« パロマ工業は・・・・・その3 | トップページ | パロマ工業は・・・・・その4 »

2006.07.26

地上デジタル放送に公的支援?

毎日新聞より「地デジ放送完全移行:地方局に公的支援 政府・与党検討
2011年7月の地上デジタル放送完全移行に向けて中継局整備などの投資負担がかさむ地方テレビ局に対し、政府・与党は公的支援を実施する方向で検討に入った。
国が放送局や携帯電話会社、地方自治体などから毎年徴収している電波利用料を活用する案が有力。円滑に地上デジタルへの完全移行ができるような環境を整えるために、政府・与党は財政資金の投入も検討したが、「財政再建が最大の課題となる中、黒字経営の放送局への税金投入は難しい」(与党幹部)と判断した。
なんで、地上のアンテナで電波を出さなきゃならないのだ?
衛星放送ならデジタルテレビ放送は今でもやっているし、それをCATVVで配信もしている。
さらにはワンセグでは電話でテレビ配信しているのに、そこから地上デジタルのための費用を徴収したら二重に徴収したことにならないか?
2011年のアナログ停波の時に全てのテレビが地上デジタル対応に切り替わることは無理だと考えているが、世間は「その時になったら考えよう」であろう。平たく言えばもうテレビにそれほど注目していない。確かに「ラジオが無くなれば困るでしょう」ではあるが、だからと言って「ラジオのために金を出す」という人はまずいない。今やテレビも同じ事で「テレビ!」とビックリマークで語るほどの値打ちはないのだ。
つまりは地上デジタル放送計画は無理なんだよ。

7月 26, 2006 at 10:12 午前 経済 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11102969

この記事へのトラックバック一覧です: 地上デジタル放送に公的支援?:

コメント

>ワンセグでは電話でテレビ配信しているのに

 ワンセグ放送ってのは、地上波デジタルTV放送電波の帯域を13セグメントに分割したうち、地上波デジタルTVで使わない空きの1セグメント分を使い、モバイル受像機向けに低画質/低音質のTV放送を行う仕掛けです。
 よって、ワンセグ放送は地上波デジタルTV放送の一部と言うことになります。
 現状、大半の受像機は携帯電話に組み込み型なのですが、携帯電話特有の機能を利用している訳では無く、一部の携帯マルチメディアプレイヤや、携帯GPS、携帯DVDプレイヤ等にもワンセグTV放送受像機能が組み込まれた物が製品として売られています。。
 考え方は、地上波アナログTV放送受像機内蔵の携帯電話と同じで、携帯電話機にTV受像機を組み込んだだけです。

 ・・・ま、TVに興味が無いってのは私もですけどね。
 自宅には光ファイバを引いているので、その気になればインターネット経由のTV配信も受けられる訳だし。
 地上波デジタルTV放送を受信するためじゃなく、次世代ゲーム機が出まわって来たら、ゲーム機用のモニタとしてデジタルハイビジョンTVが必要になるかな?とは思っていますけどね。

投稿: craftsman | 2006/07/26 17:23:48

全然分からないのが、ハイビジョンとか双方向性といった付加価値を上げる、という発想なんですよね。

そんなの、ユーザの選択に任せればよいわけで、実際にベルリン(思い切り小さい)での地上デジタル切り替えは3ヶ月で、売れたのはコンバータばかりだった、というのです。

ところが日本ではどうもコンバータは売っていないも同然のようです。

まぁ市場からのリクエストがないんでしょうね。

そんな状態のところに、金を突っ込むってどういう意味よ?
放送局を維持するためだけに「地上」デジタルにする、という批判は大半が当たっていると思いますわ。

投稿: 酔うぞ | 2006/07/26 17:39:13

>「ラジオが無くなれば困るでしょう」ではあるが、だからと言って「ラジオのために金を出す」という人はまずいない。

赤字でラジオがなくなってしまってからみんなあたふたするんですよね、きっと。

ちょうど赤字JR路線みたいな感じで。

投稿: itochan | 2006/07/27 1:14:18

都会にいるとわかり辛いかもしれませんが,CATVが無い地域もあれば,それこそBS/CSしか入らない地域もあります。CSディジタルが地上波アナログとどっこい,またはそれ以下だとすれば,事実上BSのみ。
インタネットにしても,充分速い回線があるかどうか。

投稿: TuH | 2006/07/27 2:50:18

AMラジヲも無くなるのですが・・・
「ゲルマニュウムラジヲが聴けなくなる」と
知り合いが申しておりました

投稿: !! | 2006/07/30 16:18:38

ラジオの地上デジタル放送はすぐにでも始まる裸子のですが、アナログ停波の話はよく分からないんですよね。

理屈の上では、デジタル放送が普及すればアナログ放送を続ける理由はなくなるので、アナログラジオ停波になるはずですが、ラジオは自動車が利用していますからね、無くすといっても代替策をどうするのか?

