« プール吸い込み事故の暗黒面その8 | トップページ | ザ・ミートリックス »

2006.08.09

プール吸い込み事故の暗黒面その9

「プール吸い込み事故の暗黒面その8」の最後に次のように書きました。
プールとはどこに問題があるのかを教育委員会など運営側が理解していないのではないか?本質的なところで大問題だと思う。
旧文部省が「プールの吸い込み(排水)口の格子(フタ)はボルトやネジで外せないようにしろ」と指示を出していて、さらに「(万一格子(フタ)が無くて、人が吸い込まれても)安全確保のために奥にも格子を付けて二重にしろ」と指示しています。
しかもこれらの指示は毎年出しています。
それでも事件になった上に、当事者のふじみ野市は「市営プールには適用されないと思った」「(針金で留めているとは)知らなかった」などと言っています。

中日新聞社説 「あまりにもずさんだ
小坂憲次文部科学相は八日の閣議後会見で「予想を上回る調査結果で衝撃だ。
従来の通知は画一的な文章だったのではないか」と、反省の弁を述べている。
通達を出している文科省が驚いているというのは追跡調査を全くしていなかった証明ですから、その点について文科省の責任は間違え無くありますが、通知を受け取っていた主に教育委員会の判断力というより理解力や知識レベルの方が問題じゃないかと強く思うのです。


読売新聞社説 「子どもたちの歓声を取り戻せ
財団法人日本体育施設協会によると、

1965年から2004年までに、
吸水口や排水口での事故は59件発生し

54人が死亡している。多くは学校プールが舞台だ。特異な事故ではないと言える。

文科省は毎年、学校プールの事故防止についての通知を都道府県教委を通じて各市区町村教委に出している。

96年以降は、フタのボルト固定と吸い込み防止金具の設置という二重の事故防止策を通知に盛り、対象に公営プールも含めることを明記している。

指示が現場に浸透せず安全対策がないがしろにされていた。
教委の怠慢だ。
39年間で59件、54人の死亡ですから、毎年一人以上が死んでいるのです。
本来なら、プールの管理者はこのようなデータを把握しておく責任があると思うし、そうすればなぜ文科省がこれだけ繰り返して注意の通達を出してくるのかを分かるだろう。
今回は文科省は「安全確保の措置が取られるまで、問題のあるプールの使用中止を求める通知」を出たのだが、現場で混乱しているという。
さらにはテレビの報道では「工事には時間も費用も掛かるからどうしようかと言っている」というものすらあった。
これでは「言われたからやった」以上でも以下でもないだろう。現場が問題の本質を見ていないことの証明だ。
なんで「問答無用で、文科省の指示の通りにボルトやネジで留める」を実行しないでよいと考える現場があるのか?は毎日新聞の昨日の記事 「プール事故:営業中止の判断分かれ、混乱も 文科省調査」が紹介している例が典型でしょう。
吸排水口のふたが固定されていなかった福岡県の田川市民プールでは、営業するかどうかで判断が揺れ、訪れた約100人が約1時間にわたって入場を待った。
その後、「

ふたはボルトで固定されていないが、
125キロの重さがあり、構造上安全と判断

した」として、通常より1時間遅れの午前10時半、営業を始めた。
125キロ=125000グラム/7.8(鉄の比重)=16000立方センチ、厚みが20ミリ(2センチ)の板であるとすると、8000平方センチ=250センチ×30センチ野穴の全くない板、1/3ぐらいの穴があるとしても、30センチ×350センチぐらいの格子、となるでしょう。
そんなに大きな物ではありません。で問題は、実際にこれを持ち上げるのには、ウエイトリフティングじゃないのだから手作業ではいっぺんに持ち上げるヤツは居ないですよ。片側だけ持ち上げる。早い話が、125キロじゃなくて、60キロを持ち上げるのであって、しかも水中では浮力があるから、50キロぐらいの負荷にしかならない。これでも、「持ち上がらない」と言うのか?

文科省の通達は「引っ張っても外れない構造」を要求しているのであって、「外れないだろう」じゃダメだということが分かっていない。
これだから、「格子を二重にすること」というフェールセーフの考え方も浸透していない。
「何も考えていません。判断もしていません」というのと同義語だ。安全を確保するという観点から、管理者の知識・判断力の試験をやらないとダメだね。

8月 9, 2006 at 11:23 午前 事件と裁判, 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11350028

この記事へのトラックバック一覧です: プール吸い込み事故の暗黒面その9:

コメント

コメントを書く