« 外国人の取り調べを改善するには | トップページ | 日産が電池自動車に »

2006.11.25

小型双発機が高速道走行中の車と衝突

読売新聞より「ドイツ:小型双発機が高速道走行中の車と衝突 7人重軽傷

誰がなんと言おうと素敵なタイトルの記事であります。
そこで記事を読んでみると
ドイツ西部エッセン近郊で24日、3人乗りの小型双発プロペラ機が橋に接触後、高速道路を走行中の乗用車と衝突し大破した。AP通信によると、この事故でプロペラ機の3人を含む計7人が重軽傷を負った。プロペラ機の42歳と32歳の女性乗客2人が重体。パイロットは軽傷だった。

同機はベルリンからエッセンに向かう途中だった。着陸予定のエッセン空港の滑走路は現場の高速道路と並行しており、同機が滑走路と間違えて高速道路に着陸しようとした可能性もあるとみて警察が捜査している。
早速 Google Earth の登場であります。どうもここではないだろうか?
高速道路上の橋も見えるし、位置的には滑走路の端と同じようなところだし。
それにしても、各種の誘導灯かが見えないはずなのだけどなんで着陸しようとしたのかな?


Up_12

11月 25, 2006 at 11:51 午前 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12815576

この記事へのトラックバック一覧です: 小型双発機が高速道走行中の車と衝突:

コメント

コメントを書く