« 陸自イラク撤収か? | トップページ | 森前首相・県連会長を辞退 »

2006.04.16

長野-成田を乗り合いヘリコプター

信濃毎日新聞より「長野―成田ヘリ計画 中央タクシー「2年以内目指す」
中央タクシー(長野市)は14日、長野市内―成田空港間でヘリコプターを運航する旅客事業に乗り出す方針を明らかにした。
長野市と成田空港の直線距離は約200キロ。同社の構想では、ヘリコプターで1時間余で結ぶ。同市内の遊休地などにヘリポートを確保し、米国などで8人乗りの機体の購入を検討している。旅客定員は6人程度で、運賃は片道3万円以内を想定している。
6人で乗れば3万円ということでしょう。それで1時間ぐらいということですね。

現在は鉄道利用では駅すぱーとで調べるとほぼ4時間で1万円です。
自動車だと、4時間で7550円です。

これを東京名古屋間で調べると
新幹線だと2時間で1万円。
自動車だと東京-名古屋間が高速料金7100円です。

成田-長野と、東京-名古屋はほぼ同じで、燃料代を3000円(リッター13キロぐらい)とすると合計で1万円、時間は4時間です。

長野-成田間がヘリコプター利用で1時間となると、1/4で移動できることになります。一方自動車では3人乗りで移動すれば1/3ですから。

ヘリコプター 3万円、1時間
鉄道など   1万円、2時間(東京-名古屋)
自動車など  3千円、4時間

時間価値ということで、掛け算にすると

ヘリコプター 3万円、1時間       3万円
鉄道など   1万円、4時間(成田-長野)4万円
自動車など  3千円、4時間       1万2千円

これから見ると、確かに長野-成田間をヘリコプターで移動するのは、お得と言えそうです。現実には前泊といったこともあるでしょうからさらにお得感はありますね。ただ、日本では定期航空便についてはうるさいですからね、お一人3万円でいけるかどうかですな。

4月 16, 2006 at 09:09 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9615018

この記事へのトラックバック一覧です: 長野-成田を乗り合いヘリコプター:

コメント

コメントを書く