« 原発のタービン問題その4 | トップページ | 酒酔い運転問題その2 »

2006.09.17

裁判員制度アンケート

毎日新聞より「裁判員に「参加」回答51%に 課題も残る
毎日新聞が実施した全国世論調査(面接、9月1~3日)によると、裁判官と一緒に重大な刑事裁判の審理をする裁判員に選ばれた場合に、51%の人が「参加する」と回答した。
04年9月の前回調査に比べて10ポイント増えたものの、なお46%の人が「できれば参加したくない」と答え、裁判員制度を「評価しない」という人も6割に達した。

裁判員に選ばれた場合に「積極的に参加する」と答えたのは17%(前回調査17%)▽「義務なので参加する」は34%(同24%)だった。両者を合わせると過半数の51%に達した。

「できれば参加したくない」という回答は46%で、前回調査の56%より減少した。

裁判員制度を「評価する」と答えたのは34%で、「評価しない」の60%を大きく下回った。「評価しない」と答えた人に理由を聞いたところ「判決が感情に左右されるおそれがある」が43%▽「専門性が必要」が41%▽「裁判員になりたくないから」が13%だった。
わたしは裁判員制度が話題になった頃には、無条件で裁判員制度賛成でしたが、段々具体的になってくるにしたがって、極めて難しいと感じるようになっています。
仕組みはマクロには賛成だが、簡単にできることではないな、という感じで世論調査も同じような傾向かと思います。

裁判員に選ばれた場合今回前回
積極的に参加する17%17%
義務なので参加する34%24%
できれば参加したくない46%56%
裁判員制度を
評価する34%
評価しない60%
評価しない理由
判決が感情に左右されるおそれがある43%
専門性が必要41%
裁判員になりたくない13%



裁判員制度を評価しないとする意見の内容に「専門性が必要」と「判決が感情に左右される」を挙げている方が多いのは、それだけ深く考えている方が増えたのだと思います。

ほとんど同時に刑事裁判への被害者の参加が検討されていてこれは正に被害者感情によって判決は左右されるべきだ、という考え方です。
その意味では、判決が感情によって左右されて良いという方向に向かっているようですが、個別の事件に感情を持ちこむのであれば復讐に近づくわけで、公訴という手続きを取っている限りは刑法の改正を優先するべきだと思います。

一方、判決には専門性が必要というのも深刻で、モトケンさんの説明で納得したのですが
刑法が主観的要素を多く要求しているからです。
例えば、故意、目的などですが、問題なのは、内心の事情の内容によって、成立する罪名が変わり法定刑も大きく変わる場合があります。

典型的な場合としては、深夜、路上を歩いている女性を犯人が無言で殴りつけたところで別の通行人に捕まったという事案を考えてみますと(被害者は怪我をしていないとします)、犯人が強姦するつもりだったら強姦未遂、わいせつ行為をするつもりだったら強制わいせつ未遂、金を取るつもりだったら強盗未遂になります。
しかし、このいずれかは無言で殴りつけた段階で捕まってしまいますと、外形的な行為からは判別がつきません。
「金を出せ」とか「やらせろ」などという言葉が出ていて、それを被害者が聞いていれば、被害者の供述から犯人の内心を推認することはできますが、無言であるとそういうわけにはいきません。

そうすると被疑者を取り調べて、どういうつもりだったのかという自供を得なければ、何罪が成立するか決められないのです。

つまり刑法の規定の仕方というものも、取調べと自白の重要性に影響を与えるわけです。
この話を読んだ(3月ですね)に「こりゃ大変だ」と思ったのです。

模擬裁判員裁判を2ヶ所でやって有罪・無罪に分かれたという報告がありました。
無罪になった理由は検察の立証が不十分、というものでした。

今まではプロ同士の判断の相場というものがあったのでしょう。それを素人に説明する必要がある。ところが説明する内容が、客観的な証拠ばかりでない、となると主観的判断を証拠として裁判員が信じるレベルまで持ち上げることが出来るのか?ということになるのでしょう。

さらには、麻原裁判のように極端に長い裁判になってしまったらどうするのか?
裁判員裁判を適用しない場合も考慮されていますが、裁判員裁判を始めてから途中で変えるなんて出来るのでしょうかね?
あるいは、被告が有利になるために二つの裁判制度を選択するなんて事にならないのでしょうか?

こういった法廷そのものよりも裁判員として裁判に参加するだけで専門性が必要になってしまうような気がして、これは法律の改正をして自白を重要な証拠にしないといったことにしないと無理ではないか?とも思うのです。

9月 17, 2006 at 11:38 午後 裁判員裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11936599

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度アンケート:

コメント

コメントを書く