« 都選管・政見放送に頭を悩ます | トップページ | 模擬裁判員裁判・福岡 »

2007.04.03

心臓弁の培養に成功

CNN.co.jp より「幹細胞から心臓弁を作る実験に成功 英チーム
ロンドン(ロイター) 2日付の英紙ガーディアンによると、同国の研究チームがこのほど、骨髄の幹細胞を培養して人間の心臓弁を作り出す実験に成功した。
今年中に予定される動物実験が成功すれば、3-5年で心臓病患者への移植が可能になるいう。

研究の成果は今年8月、英学術団体、王立協会の専門誌に掲載される。

心臓弁に異常がある病気では、人工弁を埋め込む治療法が一般的だが、患者は手術後も合併症を抑える薬の服用を続ける必要があり、子どもの場合は成長に応じて交換しなければならない。
一方、幹細胞からできた弁は正常な弁と同様、血液の流れに応じて形や大きさを変えるなどの複雑な機能を持つ。

チームでは次の段階として、この弁を動物に移植し、体内での働きを確認する方針。心臓全体の再生についても、「10年以内に実現し得る」との見通しを示している。
これはちょっとすごいですね。
世界中で研究競争でしたからこのような発表があることは予測していましたが、もうちょっと時間が掛かるだろうと思っていました。

「今年中に動物実験の成功」
「3-5年で心臓病患者への移植」
「心臓全体の再生が10年以内実現」

どれもこれもすごいことだと思います。

その一方で「医師不足」というのはどうなっているのでしょうか?

4月 3, 2007 at 09:38 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/14504385

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓弁の培養に成功:

コメント

こういうとき,詳細を見たくなってググるるとき困るのは,固有名詞がカタカナ書きで原語のつづりがわからないことですね.

今回は有名な病院だから,すぐにみつかりましたが...
http://www.hhsc.ac.uk/
Harefield Heart Science Centre のHPです.プレスリリース等はありませんけど,こことか
http://www2.rbht.nhs.uk/
あたりをうろつけば,何かあるかもしれませんね.

投稿: はりがや | 2007/04/03 14:10:42

コメントを書く