« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006.12.22

教育再生会議の一次案は???

朝日新聞より「まるでヒトラー 迷走続く教育再生に有識者委員反発
安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)が21日の総会で提示した第1次報告の原案には、教育委員会の見直しや不適格教員の排除などの具体策がほとんど盛り込まれなかった。

原案の作成は「実現可能性」を重視する事務局が主導したものだが、「独自色」にこだわる有識者委員は「我々の意見が反映されていない」と猛反発。

来年1月のとりまとめに向け、首相の指導力がここでも問われている。
一見して分かりにくい記事ですが、委員の意見が事務局案と衝突して一次案が事務局寄りになったことに委員が反発しているのだそうです。

劇団四季の浅利慶太氏
「まるでヒトラーのようだ。事務局の案と私たちの言っていることが全然違う」
原案作成が、官僚中心の事務局の「独裁」で決められたとの受け止めで、不満が収まらない。
ワタミ社長の渡辺美樹氏
「我々が話し合ったことが(原案で)触れられていない。
会議を報道陣に公開し、そこで総理が判断するなら納得できる」
委員自身がこんなコメントを出して、安倍首相に再生会議の事務局よりとなった一次案を委員寄りに修正しろ、と言っています。

運営委員会では「あきれるくらいのスピードで教委を全面的に見直す」「文部科学省が用意する教員免許更新の法案にストップをかける」との意見が相次いでいた。

教委については、11月30日に示された素案にあった「教育委員に保護者代表を任命」「教育長は教職経験者に偏らせない」などの具体策は、原案では姿を消し、「今後の検討課題」に。

「学校再生」をテーマとする分科会に出席した有識者委員の間では文科省の準備する免許更新制だけでは不十分との意見が大半だったのに、不適格教員排除の具体策は盛り込まれなかった。

当初の素案に盛り込まれた「ゆとり教育の見直し」の文言も消えた。歴代文相・文科相の決定を否定しかねないだけに事務局が配慮した。大半の委員が賛同した「教員の量の確保」も「予算の裏付けがない」と事務局が難色を示した。

有識者委員には「もっと再生会議の独自色を」との思いが強いが、事務局はこうした首相の姿勢を盾に「立派な作文をしても、実現しなくては意味がない」とかたくなだった。

事務局は政策決定過程を熟知する官僚出身者が仕切る。教育改革には、与党の文教族議員や文科相の諮問機関の中央教育審議会、規制改革・民間開放推進会議などが絡むため、慎重になりがちだ。

一方、再生会議担当の山谷えり子首相補佐官は21日の原案について「おおむね方向性は了承された」と述べたが、担当室長に抜擢(ばってき)されたヤンキー先生の義家弘介氏は「ペーパーは提出されただけ。たたき台のたたき台」と食い違いも見せる。

首相が掲げる官邸主導が機能しているとは言えない状況だ。
この記事は、どうも朝日新聞だけのようで他の新聞は本間税調会長の辞任を取り上げています。
結局は教育再生会議も税調会長辞任も新聞記事は「安倍首相の指導力批判」になっています。
基本的に首相主導とは政治家の主導を意味していて、行政がこれに反発しているのはどちらも同じ事です。

税調会長については、そもそも行政側に財務省側が支出削減を主張し、経産省などは景気拡大を主張しているのですから、増税にするのか減税にするのかぐらいの違いが税調会長に誰がなるのかで動いてしまいます。

教育再生会議も巨大な行政に影響するわけですから、よほどのことをしないと大変更は出来ません。
背景には教育基本法で問題になった、教育の独立性が過大ではないか?という問題意識があって、行政の下に教育を位置づけたいとする文科省にとっては、教員の免許更新制度で教員個人をしばりたい、とか教育委員会が教員のOBばかりになってしまっているところに手を入れたい、となって現れています。

一方で、現状の独立性が高いところにメリットがある文教族議員が居るわけです。
地方選挙のレベルだと、PTA会長は大きな集票力になっています。
さらには、社会一般が教育に危機感を感じていて、多くのNPOや地域活動が「一言、言わせろ」と乗り出しているのですから、安倍首相は手を付けたのでしょうが、まぁ基本的に火に油を注ぐことにはなるわけで、波風が立たずに結論が出るわけがない。

安倍首相と塩崎官房長官の対応は、波風に影響を受けているのが丸見えという印象で、言わばボートを揺すぶったら面白いからもっと揺すってやれ、というのがこれら新聞の基本論調なのでしょう。
軽量級内閣であることがはっきりしてきた、とでもいうことでしょうか?

