« 学者同士の裁判・別口 | トップページ | 中国の長者番付? »

2007.01.20

A380の貨物機は登場せず?

CNN.co.jp より「A380型貨物機の発注を近く取り消しか、UPS
フランスの経済誌レゼコーは19日、国際貨物輸送大手のUPSが来週にも、航空機製造メーカーの欧州エアバス・インダストリーが開発、生産する次世代の超大型機A380型の貨物機の発注をキャンセルする見通しだと報じた。この情報の出所には触れなかった。

発注機数は10機で、これが事実なら、エアバスは同機の貨物機の受注をすべて失うことになる。

同社幹部は、A380型の貨物機の開発は中断しないとも強調している。
また、エアバスの報道担当は、同紙の記事に触れ、「それを裏付ける情報は得ていない」と述べた。

UPSのライバル社であるフェデックスは2年に及ぶ生産工程の遅れからA380型貨物機10機の発注を既に取り消している。
代替機としてエアバスの競合相手、米ボーイング社の777型機に乗り換えている。

また、中東エミレーツ航空なども同貨物機を注文していたが、旅客機に変更している。

A380型の旅客機は機内の配線などの問題が生じたことから生産が遅れ、顧客への引き渡しは今年後半に延びている。
これを受けエアバスは顧客との違約金交渉などを強いられている。
A380はこのままでいくと商業的には失敗となる可能性が大きくなってきたように感じます。
何よりも、エアバス社と親会社のトップが短期間に交替するなど経営不安を感じさせることがまずいでしょう。
それにしても、遅れの原因として機内配線のユーザ向けの変更の幅が大きすぎて問題、という話であれば貨物機については納期遅れの程度は旅客機仕様よりは軽減すると思うのですが、どういうことなのでしょうか?

1月 20, 2007 at 09:57 午前 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/13582904

この記事へのトラックバック一覧です: A380の貨物機は登場せず?:

コメント

コメントを書く