« 教育再生は学力向上じゃないように思う | トップページ | ホームオブハート裁判・第1弾目が結審 »

2006.10.20

日本は国際標準規格に乗り出せるのか?

毎日新聞より「国際標準規格:日本主導へ人海戦術 脱欧米目指す
パソコンのような製品の規格から品質保証の管理に関する国際標準まで、幅広い分野の国際規格づくりで、日本が影響を強めることを目的とした政府の「国際標準総合戦略」の原案が19日、分かった。

欧米主導で進んできた国際標準策定の流れを変え、日本企業に有利な競争環境を整えるのが狙いだ。政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)で年内にまとめる。

95年に発効したWTO(世界貿易機関)協定では、国内の標準規格は国際標準をもとに作ることが義務付けられた。このため、自国の技術を国際標準にできれば、国際的な競争を有利に戦うことができるわけだ。
しかし、国際標準を決める標準化機関での日本の存在感は薄い。
ISOを制定する国際標準化機構(本部・ジュネーブ)で733ある主要会合のうち、議論の仕切り役をする「幹事」を日本人が務めているのは47会合(6.4%)だけ。
ドイツ、米国、英国に遠く及ばない。関係者によると、欧米のペースで議論が進められ、日本の技術が優秀でも、不利な規格を決められるケースが多いという。

このため政府が主導し、初めて戦略を取りまとめることになった。

ただ、海外で作られた標準規格を受け入れたうえで、優秀な製品を作り成長してきた日本企業にとって、「国際標準を自分たちで作るという意識は薄い」(関係者)のが実情。

一方で米国や中国はすでに自国に有利な国際標準作りに力を入れ始めており、他国との標準化競争は激烈になりそうだ。
昔に比べればインターネットの普及などで規格や条文といった情報の流通はずいぶん良くなったと思いますが、どうもそういう公式情報を流通させるのがお役人を中心にする専門家が独占する業務だ、といった雰囲気を感じます。

10年ぐらい前に、新たに決まった何かの条文のコピーが必要になって、関係団体に出かけたところ「いつかは紙が来ますが、いつになるのか分かりません。他にはどこでも手に入らないでしょう」というトンでもない話を聞かされました。もう、情報を流通させる意志はない、としか言いようありません。

その頃に比べれば、今は遙かに良くなっていますがそれでも規格については入手の困難性は他の情報の比ではないです。特に海外の規格ですね。お金を掛けて収集するより手がないと思いますが、やっているのかねぇ?

国際標準規格に乗り出す前に国内での規格の利用について実務的に促進することが必要ではないだろうか?少なくとも規格を求めてあっちこっちの団体をウロウロするといったことは国家的な大損失だと思う。
日本では、国家規格以前に国鉄規格があったりしたから、統一管理が出来ないといったところがあった。そういう日本における規格とはどういうものだったのか、といったところまで振り返ることが必要だと思う。

10月 20, 2006 at 09:07 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12349454

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は国際標準規格に乗り出せるのか?:

コメント

なんかえらくまと外れな記事。「日本の技術が優秀でも、不利な規格を決められる」なんて書いてる時点で子供の壁新聞レベル。

規格ってのはある意味非関税障壁。米国や中国(EUも加えてもいいが)は市場規模がでかいから「うちで商売したきゃこの規格に合わせろ」ってことが言える。日本にゃ無理。

たぶん直近でのケータイの規格のこと念頭に一部の人間が騒いでるだけかな。

投稿: alpha2 | 2006/10/22 11:43:49

コメントを書く