題の裁判では検察が負けることは必然、という事なのだろ。

なんかヘンではないか?と感じます。
裁判全体を問題にしているのではなく、検察の権威=面子を潰さないことを目的にしている、と言われても仕方ないのではないか?

法律の権威は、明らかにすることで保たれているのだから、公開裁判が全世界で支持されている。 何かを公開しないで隠すことは、裁判=法の権威を多少とも傷つけることになると思うのだが。

むしろ、日弁連が主張している「取り調べ全てのビデオ記録」を使う方が実際的ではないだろうか?

8月 16, 2007 at 10:25 午前 裁判員裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/16132082

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度対応で自白調書を不提出に:

コメント

コメントを書く