« 裁判員裁判の広報ビデオ | トップページ | 名誉毀損裁判・彦根市長のケース »

2006.11.18

救急車が搬送を断り重体に

読売新聞より「救急隊員、家族の搬送要請を拒否…けがの男性重体に
奈良県橿原市の県警橿原署の駐車場内で今月15日、頭にけがをしているのを見つかった同県大淀町内の木工業男性(42)が、同署の通報を受けて来た中和広域消防本部橿原消防署の救急隊員から、「搬送先の病院を探すのに時間がかかる」などとして、搬送を拒否されていたことがわかった。

その際、隊員は搬送先を探しもしなかったという。
男性は家族が家に連れ帰った後も、意識が戻らず、運ばれた病院で外傷性脳内出血と診断され、約9時間後に手術を受けたが、重体のまま。

消防本部は「結果的には搬送すべきだった。職務怠慢と言われても仕方がない」とミスを認めている。

橿原署や消防本部などによると、男性は15日午前2時10分ごろ、同署駐車場で頭から血を流しているのが見つかった。
同市内の飲食店で飲酒後、店近くの駐車場で転倒、頭などを強打したとみられ、約300メートル離れた署の駐車場に迷い込んだらしい。

当初は意識があり、署員が氏名と連絡先を聞き出したが、約50分後に意識を失ったため家族を呼び、橿原消防署に搬送を要請した。

救急隊員は、男性を見て転倒による軽傷と判断。
家族が「大淀病院の妊婦が死亡した問題のこともあるので、病院に運んでほしい」などと懇願したが、消防隊員は搬送先を探さず、「朝まで大丈夫なので、様子を見て病院に運んでほしい」と説得して引き揚げた。
この際、家族は「私の都合により、救急搬送をお断りします」という内容の「救急搬送承諾書」に署名を求められ、書いたという。

男性は自宅に戻ったが、朝になっても、意識が戻らず、家族が同市の県立医大病院に搬送。
午前11時ごろから手術を受けたが、意識は戻っていない。
男性の父親(72)は「近くに医大病院があると何度も頼んだのに搬送してもらえなかった。
すぐに病院で治療を受けていればこんな結果にならなかったはず」と憤っている。

当時の近隣の救急病院の受け入れ状況は不明だが、県内の他の消防本部によると、家族から救急搬送の要望があった場合、断ることはなく、たとえ近隣の病院が満床であっても、見つかるまで受け入れ先を探すという。
高橋善康・橿原消防署長は「脳内出血かどうかを見極めるのは難しいが、結果的に判断ミスをした。再発防止に努めたい」と話している。
なんか背景がありそうな印象ですが、消防署長が「怪我の程度の判断を誤った」とコメントしているのは現状で正しいことなのでしょうかね?

今救急医療で問題になっていることの一つに、救急車の有料化問題というのがあります。

四国新聞より「シリーズ追跡 増える救急車出動/有料化は必要か
「一年間に五十回近く救急車をタクシー代わりに呼んだ男逮捕」(三月)「公務執行妨害や傷害の罪で同男に懲役三年六月の判決」(七月)―。
高松発のショッキングなニュースが全国に流れたばかり。折しも総務省消防庁は、増える救急車出動の対策として有料化や民間活用をテーマに専門家による検討会を五月に発足させた。
緊急度の低い不適切な利用のために、本当に必要としている人が「後回し」になる懸念が現実味を帯びているからだ。
救急の現場はどうなっているのか。県内一出動件数の多い高松市消防局の救急出動の現場を密着ルポするとともに、専門家たちの話から有料化をめぐる問題に迫った。
この記事は2005年7月に新聞に掲載されたものですが、この頃に救急車の有料化や(財)救急振興財団から「救急搬送における重症度・緊急度判断基準作成委員会報告書(平成16年3月)」(PDF)などが発表されています。

これは、阪神淡路大震災などであらわになった救命の順序を判断するトリアージの必要性からの研究の必要性によるものなのでしょうが、救急車をタクシー代わりにするという問題も含んでいるようです。
ちょっと記事が探せないのですが、救急隊員外資に変わって現場で判断できるのか?という実験は始まっているようですが、現在のところは本当に必要なデリケートなところは分からないようです。
今回の奈良の事例がこれらの問題と関係しているのかは分かりませんが、いずれは問題として出てくるでしょうね。ちょっと注目の事例だと思います。

11月 18, 2006 at 12:49 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12729761

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車が搬送を断り重体に:

» 診察の順番を決める重症度と緊急度は?」 トラックバック 子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ
診察の順番で最優先される患者さんは緊急度の高い患者さんです。そして、その次に重症度の高い患者さんとなります。このように優先順位、順番を決めることを、よくトリアージすると言います。トリアージとは・・・... 続きを読む

受信: 2006/11/26 21:46:39

コメント

中和広域は議員に金を払うと職員になれるところです。
よって、隊員のレベルの差も激しいのは現実で、ヤ○ザの様な方も見受けられる状況です。

投稿: 通りすがり | 2006/11/18 22:27:05

最近の受け入れ拒否問題で、ひどい偏向報道もありましたから

すぐそばに病院が複数あるのに、なぜ搬送拒否したのか?
救急隊員の単なる判断ミスか?
周辺の病院は夜間救急対応してないの?
家族や警察は救急を呼ぶ以前に、近くの病院に連絡を入れるなり
何らかの初期対応しなかったの? 
何から何まで不思議な事件ですね。

http://www.google.com/maps?hl=ja&lr=&client=safari&q=警察署&near=奈良県橿原市&radius=0.0&cid=34500619,135790514,6154436315395991614&li=lmd&z=14&t=m

投稿: ぽ | 2006/11/19 18:00:53

コメントを書く