12月 22, 2006 at 09:33 午前 教育問題各種 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.18

ホワイトカラーエグゼンプション

サンケイ新聞より「労働時間規制緩和「全く知らない」73%
厚生労働省が検討している労働時間規制の緩和策について、20-40代の会社員の73%が全く知らないと答えていることが18日、インターネットを使った連合のアンケートで分かった。

厚労省は、一定の年収などを条件に「1日8時間、週40時間」の労働時間規制を撤廃するホワイトカラー・エグゼンプション(適用除外)の導入を検討中。
来年の通常国会での法改正を目指しているが、制度が一般には浸透していないことが浮き彫りになった。

導入への賛否は「反対」が最多で46%。次いで「よく分からない」が40%、「賛成」が14%だった。「内容まで知っていた」と回答した人では「反対」が73%に上った。
この問題は結構微妙ですよね。
現状では制限する方が合理的だと思います。どうしてこういうアイディアが厚労省から出てきているのかを調べたらこれだった。

日本経団連・政策提言/調査報告の「ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言 (2005年6月21日)」この中身は「ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言 概要(PDF)」「ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言(PDF)」「参考資料・労働時間問題に関するアンケート調査の集計結果について(PDF)」の三つかありました。

「ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言(PDF)」の「おわりに」を引用します。
以上、ホワイトカラーの労働時間に関して述べてきたが、現行の労働時間法制を全面的に否定するものではない。
また、ホワイトカラーエグゼンプション制度は、当然のことながら時間外労働に対する賃金の支払いを免れたり、労働時間を実質的に長くすることを目的とするものではない。

労働者の意欲を高め、効率的に働くことによって仕事と生活の調和を実現していくためには、これまでの労働時間規制の枠を超えた、新たな発想にもとづく労働時間制度の構築が急務である。

ただ、ホワイトカラーエグゼンプション制度は、どのような労働者に適用してもよいというのではなく、労働 の質が問われ、創造的かつ自律的な働き方をするホワイトカラーで一定の要件を満たす労働者に限られる。

上述した「ホワイトカラーエグゼンプション制度」を実現することこそが、労働者の仕事や労働時間に対する裁量性をいっそう高め、多様な働き方や結果的として労働時間の短縮にも大いに資すると考える。

政府は、このようなホワイトカラーエグゼンプション制度を含む労働時間規制のあり方について「規制改革・民間開放推進3 か年計画(改定)」に則った形で現在検討を進めつつあるが、社会や経済の動きが加速度的に速まっている今、その検討が後手に回ることがないよう、迅速かつ着実な対応を強く求めたい。

働き方の多様化や生産性の向上を図るためにも、その導入は必要不可欠なものであり、経済界として政府・関係省庁に対し、その早期実現を積極的に働きかけていきたい。
この提言が想定している「仕事の成果に基づく賃金の支払い」という考えは、現在の裁量労働制の延長にあるとしている。それはこの「提言」の中で明記されていることだが、仕事において究極の成果の利用は労働ではなくて「買い取り」そのものだろう。
つまりは、開発特許問題で争われた仕事上の発明なのか個人のアイデアなのか?問題をすべては個人に帰するとする考え方になるだろう。

要するに、労働とか雇用といった関係が先になくなるべきであろう。

当然であるが、成果を上げさえすればライバル企業の仕事をすることも自由だ。
「いや、ライバル企業の仕事はしてはいけない、考えてもいけない」というのであれば、「仕事をしないこと」こそが成果であるから、間違えなく何もしないことに給与を支払うことになってしまう。

こんなことで社会秩序が保てるとは思えないのだが、日本経団連の「提言」は外形的には社員制度を堅持しながら実態だけを外注業者にする方法を考えている、というべきで根本的に成立しないだろう。

参考資料の海外の事例だとこれほどの裁量労働についての規定は「漠然とホワイトカラーで年収が」なんて枠組みのところはなくて、人事つまり経営そのものに関わっている者など経営者に限定しているところが多いようです。
また、労働時間制限がないところはほぼ無い。

確かに労働時間の規制無く働くことはあり得るが、それは出社しない自由と一対のもので、これでは「会社での労働」が根本的に成立しないから、この時点で「会社員ではなくなる」よって「成果によってのみ対価を受ける」では「自営業者」そのものであって当然ながら「会社への忠誠義務はない」し「社会保険などは個人裁量」になる。

こんなことを実行することが出来るものか?
どうも日本経団連の判断がリストラ正義的な近視眼なものばかりになってきたように感じる。

12月 18, 2006 at 10:37 午前 経済・経営 | | コメント (2) | トラックバック (1)