« 現代の実用的カラクリ | トップページ | 食品偽装 »

2007.06.24

中央道と関越道が繋がったが

読売新聞より圏央道あきる野IC―八王子JCT開通、中央道と関越直結

首都圏の外周を環状に結ぶ首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「あきる野インターチェンジ」(東京都あきる野市)と「八王子ジャンクション」(八王子市)の間の9・6キロが23日に開通し、中央自動車道と関越自動車道が都心を経由せずに直接つながった。

圏央道は全線が開通すれば、都心から放射状に延びる各高速道を結ぶことになる。
八王子西インターチェンジで行われた記念式典には関係者ら約500人が参加、冬柴国土交通相が「都心部の慢性的な交通渋滞の解決の切り札」と述べた。

中日本高速道路の「圏央道ってどんな道?」にある解説です。

都心から40~60km圏に計画されている環状の自動車専用道路。都心部から放射状に拡がる自動車専用幹線道路を環状に横断する広域幹線道路網の一環として建設が進められています。

神奈川県の住人の1人としては「八王子から鶴ヶ島まで繋がったのだから新潟方面に行くのが楽になったかな?と考えたのですが、東名道沿線から八王子の近辺までは基本的に国道16号線になるので、都心経由で関越道練馬インターに行くのと時間的には大差ないように感じます。
さらに東名と接続する海老名北JCTが完成しても、厚木以西からの車が都内をバイパスするという意味は大きいと思いますが、横浜よりも東からだとあまり使わないように感じます。

こんな事があるので、首都高の中央環状線の完成の方が待ち遠しいです。

6月 24, 2007 at 12:41 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/15541034

この記事へのトラックバック一覧です: 中央道と関越道が繋がったが:

コメント

コメントを書く