« スコット・クロスフィールド氏・墜死か? | トップページ | 2005/2/4の安城市乳児刺殺事件のその後 »

2006.04.21

アイコラ・名誉毀損裁判判決

産経新聞より「深キョンも安心? アイコラ男に有罪
インターネット上で運営している掲示板に、深田恭子さんら芸能人14人の顔写真と別の女性のヌード写真を合成した「アイコラ」を掲載したとして、名誉棄損罪に問われた掲示板管理者に対し、東京地裁は21日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
これだけ読むと直感的には、アイコラを製作して掲示した人間が(告訴した)芸能人本人と誤解させたから有罪。と思ってしまいますが、どうも事件の内容も判決も違うようで、判決文を早く見たいものです。
柴田誠裁判官は
  • 被告は開設した掲示板に多数の投稿者のアイコラを掲載した。
  • 広告料目的で精巧な合成写真の投稿を黙認した。
  • 被害が世界中に広がる可能性もあり、責任は重い。
  • 被害者の恥ずかしさ悔しさは当然だが、通常は偽物と思って見る。
と判決理由を述べた。
つまり、懲役1年、執行猶予3年の有罪とされたのは掲示板の管理者で、アイコラを見る人はニセモノとして見るがそれでも名誉毀損になる。
という判決のようです。
ちょっと詳しく判決文を見たいものです。

4月 21, 2006 at 03:01 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9694428

この記事へのトラックバック一覧です: アイコラ・名誉毀損裁判判決:

» [ハイテク犯罪・サイバー犯罪] アイコラ画像の投稿を黙認したことを名誉毀損とした事例(東京地裁H18.4.21) トラックバック 奥村弁護士の見解
 削除義務の根拠を聞いてみたいところです。 モーニング娘のときは罰金でしたけどね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060421-00000094-kyodo-soci アイコラ掲載男に有罪 新山千春さんらの名誉棄損  掲示板管理者の被告(26)に対し、東京地裁は21日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。  柴田誠裁判官は「広告料目的で精巧な合成写真の投稿を黙認した。 (共同通信) - 4月21日11時54分更新 文献 渡邊... 続きを読む

受信: 2006/04/23 20:51:15

» 掲示板管理者は共謀罪のリスクを負うのか? トラックバック 酔うぞの遠めがね
「アイコラ・名誉毀損裁判判決」に奥村弁護士からトラックバックとコメントをいただきました。 判決書が待ち遠しいですね。 裁判例を眺めていると、管理者の刑事責任については 1 掲示板管理者の削除義務違反の不作為犯(正犯・幇助) 2 掲示板設置管理を実行行為とする作為犯(正犯・幇助) 3 投稿者との掲示板を介した共謀共同正犯... 続きを読む

受信: 2006/04/24 10:51:44

コメント

 判決書が待ち遠しいですね。
 裁判例を眺めていると、管理者の刑事責任については
1 掲示板管理者の削除義務違反の不作為犯(正犯・幇助)
2 掲示板設置管理を実行行為とする作為犯(正犯・幇助)
3 投稿者との掲示板を介した共謀共同正犯
4 設置管理を幇助とする
などの切り口があるようです。本件はそのどれないのか?
 また名誉毀損罪の保護法益に関連して、いかなる事実を摘示したことになるのかという問題もあります。

投稿: 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) | 2006/04/23 20:42:29

http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/searchdiary?word=%a5%a2%a5%a4%a5%b3%a5%e9にも書きましたが、判決書もらってきました。
判決の要旨は
・投稿者と管理者は共謀共同正犯。
・各名誉毀損行為は併合罪。
ということでした。
 こういう乱暴な処理は児童ポルノ(表現の自由の要請少)だけかと思っていましたが、名誉毀損罪のような表現の自由と対立するところまで伝染してきたようです。
 なお、児童ポルノ掲示板については、管理者は幇助とする名古屋地裁判決が出ていて、控訴審で破棄差戻になったところです。一進一退。

投稿: 弁護士奥村徹(大阪弁護士会) | 2006/07/10 8:38:12

コメントを書く