« プール吸い込み事故の暗黒面その2 | トップページ | ユーロトンネル倒産 »

2006.08.02

原付ナンバーの秘密?

毎日新聞より「札幌市:原付きバイクの所有者照会拒否、一転OKに
改正道交法(6月施行)に伴う原付きバイク(125CC以下)の放置車両取り締まりに絡み、道警からの所有者情報の照会を拒否していた札幌市が、総務省からの通知を受けて近く開示に転換することになった。
陸運局は同様の照会に応じており、同市の対応が取り締まりを滞らせた形だ。

同法は放置車両の運転者が反則金を納めない場合、所有者に「放置違反金」の支払いを義務付けた。
警察当局はナンバープレートを基に、一般車両は各地の陸運局、原付きバイクは市町村に所有者情報を照会している。

ところが同市は「地方税法上の守秘義務や個人情報保護の義務がある」と照会に応じていない。
このため放置違反金が未納付の同市内の原付きバイクは7月末までに約1800台に上っている。

総務省は警察庁の要請を受け、7月20日付で「原付きバイクの所有者情報は、所有者と公安委員会の間では『秘密』に当たらない」と全国の市町村に通知。
札幌市の対応は個人情報保護法の過剰適用例そのものだと思いますが、私は総務省の通達の方が気になる。


原付きバイクの所有者情報は、
所有者と公安委員会の間では『秘密』に当たらない

これは個人情報保護法の話なんでしょ?そうなると所有者情報が秘密に当たらないってどういうことよ?

個人情報保護法の最大の問題点をわたしは、(秘密を)保護するべき情報と保護に値しない情報に区別がないところだ、と考えています。
個人情報保護法の定義する個人情報は「個人を特定出来る情報」であってその情報が秘密であるかどうかは規定がありません。
必要な情報は複数の人や機関で共有しているはずで、共有していない情報を共有するときには、個人情報の本人の許可を取れとなっています。
秘密だから保護する、秘密じゃないから伝えよいなんて話は今までどこにも出てこない。

こんな点は個人情報保護法が現実離れしていてそれをしゃくし定規に使うと何も出来ない、という点をわたしは強く非難するし「さっさと改正しろ」という論者ですが、一体これは何を言いたいのだ?
誰か事情を教えてくれませんかねぇ?

8月 2, 2006 at 07:18 午後 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11222702

この記事へのトラックバック一覧です: 原付ナンバーの秘密?:

» 総務省と個人情報 トラックバック てくてく糸巻き
原付ナンバーの秘密?(酔うぞの遠眼鏡 2006年8月2日)改正道交法(6月施行)に伴う原付きバイク(125CC以下)の放置車両取り締まりに絡み、道警からの所有者情報の照会を拒否... 続きを読む

受信: 2006/08/03 16:23:24

コメント

コメントを書く