« エレベータ死亡事故・その5 | トップページ | 人口減社会の経済目標 »

2006.06.10

残業割増率の引き上げ

読売新聞より「残業の抑制に「割増賃金」最低基準を引き上げへ
政府は10日、一定時間以上の残業に対する割増賃金の最低基準を引き上げる方針を固めた。
現行の25%を40%程度にすることを検討している。
ようやくか、という印象ですがこれは簡単じゃないよ。
現状はいくつかの問題が平行してあります。
  • 残業代が生活給の要素がある場合
  • 会社の命令によって残業するというのがタテマエになっている場合
  • 裁量労働でありながたら業績の評価がきちんと出来ない場合
  • 労働生産性の評価がアイマイなこと
こんなことをすぐに思いつくので、コメントもこんなになっています。
ただ、経済界は「高い残業代を狙った必要のない残業がかえって増える恐れもある」と反発している。 割増賃金を払わない、違法なサービス残業の増加につながるとする指摘も出ている。
要するに、法律で決めれば解決という問題じゃないだろう。
方向性としては残業を減らすべきだし、生活コストを引き下げる方が正しいとは思うがそれは社会というよりもむしろ文化の問題であって、一片の法律でなんとかなるものではない。
結局は徐々に着実に残業削減に向かうように誘導することが肝心で、そのためには数年がかりで目標値に誘導する。というのはどうだろか?
問題は、残業時間の管理の部分にも大きく関わっていて、サービス残業が出来てしまうところをどうやって止めるのか、なんてところまで考えないといけない。

もう一つは、実際的な管理の面から言えば「一分・一秒を問題にしても仕方ない」とこがあって、残響抑制とは相反するとも言えるが、業績つまり能力だけで評価すれば残業なんて事を考える必要は無いわけだから「時間だけに細かくこだわる」のは大間違えの元だ、具体的には残業時間になった瞬間に一定の残業割り増しにしないで残業時間が長くなるに従って割増率が上がるような方向にした方が分かりが良いだろう。

さらには裁量労働だからいつまで仕事しても良いという話にはならない、という方向への誘導つまりは休暇の義務づけといったこともセットにして考えないとダメだろうと思う。

この問題は結局は堺屋太一の言う「最適工業社会」として生産性の向上だけに着目すれば後はどうでも良いということが、結果的に工業・生産以外の社会により大きな負担を強いたことを訂正することであって、考え方の修正の方が重要なのだから数字で示せるようなところだけに目標設定するのではある種の本末転倒という面が出てきそうです。

6月 10, 2006 at 03:48 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/10465432

この記事へのトラックバック一覧です: 残業割増率の引き上げ:

コメント

労働条件の改善が目的なら残業代をいじっても逆効果だと思うがねぇ.....。どーゆー発想なのやら。

投稿: alpha2 | 2006/06/11 11:31:28

文化というか社会の合意の問題というの忘れて「諸外国から文句を言われるから」なんじゃないでしょうかね?
近視眼に過ぎるというべきなのだろうけどね。

しかし、社会全体としては「働かない時間を増やす」のちはどうするか?という問題は考えないといけない。

わたしが小学生のころの町工場なんてのは三丁目の夕日そのものだったよ。
それで社会は成り立っていた。

それが、夜中までなんかしないと成立しない社会というのはやはりヘンだよ。

投稿: 酔うぞ | 2006/06/11 11:46:31

私はこの話は「これから何年か掛けて本気で残業対策をやっていくから、そろそろ覚悟しておけ」という意味だと思っています。量的緩和と同じで、それ自体は効果がないが、それをやるという決意を示すことで社会全体の動きが変わってくる、と。
政治の側としては、こういう小ネタを何回も何回も押し込んで、社会の意識を変えていくしかないのかもしれませんね。

ただまぁ、未だに多くのシステムエンジニアが30前に引退するのを見るにつけ、いい加減この異常な労働集中状態をどうにかして欲しいとは思っています。私みたいな半端なエンジニアだけが生き残って、本当に優れた技術者が「いつまでも続けられる仕事じゃないよね」とかいって辞めていくっていうのは、いい加減どうにかならないものか、と‥‥。

投稿: わくたま | 2006/06/13 22:39:25

わくたまさん

>「これから何年か掛けて本気で残業対策をやっていくから、そろそろ覚悟しておけ」

マクロにはその通りだと思いますし、それしか手がない。

しかし、日本ではヘンなところにタテマエが登場しますからねぇ。
素直にソフトランディングするのか、なんかトンデモなことになるのか、分からないですよ。

なにしろ「ハッピーリタイア」が無い国なんですよ。
働くことが一種の宗教的とでもいう「神聖にして侵すべからざるもの」的な価値のあるものといったところがありますからね、簡単には変わらないですよね。

投稿: 酔うぞ | 2006/06/13 23:02:39

コメントを書く