« KDDIと東電・ひかり回線事業統合 | トップページ | 心筋梗塞の新治療技術か? »

2006.04.03

ネットの人権侵害と言うが

朝日新聞より「ネットの人権侵害、急増 法務省救済、5年前の7倍に
インターネット上の掲示板への悪質な書き込みなど、ネットを悪用した人権侵犯があったとして法務省が救済手続きに乗り出したケースが、昨年1年間で272件にのぼったことが同省のまとめでわかった。
5年前(39件)の約7倍と急増しており、法務省人権擁護局は今後も件数は増えるとみて、「さらに対策に取り組む必要がある」としている。
「5年前に比べて」という表現ではミスリードになるような気がします。

5年前に39件というのは、2000年度に救済した事件の数を2001年春に集計した、という意味だと思うのです。
「インターネット白書2005」(PDF)によれば
2005年末では、7320万人とされています。
2000年末には、3040万人とされていて実に2.4倍に増えました。
1999年末には、1830万人となっています。この時点からは4倍です。
このことから、インターネットに関われる年齢の人口で考えると日本国民がインターネットを利用する率は

1999年時点での17%から2005年末には70%になった、

と言えます。
少数派の人たちがやっていた時代から国民全部が使うに等しい状況に変化したのがこの数年なのですから「5年前に比べて」を額面通りに受け入れると「周囲の状況とは無関係に変化した」と受け取れますが、実は状況が変化したからこんなことになった。と理解する方が正しいでしょう。

4月 3, 2006 at 12:26 午後 ネットワーク一般論 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9408286

この記事へのトラックバック一覧です: ネットの人権侵害と言うが:

コメント

こんばんは。

母集団の規模を無視して、数値だけ議論する…典型的な「統計でウソをつく」やり方ですな。

法務省人権擁護局が本当にこのようなコメントをしているのかも疑問ですね。

投稿: com | 2006/04/03 20:11:32

コメントを書く