大体、地上デジタルテレビ化というのは電波の割り当てをずらすために、デジタル化して実際に使用する電波の帯域を替えようと言うのが話の始まりですから、ラジオは元々帯域は狭いわけで必要性が少ないのかな?

投稿: 酔うぞ | 2006/07/30 17:57:57

 地上波デジタルラジオ放送について、ざっと検索してみたんですが。

 8セグメントの帯域(300Kbps×8)を、1セグメント5chと3セグメント1chの6つのchに分割して利用し、音声のみの放送を行うって事みたいです。
 使用する周波数は、現状のFMラジオ(VHF音声放送)の帯域よりもずっと上、VHF TVの帯域のようで、現状のAMラジオ(MF音声放送)やFMラジオ(VHF音声放送)の帯域とは全く重なっていません。
 割り当てが全chで8セグメント・・・地上波デジタルTV放送の1ch分(13セグメント)よりも少ないって事で、そこら辺に割り込んでいるのか?

 現状のAMラジオは、その名の通りAM変調方式で、音質は余り良く無く、情報放送としての使われ方が主流。
 FMラジオはAMラジオよりも高周波帯で、音質が良いFM伝送方式を使用する事でAMラジオ放送よりも高音質な放送ができる事から、音楽放送としての使われ方が主流。
 デジタルラジオ放送はCD並みの帯域があるので、FMラジオよりも更に高音質な音楽放送としての使われ方が想定されているのではないでしょうか?
 となると、現状のAMラジオ放送とのかぶりは少なく、多大な影響を受けるのはFMラジオ放送じゃないかと思われます。
 逆に、高音質を求める大手のFMラジオ放送がデジタルラジオ放送に移行する事で、小規模のFMラジオ放送の認可がとりやすくなり、地域密着型の小規模FMラジオ放送が増えてくるなんて可能性も無いことは無いとも考えられます。

投稿: craftsman | 2006/07/30 18:24:01

デジタルラジオ放送について(追加)

 デジタルラジオ放送は、従来の音声放送(AM/FM/短波)に代わる物では無く、従来の音声放送に加えて認可されます。
 従来の音声放送もそのまま継続され停波は無しと言う事になっています。

 情報主体のAM/短波放送はそのまま継続。
 音楽主体の大手FM放送が、デジタル放送を併設、又は移行。
 と言う図式のようです。

 デジタルラジオ放送の当初の予定は、地上波アナログTV停波以降だったようです。
 理由としては、デジタルラジオ放送は、地上波アナログTVが停波し、空いた帯域を利用して放送する予定だから。
 しかし、ラジオ側から「それまで待てない」と言う話があり、東京/大阪のみ、前倒しで放送開始するようです。
 東京/大阪で、空いているTV chの帯域を利用するって事なのでしょう。

投稿: craftsman | 2006/07/31 13:24:09

東京タワーが商売がなくなる、という説もありますからね。
過渡期だからとは言えなかなか大変だ。

投稿: 酔うぞ | 2006/07/31 21:57:35

>東京タワーが商売がなくなる、という説もありますからね。
 これはもう決定事項でしょう。
 関東一円の地上波放送のアンテナは、新東京タワーに移行しますから。
 そのために建てるのですからね。>新東京タワー
 旧東京タワーの電波塔としての収益が無くなると・・・。
 展望台と地上部のガジェット展示の収益程度じゃ、当然の如く、あれだけの巨大鉄塔の維持管理なんかできる訳もなく。
 歴史的建造物として国が金を出してでも維持するか?
 それが無理なら、赤字がかさむ前に取り壊す事になるでしょうね。
 中途半端な状態でまともなメンテナンスもせず、取り壊す資金も無くなってしまい、自然崩壊に任せる・・・なんて選択は、絶対にあり得ないでしょうから。

 ここは一つ、ゴジラでも呼んで壊してもらう?(^^;
 旧東京タワーを世界で一番最初に壊したのは、ゴジラだったそうです。(もちろん映画の中で)
 新東京タワーも、今から破壊一番乗りの名乗りを上げている映画屋さんがいるらしい。
 新東京タワーとしては、「是非とも一番乗りはゴジラさんにお願いしたい」と言ってるとか。

投稿: craftsman | 2006/08/01 2:59:24

コメントを書く