« キーボードの台 | トップページ | 文字書き人形 »

2006.04.26

いきなり合計特殊出生率を1.5と出来るかな?

朝日新聞より「出生率1.50に 公明党の少子化対策原案
合計特殊出生率を2015年に1.50に。公明党は25日、働き方の見直しを柱に据えた少子化対策の原案をまとめた。
う~ん・・・・・。 「03年で1.29まで落ち込んだ出生率」ですからねぇ。 「人口問題・合計特殊出生率の推移から考える」に書きましたが合計特殊出生率の定義は
15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものとされています。
2015年というと、9年後ですね。
9年後に15歳から49歳までの女性はすでに決まっているわけです。その人たちの数によって1.2以下になるか?という合計特殊出生率を1.5にするとなると、それぞれの世代(5歳ごとに分けます)がどんな変化になるかは計算してみないといけないですね。 (後からやりますね)

4月 26, 2006 at 05:45 午後 人口問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9774413

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり合計特殊出生率を1.5と出来るかな?:

コメント

コメントを書く