« パトカー追跡死亡事故 | トップページ | パロマ工業は・・・・・その6 »

2006.07.30

個人情報保護法を改正するべき

読売新聞社説より「[個人情報保護法] 運用の見直しだけでは済まない
「個人情報は隠すべきもの」という誤解が蔓延(まんえん)している。
早急に是正しないと、社会がますます不健全になる。

昨年4月の法施行以来、「過剰反応」による行きすぎた保護が目立つ。

事故など緊急時に病院が家族や警察の問い合わせに応じない。
緊急連絡網や卒業アルバムがなくなった学校もある。
地方自治体では高齢者や障害者ら「災害弱者」の名簿作りが進まない。

神奈川県は、住民に「個人情報を保護するとともに有益に利用しよう」と呼びかける手引を作った。
こうした過剰反応対策をとった自治体は、まだ全体の2・6%に過ぎない。

過剰反応を防ぐには、まず法の解釈を明確にし、医療や教育など分野別に各省庁が出しているガイドライン(指針)の周知徹底を図る必要がある。

関係15省庁は2月末、過剰反応防止へ対策を強化することを申し合わせたが、十分効果を上げているとは言えない。
運用の見直しでは限界があるだろう。

日本新聞協会は「個人情報の保護を理由に情報の隠蔽(いんぺい)が進んでいる」と指摘している。
これでは報道機関は、行政を監視できない。
行政の透明化を目的とした情報公開法の趣旨にも反している。

日本弁護士連合会は、具体的な法改正案を提案した。
個人情報の種類や利用目的などによって、保護するよりも情報を提供する方が利益が大きい場合は、個人情報を提供出来るようにする。
個人情報保護法には、そんな条文を加える。

行政機関個人情報保護法でも、職務遂行に関連した公務員の氏名などの個人情報は、情報提供を制限する条項の例外とするよう求めている。

今後の議論の焦点の一つになろう。

「過剰反応」は、啓発やガイドラインの見直しだけで解消される問題ではあるまい。
法改正を前提として、具体案の検討を進めるべきである。
個人情報保護法はとでも出来が悪くて、個人が特定出来る情報を個人情報とするなんてやっているのが問題の根源なのだろうと思っています。
法改正を目指すべきです。

7月 30, 2006 at 04:22 午後 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/11152149

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護法を改正するべき:

コメント

>日本弁護士連合会は、具体的な法改正案を提案した。
>個人情報の種類や利用目的などによって、
>保護するよりも情報を提供する方が
>利益が大きい場合は、個人情報を
>提供出来るようにする。
>個人情報保護法には、そんな条文を加える。

えっと、「誰にとって」利益が大きいかが重要です。
そりゃあ、決定権を持つ人たちが「自分に」とってあるいは「自分より上位の権力者にとって」利益が大きい方で決定することが多いのは、
議員年金改革法(政治家)でも、年金改革法(官僚≧政治家)でも、他(教育委員会や、ゼネコンなどの資本家≧政治家)でも、よく知られている話であって。

投稿: itochan | 2006/07/31 14:56:43

コメントを書く