« 神栖町のヒ素事件 | トップページ | 湯沢のシンポジウム »

2006.10.04

A380大幅納期遅れ

日経新聞より「エアバス超大型機「A380」、納入1年遅れに
欧州航空大手エアバスは3日、総2階建て超大型機「A380」の航空各社への引き渡しが平均1年遅れると発表した。
生産工程の問題が予想以上に深刻なためで、計画の遅延はこれで3度目。

年内就航を目指していたシンガポール航空への1号機の引き渡しも2007年10月にずれ込む。

信頼失墜は避けられず、エアバスは生産体制見直しやコスト削減を急ぐ。
エアバスはA380の生産をいったんほぼ中断し、新たなソフトウエアを各工場に投入して生産方法を改善する。

07年には当初25機の引き渡しを予定していたが、新計画では1号機だけ。
08年は13機、09年は25機と、いずれも当初計画の半分前後となる。
A380は16社から159機を受注している。

航空各社は運航計画に狂いが出るとしてエアバスに遅延補償金支払いを求めており、利益を圧迫する見通し。
A380は初飛行が2005年4月だから、2006年中に就航というのはいくら何でも無理だろうと思っていたのが、現実になってしまった。

報道では客室内の仕様を航空会社ごとに大幅に自由にしたために生産性が悪くなったとされています。
これではキャンセルが出てくるでしょうね。
もっとも、就航して人気が出れば注文が増える可能性はあるわけで、エアバス社としては頑張りどころでしょう。

全面的にボーイングに依存するのはなんかの時に困るから、保険という意味では日本ももっとエアバス機を買うべきではないかとも思うのですが、最近ではさっぱりですね。

10月 4, 2006 at 11:43 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12144180

この記事へのトラックバック一覧です: A380大幅納期遅れ:

» EADS トラックバック 万国ニュース配信
EADS(European Aeronautic Defence and Space Company)は、ボーイングに次ぐ世界第2位の航空宇宙企業です。2000年7月に、フランス、ドイツ、スペインの企業によって設立されました。BAEシステムズに次ぐヨーロッパ第2位の兵器製造会社でもあります。EADSはエアバス社の80%の株式を保有し、他の20%はBAEシステムズが保有していました。10月13日に、EADSは、BAEシステムズの保有株式全てを1億5000万ユーロで買い取り、エア...... 続きを読む

受信: 2006/10/16 18:01:18

コメント

機種が少ない方がメンテナンス経費が少なくてすむのでどんどんボーイング集中してますね。

投稿: alpha2 | 2006/10/05 9:01:01

コメントを書く