« すごいサービス。金返せだ | トップページ | 教員の評価は無理だろう »

2006.12.07

超人的ドライバー

CNN.co.jp より「地球40周、走行距離「100万マイル」の車を博物館に
走行距離「100万マイル」(約160万キロ)を走り抜いた車がこのほど、ウィスコンシン自動車博物館に寄贈された。100万マイルは、地球を「40周」した距離に相当する。

正確には「100万1385マイル」を走った車の持ち主は、セールスマンのピーター・ギルバートさん。1989年に購入した「サーブ900SPG」で、1週間に7日、来る日も来る日も、この車でウィスコンシン州内を走り回ってきた。

ウィスコンシン州ハートフォードの自動車博物館は、歴代のクラシック・カーや希少な車が展示されており、ギルバートさんはここへこのサーブを寄贈。

新たにサーブを購入し、今日も走り続けている。
89年に購入して2006年まで使用したとなると、17年間になります。
それで100万マイル=160万キロを割ると、実に年間9万キロ以上!
年間250日仕事で乗るとして、毎日360キロ!!

すごい人もいるものだ。
わたしも一番多く運転したときには年間5万キロを超えてましたが、その倍の運転を17年間続けるとはよくまあ身体が持ったものだと感心します。

12月 7, 2006 at 10:31 午後 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12970294

この記事へのトラックバック一覧です: 超人的ドライバー:

コメント

 日本ならタクシー並みの走行距離ですかね?
 もっとも、向こうはこっちと違い、広い国ですし。
 都会のごちゃごちゃした所を走り回った訳でもないでしょう。
 それよりも、17年間同じ車に乗り続けた方が凄いかと。

投稿: craftsman | 2006/12/08 17:54:41

craftsman さん

絶対に日本のタクシー運転手より多いと思う。(^_^)

タクシー運転手は結構特殊な勤務形態で、足かけ2日勤務の翌日は丸一日休みとかなんですよ。

だから、一回の勤務で350キロとかだと思いますが、毎日360キロにはならないで、多分年間5万キロぐらいです。

わたしが5万キロ走っていたときに調べたデータです。

おそらくは長距離トラックはもっとずっと多いでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2006/12/08 18:12:06

コメントを書く