« 新幹線新駅騒動その4 | トップページ | 裁判員裁判のテレビ画像そのものだった »

2006.09.26

特許条約が出来る?

日経新聞より「特許、出願優先に統一へ・米が転換、主要41カ国大筋合意
日米欧など41カ国は特許を認める基準を統一する新条約を作ることで大筋合意した。

米国が自国の「先発明主義」を放棄し、早く出願した企業や個人に特許を与える日欧の「先願主義」に統一することで一致したのが最大の柱。
どんな発明が特許に値するかの判断基準も統一する。
新条約ができれば、日米欧の企業にとって審査時間の短縮や特許を巡る係争の減少につながる見通し。

11月に東京で開催する各国特許庁の長官級会合で条文の正式合意を目指す。
最短で来年にも開く会議で各国は条約を採択する見通しだ。
アメリカの先発明主義が国際間の特許問題をややこしくしていて、結果的に例外だろうといったものが多数あったので、先願主義に統一することで便利にはなりますが、そんなにうまく話がまとまるものなのか?と思ってしまいます。
先発明主義も公表が条件のようですから先願主義にしてもあまりかわりはない、ということなのでしょうか?
それにしても今後の展開は、常識的に条約の採択、各国での批准、各国の特許法の改正、という手続きになるのでしょうから今すぐに取りかかっても、何年がかりになるのでしょうか?

9月 26, 2006 at 09:16 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/12044136

この記事へのトラックバック一覧です: 特許条約が出来る?:

コメント

コメントを書く