« 滑走路を間違えて離陸失敗その2 | トップページ | 宮崎県の確定人口 »

2006.09.01

相鉄線とJRの接続

神奈川新聞より「相鉄・JR直通線計画が9月にも着工へ
相模鉄道西谷駅(横浜市保土ケ谷区)-JR東海道貨物線・横浜羽沢駅間(同市神奈川区)の約二・七キロに連絡線を新設し、相鉄とJR東日本が相互直通運転する「相鉄・JR直通線」構想について、営業主体の相模鉄道と整備主体の「鉄道・運輸機構」は三十一日、国道交通省に対し、詳しい整備効果を示す「速達性向上計画」を申請した。
大臣認定が得られれば、九月にも着工する。二〇一五年三月に完成し、四月から運行を開始する予定。

新線の効果は、朝のラッシュ時間帯で二俣川-新宿間が約四十四分となり、現在よりも十五分程度短縮される。
県央から東京都心への広域的なネットワークが形成される。
「相鉄線・東横線が新横浜に停車?」がスタートするようです。
もっとも、完成が2015年とはずいぶん時間が掛かるものですね。

Up_8

9月 1, 2006 at 10:47 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11713802

この記事へのトラックバック一覧です: 相鉄線とJRの接続:

コメント

コメントを書く