« 経産省が事故情報公開に | トップページ | 滑走路を間違えて離陸失敗 »

2006.08.29

近未来通信

読売新聞より「投資配当“自転車操業”新規資金を分配…近未来通信
「近未来通信」(東京都中央区)が、「電話の利用料から配当する」とうたって一般投資家から事業資金を集めながら、実際には配当の大半を他の投資家の資金で賄っていたことが、関係者の話で分かった。

アパートの一室などに設ける中継局の通信用サーバーの設置費用を「オーナー」として募った投資家に出してもらい、オーナーには電話利用者が払う利用料から配当するとしている。
契約上は、同社とオーナーの共同事業をうたっている。

同社はオーナー募集の説明会で、「配当額は月平均約60万円」とする資料を配り、「3年で投資を回収でき、通話サービスが続く限り収入が保証される」と説明、オーナーから加盟金と設備費の名目で1口約1100万~2200万円を集めている。

しかし、関係者によると、同社の売上高の大半は、オーナーが出した加盟金と設備費で占められているという。
このため配当は、新しく募ったオーナーの資金を充てていることになる。

また、近未来通信は説明会で「音声の品質が高いイスラエルの通信会社の技術を採用している」と宣伝していたが、この通信会社は読売新聞の電話取材に「近未来通信との取引はない」と回答している。

近未来通信は1997年設立で、資本金は約6500万円。売上高は2005年7月期181億円、06年7月期245億円。
女子プロゴルフツアーのスポンサーも務めている。

全国紙や週刊誌に広告を出し、全国各地で頻繁に説明会を開いてオーナーを募集。
オーナーは約600人と説明しているが、電話利用者の実数などは公表していない。
この記事が出たことで、新規加盟者は激減でしょうね。
それにしても「1口約1100万~2200万円」とはすごいな。
中継局を作るというのがどういう意味か判らなかったのですが「アパートの一室に設置する」というのも驚きです。
パソコン通信の NIFTY-Serve では、アクセスポイントを全国に設置するのに苦労していて、ニフティ社に聞いた所「ビルの一室に機械だけ置くのだが、24時間365日いつでも立ち入ることが出来る場所を確保するのが難しい」と聞いたことがあります。

そもそもどうやって通信利用者から使用料金を回収しているのかな?
97年設立ではすでに10年ですが、どういういきさつで現在の「オーナー募集」になったのだろう。

8月 29, 2006 at 07:52 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11662672

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来通信:

コメント

近未来通信、エンジェルファンドネットワークコーポレーションのいずれにもアントレが関与しています。
リクルート事件以降も、この企業の体質は変わっていないのではないでしょうか?

投稿: saki | 2007/11/18 14:04:05

コメントを書く